フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

海水魚

2013年4月10日 (水)

アクア動画

清明 初候 『玄鳥至る(つばめきたる)』 (新暦 四月四日~四月八日頃)

清明とは、すべてのものが清らかで生き生きするころのこと、だぞうです。

こちらは本日、春雷がゴロゴロと鳴っていました。市内の河川も雪代がでて、一雨ごとに生命感あふれる春が近付いているといったところでしょうか。

我が家の水槽も生命感があふれてます(笑)

先日のオマケで、動画を二つほど。ピントがあまく見づらいのはお許しください。

クマノミの産卵風景。

大きい個体がメスで、お腹をこすりつけて、卵を産んでます。よくみると、お腹にぶら下がる卵が一瞬みえているのですが、よく分かりませんね。岩に白い絨毯のように付いているのが卵です。

そして昨日水槽内で発生したクラゲの赤ちゃん(大きさ直径5㎜位)。

これは、もしかしたら今いるポリプのミズクラゲではなく、以前プラヌロイド(クラゲになる前段階)として飼っていたサカサクラゲかもしれません。

小さな動く点々は餌の孵化させたブラインシュリンプです。ちゃんと食べているようです。

大きくなったらまたアップします。

2013年4月 5日 (金)

久しぶりのアクアネタ

春分 末候 『雷乃声を発す(かみなりこえをはっす)』 (新暦 三月三十日~四月三日頃)

週末は荒れ模様の予報、雷は鳴るのでしょうか? 皆様お気を付け下さい。

明日はまだ天気がもちそうですね。前回、前々回でゆっくり下見したサクラ狙いのポイントを、今回は朝早く攻めてみようと楽しみにしてましたが、先週からの慌ただしさが今週へも流れ込み、今日はついに夕方38.4度の発熱・・・・、これは明日はゆっくり休めというお告げですね(泣)。

話は変わって久しぶりにアクアネタ。

海水魚飼育はほそぼそと続けております。その後ですが、主役のスミレが水槽飛び出し、重鎮だったホワイトソックスもいなくなり、しばらくはクマノミ2匹、ナベカ1匹、ハオコゼ1匹と少々寂しい状況でした。更に、巨大化していたウスコモンがみるみるうちにダメになっていきました。生体は少ないので、水質の問題より光の問題と思われます。というのもメタハラの電球はたぶん6年目位?。とい訳で、今更間に合うのか?というところですが、メタハラを新品に交換(同じコーラルグロウ)しました。

そして、水流の問題もありそうだったので、コラリオナノ3台、マキシジェット1台をナチュラルウェーブⅢでランダム運転としました。

ウスコモンのポリプの開きがよくなったので、これからまた増殖してくることを祈ります。

ただ、新品のメタハラにしたら、目に見えて苔の発生が多くなってしまいました。いかに、いままでの光が弱かったという事ですね。

苔発生中の水槽です(笑)

Imgp9809

そして先週末に新参者がやってきました。

久々のヤッコで、マルチカラーエンゼルフィッシュ

Imgp9805

餌食いはばっちりで、すでに乾燥餌食べてます。やっぱりヤッコの泳ぎは優雅でいいです。

以前スミレにつつかれてダメになってしまったヒメシャコガイ

Imgp9798

白のストライプも入って綺麗な個体です。

スカンクシュリンプも入れたのですが、恥ずかしがり屋でまだあまり出てきません。

クマノミのペアは、相変わらず時々産卵していますが、まだ孵化の瞬間はみれていません。栄養つけてもらって、いつかブリードに挑戦してみたいですね。

それから、水槽を眺めていたら、思わぬ生物がフワフワ。

なんとクラゲの赤ちゃん

Imgp9801_1

まだポリプを飼育しているので、水換え時に紛れ込んで、水槽内で増えたのかな?

