フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

カヤックフィッシング

2013年11月17日 (日)

カヤックフィッシング 漕釣24回目 ~のんびりと~

一昨日の緊張した磯ゲームから一転、昨日は午後からのんびりと浮かんできました。

午後1時頃、仲間の待ち合わせ場所に着くも、予想外の波風。

ここでの釣行は諦め、釣果は期待できないものの浮ける場所を目指して南下。

始めての場所でしたが、出艇場所が広々していて、気持ちよく出艇できました。

Pb162084

もうこんな青空の元、のんびり浮ければ幸せ。

第一投目に、キスがかかるサプライズがありましたが、

Pb162083

その後は小サバ1匹で終了。

こんな素晴らしい景色を見れれば十分満足です。

Photo

さあ、明日から一頑張りするぞ~。

2013年11月 2日 (土)

カヤックフィッシング 漕釣23回目 ~今年も陸奥湾ありがとうございました~

霜降 末候 『楓蔦黄なり(もみじつたきなり)』 (新暦十一月二日~六日頃)

蔦と聞けば、八甲田の蔦温泉を思い出しますね~。もう蔦温泉の紅葉は過ぎたかな?

本日、季節がら天候が荒れる事が多いので、今シーズン最後になるかも??しれないカヤックフィッシングに行ってきました。1ヶ月以上振りのカヤックです。

津軽半島で仲間と合流して、7時過ぎ実釣開始。

Photo

冷え込んでましたが、気持ちのいい朝でした。

まずは、デカイカを求めてエギをしゃくしゃく。

しかし、魚探にイカらしき反応があるも、全く反応でず・・・。2時間程がんばってみるもアタリすらとれず断念。

次に、とりあえずなんでもこいや~の魚狙いに変更。

しかし、これまた反応がない・・・。

ライトジギング、スロジギ、鯛ラバ、テンヤ+ワームとこれまたなんでもありで探るも釣れない時間が続きます。

景色もよく、気分は良いんだけどな~。

Pb022031

こりゃダメだ・・・と半分諦めながら水深20m付近まで流されていると、今話題?のオーバルテンヤ+スイムシュリンプが着底した直後、なにやら魚がヒット。ベタ底なんで、根魚?、細かい頭の振りはアイナメ、でも横に走るな~と思ってあがってきたのは、イナダ君でした。

Pb022022

今回の出艇場所は、始めて浮くポイント。周囲の地形がなんとなく分かってたところで、オーバルテンヤで根周りをを攻めていると、コツコツモゾモゾといった感じのあたりがあり、すかさず合わせると、なにやらヒット。先程のような首振りはなく、いい感じの重量感。時折突っ込みますが、鯛ほどではない。ヒラメ?マゴチ?

結果あがってきたのは、40アップの立派なマゾイでした。

Pb022027

高級魚ゲットは嬉しい~(笑)

Imgp1800

しかし凄いメタボ・・・。

さらに、魚探にいい反応がでて、再びアタリがあるもフッキングせず。これは時合いか!と集中力を高めるも、突如突風が吹き始め、昼過ぎに実釣終了となりました。

先に述べましたが、天候しだいですが、今年陸奥湾に浮くのはこれで最後かな?

Pb022034

ビスターリ2号初陣でのデカ真鯛から始まって、今年もいっぱい陸奥湾で遊ばせて頂きました。ありがとう~。

2013年9月22日 (日)

カヤックフィッシング 漕釣22回目 ~鍛えられました~

秋分 『雷乃声を収む(かみなりのこえをおさむ)』 新暦九月二十二日~二十七日頃

夕立ちの雷がなくなる頃との事。そう言えば、本日釣りにいったポイントは、昨年雷で恐い思いをした場所でした。

今日はなんと釣り3連荘。こんな事は滅多にありません(笑)。

AM9時過ぎゆっくり出発。北風を避けて、男鹿の南側のポイントへ向かいました。

青空が広がる気持ちよい天気。

P9221982

ところが、風が予想以上に強く、流されては風上に向かって鬼漕ぎを繰り返し、かなり鍛えられました~。

そんな中、なんとか狙いのアオリをゲット。

P9221985

しかし、腕が悪くなかなか後が続かず、結局AM11時半頃~PM4時までやって、最大胴長16cmの6匹で終了。まだまだ修行が足りません。つまみとしては十分な量ですがね。

