フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

鮭飼育

2010年4月11日 (日)

鮭稚魚放流

本日、長木川に鮭の稚魚を放流してきました。

出発前に最後の記念撮影。

Imgp3565

長木川河川敷で、各家庭の育て親、学校、漁協関係者などが集まって簡単な式典が行われ

Imgp3570

いよいよ放流です。

Imgp3573

風が強くまだまだ寒い河川敷に沢山の歓声が上がっていました。

Imgp3578

3年後、元気で戻ってくるんだよ~!

Imgp3586

2010年3月31日 (水)

鮭飼育2カ月半

鮭飼育その後です。

んー、今年は苦戦しました。

順調に行った昨年との違い。

①水槽を水温が上昇しやすい玄関に設置

②エーハイムの外部ろ過装置は使わず、エアポンプの簡易ろ過のみ。

まず、①ですが、やはり水温が高めとなり12度を超える事がしばしば。結局玄関は諦め、普段あまり使用していない部屋に移動。ここではなんとか11度前後に保てるようになりました。

②、思った以上に水の汚れが早い。昨年使用した外部ろ過装置設置の効果は予想以上にあったようです。昨年よりこまめに水換えが必要でした。今は2日に一回位、約40L交換してます。家の水道に浄水器がついていてよかったー(カルキが抜けますので)。

それから、水換えの時に下にたまった汚れをとるのに砂利があると邪魔、途中から砂利を撤去しました。見た目は砂利があった方が見栄えがいいのですが。

上記対策で落ち着くまで、20-30匹位死んでしまったかなー。ただ、気になる事は、死んでしまった魚達は、明らかに痩せて小さい個体がほとんど(小さい個体は体色が濃い)。水質悪い⇒体調不良⇒餌を食べられなくで痩せたのか、水質悪化を懸念して餌やりが少なくなる⇒生存競争に弱い個体が餌を食べれない⇒痩せて弱る、というパターンなのか?

最近はほぼ死んでしまう個体はいなくなったので、後は4月中旬の放流まで、無事育ってほしいものです。

Imgp3466

2010年2月17日 (水)

鮭飼育1ヶ月

鮭飼育も一カ月に突入。

すっかり泳ぐようになり餌も食べ始めています。

このまま順調に育ってねー。

2010年2月 3日 (水)

鮭飼育14日目

鮭君達はすべて孵化して、透明だった体にも色がついてきました。

P2020063

さいのうも小さくなってきました。

鮭の成長は早いですね。餌を食べ始めるももう少しだと思います。

今は一番水が汚れない時期かもしれません。全部孵化してから水換えはしてませんが、全く汚れません。

動画もとりましたが、暗くてすいません。元気に動いているのは分かるかな。

2010年1月20日 (水)

鮭飼育 5日目

今年は、受精卵をもらってきたのが遅かったので、5日目ですでに8割方孵化しています。

P1200041

ろか装置をつけていないので、こまめに水換えを心がけています。玄関で水が臭くなると最悪ですから。孵化の時期は特に水の汚れが早く、毎日水面の汚れとをとって水を3‐4割交換しています。この作業は、海水魚を飼って慣れているのでそれほど苦になりません。海水魚みたいに、海水を作らなくていいですから笑 

水温が10‐12度とギリギリ。やはりここがちょっと心配です。

アップにするとこんな感じです。

P1200040

かわいいでしょ笑 

2010年1月18日 (月)

今年も鮭君がやってきました。

昨年に続いて、鮭君が我が家にやってきました。(昨年の飼育状況を見たい方は、左にカテゴリー 鮭飼育からご覧ください) 漁協より受精卵が配布された時には行けなかったのですが、石田様のご厚意でhttp://blogs.dion.ne.jp/kanakita/archives/9105307.html後から受け取ることができました。