水槽内で生態系の一部が垣間見れると、うれしいですね。

2012年7月25日 (水)

クマノミ産卵

我が家のクマノミが産卵しました。

ブツブツが苦手な人はご遠慮下さい(笑)

ちなみに私はちょっと苦手かも・・・。

P7230864

近づいたヤドカリを執拗に威嚇する♂のクマノミ(小さい方)

奥の岩に卵があります。

卵を守ろうと一生懸命です。

ただ、これを繁殖させるのはちょっと難しいようです・・・。

2012年3月14日 (水)

我が家の水族館

せっかく春が近づいたと思ったらまた雪が積もっています(泣)。でも湿雪ですから、春はもうすぐかな。

京都水族館がオープンしたみたいですね。京都に行く機会があったら是非寄ってみたいですね。

さて、我が家の水族館。久しぶりの水槽ネタです。

実は、数ヶ月前、水槽一番の主役のスミレヤッコが飛び出し事件で残念な結果に・・・。

現在の生体は、クマノミ2匹、ハタタゼハセ1匹、捕まえたナベカにハゼ、エビのホワイトソックス、スベスベサンゴヤドカリ数匹、ベニワモンヤドカリ1匹、リュウキュウフジナマコ、と言ったところでしょうか。だいぶ寂しくなりました。

そこで、魚の追加も考えたのですが、最近は水換えもおろそか。魚の生体追加は水質悪化をもたらすかな、と言う事で魚は増やさずサンゴを少し追加することにしました。

沖縄のCPファームから届いた発砲スチロール。

Imgp6967

中身は、

Imgp7065 

シロスジウミアザミ(手前の白いサンゴ)、ツツミウミヅタ(分かりにくいですがウミアザミの後ろに見える茶色いサンゴ)、クリーナー用にスベスベサンゴヤドカリとマガキガイです。

ウミアザミは何度かトライしてるんですが、いずれも失敗。私にとっては鬼門なんですよね。今回こそは。

そして、シーサーの置物と石垣の塩も一緒に。

Imgp6982

なかなか可愛いシーサーですよね。

そして現在の水槽全景。

Imgp7040

あまりいじらずに安定した水槽にすることが今の目標。

そういえば、クラゲのポリプもほそぼそと生きながらえておりますよ。

2011年9月21日 (水)

クラゲを楽しむ

3連休の最終日、片道4時間半かけて山形の加茂水族館(通称 クラゲ水族館)に日帰りで行ってきました。

昨年に続いて3回目の鑑賞です。

次男のクラゲ熱は相変わらずでして(笑)

実は、我が家でクラゲのポリプをシャーレで飼育中です。

P8230466

こちらから購入したミズクラゲのポリプ5個体とサカサクラゲのプラヌラ、どんどん増えています(笑)

P8230464

ただ、ポリプからエフィラ⇒クラゲにするのがコツがいるようで挑戦中です。

そんな思いもあって、加茂水族館に偵察へ(笑)

ちょうどよくクラゲ繁殖の展示・観察コーナーがありました。

ふむふむと言う事で私の目的は達成。

Imgp6403

水族館も少しずつ進化しているようで、タッチパネルがいくつか増えてました。

今回はクラゲアイスは食べずにクラネタリュームサイダー(笑)

Imgp6411

さあ、無事クラゲになってくるかな~。成功したらとんでないクラゲの数になりそうでちょっと心配ですけど(笑)

2011年8月 3日 (水)

水槽引っ越しその3

  水槽引っ越しの続きです。

7月19日、水槽の水漏れは大丈夫のようなので、水槽の底砂を入れて海水作り。

そしてRMD301とは別のポンプ(NJ-3000)でクーラー循環をつくりました。

壁にあいているストーブ用の配管を利用して外にクーラーを設置。

Imgp5820

ほぼ一日かかりました(笑)