帰りの西日が気持ちよい。

P9221989

そういえば、スロープを貸してくれた漁師さん。何か持って近づいてきたと思ったら、大量の中古のスイベル。どうやら、使ってくれ!とプレゼントしてくれたみたい。ありがたく頂きました(笑)

Imgp1394

(真中の箱に、スイベルが大量に入ってます)

でも、親切で嬉しかったな~。

2013年9月21日 (土)

カヤックフィッシング 漕釣21回目 ~ドラグ調整悩み中~

白露 『玄鳥去る(つばめさる)』 新暦九月十七日~二十一日頃

そういえば、暫くつばめをみていないな~。といことで、つばめをネットで検索してみると、日本野鳥の会が、『消えゆくツバメを守ろうキャンペーン』なるものをやっているみたいですね。ツバメが消えるなんて想像もつかない事ですが、本当に減少してきているなら、危機感を持たなければなりませんね。

さて、9月20日は夏休み1日分をもらって、カヤックフィッシングに行ってきました。

P9201946

今回は、津軽半島の陸奥湾に仲間2艇で出艇です。

P9201967

しかし、風が強くあまり沖には出られません。

10~15m前後の浅場を攻め続けると、スロジギにベラが4連荘(笑)

P9201950_2

ベラは縄張り争いでもしているのでしょうか。見事な背掛りでした・・・。

その後、スロジギのフォールにワカシ。

P9201955_2

しかし、よくまあこんな大きなジグに食いつく事・・・。

さらにソゲ

P9201964_2

これは小さいけどウマズラハキ?

P9201966

という訳でまとまの釣果なく終了(泣)。 

Imgp1379

実は、スロジギにドラグ出しまくりの大物が掛ったのですが、根に潜られてアウト!となったエピソードがありました。いまだスロジギタックルのドラグ調整で悩み中。前回、ラインブレイクがあったので、今回は緩めに設定していたのですが、今回は緩すぎたようです・・・。残念。

それでも今回は浮けてよかった~。後半は太陽もでて気持ちよかったです~。帰宅後、真っ赤に焼けた鼻をみて、大笑いされました~(笑)

2013年9月 9日 (月)

カヤックフィッシング 漕釣20回目 ~オリンピック東京開催きまって、6目達成(笑)~

白露 初候 『草露白し(くさのつゆしろし)』 新暦 九月七日~十一日頃

東北の春は遅くて、秋は早く訪れます。七十二候をみていると、今までほとんど季節が七十二候より遅れていると思っていましたが、今は七十二候に追いつき、このまま一気に追いこして冬に突入しそうです。

昨日は、約一ヶ月ぶりの釣りに行ってきました。前回のカヤックフィッシングミーティングは竿を振れませんでしたからね。

場所は、迷った挙句、思いが強い男鹿半島へ。新しい場所にも行きたいのですが、数少ない釣行だと、やっぱり想像がつき、作戦をあれこれ考える事ができる場所にしました。

約二時間の運転で現地着。六時に出艇です。

雷予知対策のためのラジオを付けると、オリンピック東京開催決定のニュース。オリンピックが開催される頃には、東北のカヤックも当たり前のフィッシングスタイルになっているのかな~。

そして、今回の目標は、前回の男鹿釣行で達成できなかった五目達成。オリンピックにちなんで、5目なんて洒落てるじゃないですか(笑)

そして、このタックルに、是非入魂を!

Imgp0752

噂のスロジギですね~。

実は、前回の釣行で導入していたんですが、ボだったのです(笑)

目標の3-4km沖の根周りを目指して漕ぎだします。

途中、漁探の反応がある度にルアーを落としながら、ゆっくり目的のポイントへ。

目的地付近で、早速魚探に好反応あり。すかさず、スロースキップを落としこむと、すぐにバイト。

そして、あがってきたのは、シーバス君でした。

P9081905

小型シーバスながら、スロジキでの初物、そしてまずは1目です(笑)。

更に、ヒットが続きましたが、こちらはPE1号のラインブレイク。初めてのタックルですから、ドラグ調整に訓練が必要ですね。

今度はドラグを緩め、なんとか52cm程のシーバスを追加できました。

2目めを狙って、今度はエギをキャスト。すると、コツ?っとイカパンチらしきあたり。しかし、その後がなかなか当たりません。ん~、まだ早いのか?と、再度同じポイントを流すと、待望のヒットで、今シーズン初アオリゲットです!