昨年は水温を考え、使っていない部屋の隅に設置しました。でもなかなか人の目にふれないのでちょっと寂しい。

そこで今年は玄関に設置してみました。

Imgp3079

ただ、ちょっと水温が心配かな・・・。

頂いた時にはすでに数匹が孵化しておりました。

Imgp3083

赤く見えているのが孵化している個体です。

今年も無事に長木川へ放流することができるといいなー。

2009年4月12日 (日)

鮭稚魚放流

本日、鮭の稚魚達を無事放流してきました。

バケツに移し、

P4121072

こう見みると沢山いますねー。

途中死んでしまったのは10匹位のみでしたから、おそらく200匹近くいると思います。

今回、「長木川に鮭をのぼらせる会」から無料配布された受精卵を育てました。

という訳で、各小学校や一般市民12名の水槽で育てられた稚魚、会が準備した稚魚と一緒に我が家の稚魚も放流となりました。

P4121076

今年で第18回になるそうです。昨年までに約154万匹の稚魚を放流してきたそうです。

簡単な挨拶の後、いよいよ放流です。

P4121080

皆元気に泳いで行きましたよー。

P4121083

ありきたりの言葉ですが、この稚魚達がまた元気に帰ってこれる、健全な川であってほしいですね。子供達にも、そんな思いが少しでも伝わってくれればと思います。

後は、4年後、一匹位は私の竿に掛ってね笑(海でですよ。川で釣れば違法ですから)

PS 飼育していて感じと事の追加。同じ水槽の中、同じ餌を与えているのに、すでに個体差がありました。大きさも性格も。大きい個体は、警戒心はあまりなく積極的に餌を食べています。しかし、釣りで釣れる大物は、えてして警戒心が強く、なかなか餌に食いついてくれない・・・。この警戒心はいつ、どのようにして生まれるんでしょうね? 稚魚の時は、小さくても慎重な個体が大物になるのか?それともがむしゃらに餌を食べる個体が、途中で知恵をつけて警戒心を持つようになるのか?ちょっと興味がありますね。

2009年4月 9日 (木)

もうすぐお別れです

1月から飼い始めた鮭達。

受精卵→仔魚→稚魚と無事育ち、4月12日長木川へ放流する予定です。

今では、餌をあげると水面まで上がってきて爆食いです。

こんなに人に慣れてしまって、大丈夫かな?とちょっと心配・・笑。

Imgp0933

姿は「かわいい」から「 かっこいい」へ変わってきました。

後4日でお別れです。

2009年3月10日 (火)

鮭飼育60日目 など笑

無事我が家のベビーも家に来て、ちょっと賑やかになっております。

Imgp0668_small

赤ちゃんと言えば、鮭の赤ちゃん。一緒にしたら怒られますね笑

飼育60日目に突入しました。

現在餌は、漁協からもらった餌(魚粉が主体?)と熱帯魚(グッピーな)の餌を与えています。

もう水面まできて食べるまでになりました。

姿はもうすっかり魚です。

Imgp0709_small

水温は10-11度。12度を越えるとマズイのでこの先がちょっと心配ですね。

さて、また話は変わってマラソン。

4月29日、昨年に続いて大館の「山田記念ロードレース 10kmの部」に申し込みました。

昨年5月の鎖骨骨折以来、運動らしい運動をやっていないこの体。後、一ヶ月で10kmを完走できる体にしなければ・・・。

Imgp0740_small

山田記念、みんな早いんだよなー。

2009年2月19日 (木)

鮭飼育40日目

鮭の飼育も40日目に入りました。

さいのうはなくなり、すっかり魚らしくなってきました。つまり、仔魚から稚魚に無事成長したことになります。

浮遊する餌を食べているのが分かりますか?

どのような時に餌に食いつくか、よく観察して釣りにいかそうと思います笑

それから稚魚をみるとヤマメのようなパーマークがあります。

Imgp0616_small

やはり同じサケ属といったところでしょうか。

このままいっぱい餌食べて、4月の放流まで元気に育ってよー。

より以前の記事一覧