ちなみにろ過槽は、以前と同じシステムで、ミラクルマッドを入れ替えました。

ベランダへの配管は、こんな感じで部品に穴をあけてImgp5812

ホースを通しましたよ。

Imgp5870

そして数日後、海水も澄んできたので一気に生体のお引っ越し。

本当は、もう少し時間をおいて水、砂が立ち上がるのを待った方がよいのですが、簡易水槽も不安なので早めに早めに引っ越しとしました。

幸い生体引っ越し後、皆元気な様子でした。

7月31日、細かい仕上げをして一応引っ越し完了。

壁の配管の隙間をパテで埋めたり、

Imgp6012

ネットで注文していたルーバー物置ボックスを組み立て、クーラーを収納。

Imgp6010

(物置の後ろに穴をあけてホースを通しました。)

この際、壁の穴から一旦コンセントの導線を抜き出して、物置の穴⇒壁の穴と通し直さなければならなくなったのには苦労しました。

そしてこんな感じになりました。

Imgp6024

ん~、なかなかいい雰囲気でしょ!

Imgp6026

2面から見えるのがいい感じです。

でも、部屋の温度は変わらず暑いです・・・(笑)

PS 今年はまだ一回も部屋のクーラーをつけてません。このままやり過ごせるかも。

2011年7月17日 (日)

水槽引っ越しその2

昨日は鮎釣りから帰ってきてから水槽引っ越しの続き。

もともと空いていたオーバーフロー用の穴をちょっと拡大。

Imgp5805

電動ドリルにホールソーを装着して空けました。しかし、電動ドリルは便利ですね。

そして、RMD301から内径19mmチューブで水槽へ接続。

以前、19mmチューブを塩ビ16Aに差し込むに苦労しましたが、今回はチューブを熱湯につけて柔らかくして、少し洗剤を塗って差し込んだらスムーズに入りました。

とりあえず真水で水漏れチェック。

Imgp5808

あ、ちなみに今回の水槽は、600×600×450㎜のアクリル水槽で、TOHOさんから購入しました。いろいろ親切に質問に答えてく頂きましたよ。

奥ゆきが600㎜なので楽しみです。

昨夜はここまで。本日一気に仕上げましたが、疲れたのでまと次回。

2011年7月15日 (金)

水槽引っ越し中

連日の猛暑。

我が家はまだクーラーを使っていません。といっても日中は私は仕事場にいるので、家にいるのは妻と長女。よく頑張っています(笑)

そんな状況でブーイングなのが海水魚水槽。見た目は涼しげなのですが、水温25度に保つために水槽横に置いてある水槽用クーラーから熱風が・・・。部屋の中は30度以上でも水槽の中はいつも25度。これは頭にくるようです(笑)。

そして、地震の後から2度ほど水漏れのトラブル。いずれもサイフォンボックス式オーバーフローのトラブルでした。サイフォンボックス導入から約3年半。ノーメンテナンスでは流石に問題が出てきたようです。

という訳で、①水槽用クーラーをベランダに出す ②サイフォンボックスから通常のオーバーフロー水槽へ切り替え ③水槽を少し小さめにする という目的で水槽引っ越しを決行しました。

だいたい資材がそろったので、昨日から引っ越しを開始しています。

初日は、生体の避難。

以前使用していた600×450×450水槽、ニッソーのクーラー、循環用にエーハイムの外部式濾過器を引っ張り出し、現水槽の横に設置しました。

Imgp5790

その後生体を避難水槽に移し、初日は終了。

Imgp5800

生体の引っ越し途中、故ヤシャハゼと共生していたテッポエビ(ランドールピストルシュリンプ)を探していると、なんとテッポウエビらしきの赤ちゃんを発見。ん~、どこから発生したのかな~。

Imgp5794

上にいるのは故ヤシャハゼと一緒に購入したランドールピストルシュリンプで、したに見えるのがテッポエビの赤ちゃん。かわいいでしょう(笑)

こんな感じで初日の作業時間は6時間でした。

本日は、水槽周りのものを取り外して整理、その後水槽台を移動して終了。本当は新水槽の組み立てまでしたかったのですが・・・。

あ~疲れた(笑)