P9081908

胴長15cmでした。

結局、アオリはこの一匹のみで終了。まあ、もともと磯場ではないポイントなので、釣れる範囲が狭いのかな。

更に3目めを狙ってルアーチェンジ。できれば、キジハタ釣りたいな~という事で、ウルトラライトジギングに変更です。先に付けたルアーはシーライドミニ9g。

今回は、これが大当たりでした。

まずはあがってきたのが、良型メバル。3目め!

P9081915

でか!

P9081918_2

帰宅して測定したら、惜しくも尺に届かず、29.5cmでした。

更に、魚群リーチであがってきたのは、やっぱり釣れてうれしい鯛。

4目め!

P9081922_2

さらに大型の鯛がかかるもフックアウト。フック(純正フック)が完全に伸びてました~。

タックルは、トラウトロッド(ラックス77)にPE0.8号。トラウトロッドでも、純正の小型フックにPE0.8号ですから、やっぱり厳しい。フロロやナイロンなら違うと思うのですが・・・。ドラグをゆるゆるにして再挑戦。

そして、42cmの鯛をなんとか追加。

P9081926

それでも、フックが伸びてましたね~。

よし、後一目で、目標達成だ~! 

がんばれ~とワタリガニ君?も沖合い4kmまで、応援に駆けつけてくれました(笑)

P9081906

そして、あがってきたのが、こちら

P9081929

とりあえず、もしもの時の5目めの保険として記念撮影(笑)。

そんな感じで昼頃まで楽しみ、さてそろそろ漁探の反応をみながら帰ろうと漕ぎだすと、水深5mラインで、パラパラと反応が。

エギを投げるも反応なし。次にジグを投げてしゃくっていると、なにやら小物がヒット!

美味しそうなアジでした~。

P9081936

これなら、胸張って5目達成!といえるでしょう。

アジなら、好調のシーライドミニの方がいいだろう~と交換。しかし、なかなか反応を得られず、根周りから砂地方面へ。ヒラメがいいかも~と、底付近でリフト・フォールさせていると、狙い通り?ヒット!

しかも、まずまずの重量感。もしかしてヒラメ~!

P9081941_2

お~、刺身にもできそうな42cmのヒラメでした! 

6目(+1)達成でお腹いっぱい。というかAM6時からPM2時までカヤック乗りっぱなし(笑)

これにて終了です。

Imgp1272

まずは、この豊な男鹿の海に、あらためて感謝ですね~。

Imgp1275

(おまけの、8目め。こちらは嬉しくないですが・・・)

思い残すことは、キジハタが釣れなかった事。これは、今後の課題ですかね~。

そして、帰宅後は、刺身のてんこ盛り。

Imgp1282

ヒラメも旨かったけど、やっぱりアオリイカは美味しいな~。

2013年8月19日 (月)

仲間とともに

17‐18日と、十三湖で開催されたkayak fishing camp に参加してきました~。

サッカーの試合から帰ってきた長男を乗っけて、17日18時過ぎに十三湖入り。

すでにBBQが始まっていて、皆さんできあがりつつありました(笑)

私も種火を貰って(ありがとうございます!)、楽してBBQ開始。

Imgp1177

いや~、楽しく飲みすぎました~。途中から、いつものようにうとうとモードに突入(笑)。何時に車に戻って寝たのか覚えてません・・・(汗)。

そして、4時半大会開始だったので3時半頃?起床し、暗闇の中外にでると爆風・・・。

これは釣りは無理でしょう~、という事で、2度寝モードに。

すっかり明るくなった6時過ぎ外にでると、相変わらずの強風。しかし、岸辺をみるとなんと皆さん釣りの出撃準備中。

え?!、マジっすか~。

私も迷いましたが、息子とのタンデムなんで、とりあえず様子見る事に。

すると、続々と皆さん出撃開始です。

お~、皆さんやりますね~。

Imgp1184

(安全のため、レスキュー艇が準備されています)

しかし、風はいっこうに弱くなる気配はなく、残念ながら1時間程で終了となりました。

出撃した皆さん、ヒーヒーいいながら逆風の中、漕いで帰ってきました。しかし、皆さんのその顔は満面の笑顔。どうやら、カヤックやる人は、予想通りM系の人が多いようです(笑)

Imgp1186

皆さん無事帰着。今回の参加者は40人以上(タンデムは二人として計算)。岸に並んだカヤックは圧巻の一言でした。

今回のメインイベントである再乗艇訓練。

バイキンキングカヤックのプロスタッフである蓮池氏、秋田の佐々木翼氏(カヤック・ワールドカップ日本代表)からの説明と実演

P8181805_2

そして、いざ実践訓練。

P8181810

強風の中の再乗艇訓練。いい練習になりました! 特に、体がカヤックと離れて流されたら、絶対追いつけないですね。沈したらまずカヤック確保! よく分かりました。長男も無事再乗艇訓練終了。

釣りができなくても、イベントは更に続きます。

カヤック別タイムレース。私はタンデムの部にエントリー。

このレース競技、笑わせて頂きました~。

P8181813

スタートでいきなり沈する人(このパターンが一番多かったかも)、期待通りに沖の折り返しで沈する人、風に流されてかなり風下の岸に上陸する人など、爆笑の渦でした!

すっかり笑い疲れた頃、最後のイベント。緊張のカヤック争奪じゃんけん大会です。

なんと、1位がバイキンカヤックから提供されたオージー。しかも、日本生産第1号の記念すべきカヤックとのこと。皆さん笑顔の裏には、並々ならぬ闘士が(笑)。私も冷静を装いながら参戦です。

結果・・・、

残念(笑)

それでも参加賞を頂き、楽しいカヤックフィッシングキャンプの締めくくりとなりました。

たぶん、来年も開催されると思います。是非参加して、釣果で記念品ゲットですね。

そして、今回の企画・運営をして頂いた皆様、本当にお疲れ様でした!東北初?のカヤックフィッシングキャンプに参加できて幸せものです。

ありがとうございました~!

2013年8月 5日 (月)

カヤックフィッシング 漕釣19回目 ~海がダメなら山で(笑)~

大暑 『大雨時行る(たいうときどきふる)』 (新暦八月二日~六日頃)

やっと大雨続きも終わり、夏の日差しが降り注いできました。こうなると、夏の夕立ちがちょっと欲しくなってきますね。

昨日は、そんな真夏のカヤックフィッシングを期待して、日本海で仲間と浮いてきました。

Imgp0893

しかし、予想に反して前半は曇り空。おまけに、風とウネリが結構強くで、沖の本命のポイントまででることができませんでした。

P8031796

ウネリと細かい三角波?、プロフィッシュの安定性は抜群ですが、油断はできません。

とりあえず、メバルでもと浅場でスモールジグを投げるも反応なし(泣)

おまけに根掛りで、仕掛けをつくりなおしていたら、酔い気味に・・・。

今日はボ?と思い始めた時に、仲間がキスをゲット。キスがいるならヒラメもいるか!

という事で、スモールジグの着底からの早引きでヒラメを狙っていると

P8031802

狙い通りヒラメ、いやソゲをゲット・・・。狙って釣ったので小さくてもOKです(笑)

もちろん、こちらは海へお帰り頂きました。

結局、本釣行はこのソゲ一匹で終了。

Imgp0895

まあ、今日は波乗りを楽しめたらOKでしょう。

そんな訳で、海がダメなら山で収穫(笑)。

Imgp0900

更に、今日は秋に植えたニンニクを大量収穫。

Imgp0910

ニンニクのホイル焼き、楽しみだな~。

2013年7月23日 (火)

カヤックフィッシング 漕釣18回目 ~トップは楽しいな~

写真とったりで、漕ぎ始めは6時半過ぎに(笑)

目的ポイントは、約3km沖・・・。

ポイントに行く途中、水深5‐6m付近で魚探に真っ赤なベイト反応。ムラジグを落とすと早速ヒット。ソゲでした。更に落としてリーリングしてると再びヒット。いい引きだな~なんて思いながらファイトしてあがってきたのはシーバスでした。ギンピカで美味しそうだな~と思ったらエラ洗いでバラシ。さらにヒットさせるもやはりエラ洗いでフックアウト。丁寧にファイトするんだったな~と思ったら後の祭り。その後はシーバスのヒットは得られませんでした(汗)。

約1時間かけて(笑)、目的ポイントにつくと、突然360度ボイル祭り開始。カヤックのステルス性を活かしてナブラに近づき、まずはボイルの下にムラジグを沈めて45cm程の小鯛をゲット。その後、ポッキー80をボイルに打ち込むと、着水、リーリングでバシュバシュとイナダのバイト多数。のらない、のってもすぐにバラシが続く中、なんとか50cm程のイナダ一匹ゲット。更にブカチョフコブラ60で一匹追加。