2011年7月 3日 (日)

いろいろと(笑)

いろいろあります(笑)

2日夜は米代シーバスに出撃。

3回目の増水から減水中。日中に気温も上がり条件としては悪くない。というかいいと思います。

しかし、1回目増水後の出撃(6月25日)がノーバイトだったのが不安。

そして不安は的中。

一ヶ所目は多数の先行者ありパス。2ヶ所目、2時間半程粘るも全くのノーバイト。この条件、この場所で全く反応ないのはかなり凹みます。ここで移動を決意。

あ、これが釣れたのを忘れてました(笑)

P7020257

ズーナマ君。

2ヶ所目、3ヶ所目先行者あり、結局河口付近まで移動。さすが、減水中の土曜日、人が多いです。でも釣れているのかな~?。

しかし、20分位?投げたところで、家から緊急電話!

水槽の水漏れ事件発生。これは釣りどころではありません。という事で急いで帰宅して水槽をAM2時までかかって応急処置。

サイフォン式オーバーフローのトラブルでした。実は、水槽を少し小さくしようとアクリルオーバーフロー水槽を注文しているところだったのです。地震後、数回トラブルがあって調子も悪かったのもありまして。家族の大不評のクーラーもベランダに出す予定です。

とい訳で、今は水槽が届くまで、オーバーフローなしでクーラー循環のみで稼働予定です。

本日午前中は水槽の後片付けで終了。

午後2時~今シーズン初の鮎釣りに。

連日の天候不良、低水温、遡上の遅れ、成長の遅れ等、あまりいい噂が聞こえてきません。でも、まずは記念すべき一匹という事で出撃。

人出は少なそうですが、めぼしいポイントは人の影。ウロウロしてやっとポイント決定。

あがる人と交代し少々情報を聞くと、やはり芳しくないとの事。

それでも、とにかく一匹!と竿をだすとしばらくして待望の今シーズン一匹目!

2011070319370000

追星クッキリの綺麗な鮎ちゃん。

これでいけるぞ~、と思うも後がさっぱり。

なんと2時間半位竿だして、結局この一匹で終了(泣)

いや~、今シーズンのシーバス、鮎、先行き不安になってきました~。

しかし! 釣れても釣れなくても竿を出すのみ!!

とにくかく、釣りをできる喜びを忘れずに悔いなく(でも冷静でいられる程度に(笑))シーズンを過ごしたいと思います。

PS 水槽引っ越しも大仕事になりそうです(汗)

2010年8月17日 (火)

トラフ君さようなら

トラフカラッパ君が脱皮に失敗してしまいました・・・。

最近は、水槽を覗くだけで餌くれ!と突進してくるまで慣れてました。しかし、数日前から突然餌を食べなくなり、そろそろ脱皮だなと予想してました。案の定、今朝脱皮したようですが、夕方水槽を覗くと残念な結果に・・・。やっぱり脱皮というのは甲殻類にとっては命がけなんでしょうね。昆虫もそうだと思いますが。以前飼った事のあるコノハムシも脱皮で失敗して死んでしまった悲しい事件を思い出しました。

たぶん脱皮に必要な栄養素が足りなかったのかも。

トラフカラッパ君、我が家を訪れたいろんな人にも楽しんでもらいました。ありがとう。

16日大館は『大文字祭り』

日中は仕事なので、夜の花火大会のみ観てきました。

といってももう長男、次男は行かないと・・・。大曲の花火を見てしまっていますからね~(笑)

仕方ないので妻、長女と3人で花火と鳳凰山の斜面に浮かんだ大文字を鑑賞。

Imgp4206

今年は犬文字はなし(笑)

Imgp4227

しかし、ついてこなかった息子二人の事を妻は『こうやって子供達はだんだんついてこなくなるのかな~』としきりにぼやいていました(笑)

より以前の記事一覧