P7211780

いや~、トップ面白いですね~。狂ったようにアタックしてくる魚みて、私も興奮状態でした(笑)

しかし、その後はベイト反応多数も沈黙。間違いなくその上下に付いてるフィシュイーターの反応あるも、ルアーに反応してくれませんでした。

12時過ぎ、諦めて帰りながらシーバス狙っていたら、60cm程のサゴシがヒット。これもよく引きますね~。タックルがラックス77のトラウトロッドですから、イナダもサゴシも面白い~。

欲を出して、4種目のシーバスを浅場で狙うもヒットなく、2時過ぎ終了となりました。

P7211788

片づけをして帰宅した6時過ぎ。夕食後に魚捌いて就寝。ふ~、忙しかった(笑)

カヤックは午前中で切り上げる位の方が丁度いいみたいですね。

そして、今日は、刺身三種盛り。

Imgp0704

サワラの刺身がねっちりして濃厚。濃厚すぎて沢山は食べれません(笑)

次男にどれが一番旨かった?

『ん~、いつも食べ慣れてる鯛かな~』と。

なに、贅沢な(笑)

追伸

翌日は、一晩浸けこんだサワラの西京焼き

Imgp0706

美味し!

2013年6月29日 (土)

カヤックフィッシング 漕釣17回目 ~完敗~

夏至 次項 『菖蒲華さく(あやめはなさく)』 (新暦 六月二十六日~三十日頃)

あやめの花が咲いたら、梅雨到来の目安になるとか。大館はとっくに梅雨入りしてますが、雨降りません。鮎の遡上への影響も心配ですが、農作物にとって深刻な問題にならないことを祈ります。

今週末も忙しい(笑)

金曜夕方から会議で青森市へ。なぜか車上にはカヤックが(笑)

その夜はAM0時頃まで飲み会(早めにアルコールは切り上げてます)

AM4時半に眼が覚めて5時過ぎ出発。今日は東風が強いので、風裏ポイントへ移動。

6時半過ぎに出艇。

思ったほど風はなく快適な釣行。でもシーアンカーは必須のレベルです。

P6291702

しかし、水深10~20m付近を流すも反応が薄い。

出艇時間が遅すぎたか、潮が悪いのか、反応がない時間が続きます。

結局、ゴミがひっかかった?と思ってあがってきた手のひらサイズの極小鯛、浅瀬の磯場に移動してヒットしたアイナメ君のみでAM12時終了。

完敗です。

寂しいクーラーボックス(笑)

P6291705

小鯛は、腹にフックが刺さっていたので、キープさせて頂きました。

そうそう、前回から地震などの情報と雷予知のためラジオを持参してま~す。

P6291711

つい、ラジオ人生相談に耳を傾けてしまい、それが釣れなかった理由かも(笑)

そして、急いで撤収して15時からの研究会のため青森市内へ移動。

21時過ぎ自宅へ到着。

帰宅後、アイナメの一夜干しを仕込んで、ただいまウイスキー片手に、小鯛の塩焼きをつまんでPCに向かっている次第です。

明日は、家族サービスの予定。

ふ~(笑)、でも楽しいからOKですね。

2013年6月16日 (日)

カヤックフィッシング 漕釣16回目 ~ビスターリ2号初陣~

芒種 『梅子黄なり(うめのみきなり)』 (新暦 六月十六日~二十日頃)

季節は梅雨へ・・・、土曜日ほんの少しですが、久しぶりの雨が降りました。

15日夜、蛍観察に例年の場所に行きましたが、いません・・・。昨年までの記事を見直すと、7月に入ってからでした(汗)。

そのまま、急いでカヤックフィッシング関連の荷物を詰め込み、寝ずにAM0時半頃出発。

2時半頃、釣り場近くの道の駅着。1時間弱仮眠して、出艇場所に着くと、既に2艇が準備中。

私もいそいそと準備をして、新艇 プロフィッシュ45 ビスターリ2号艇の進水式!

P6151668

かっこいい~(笑)

進水式なので、お神酒を準備。

P6151670

とにかく安全に楽しめる事をお祈りして

P6151671_1

滞りなく進水式は終了しました(笑)

さて、いよいよ大海原へ、出陣です!

しかし、この日の平館方面は激渋・・・。

魚探にぽつぽつと反応あるも、全然あたりません。

そうこうしていると、突然魚探の画面が消滅。

電池の接触不良?、何度か電池を入れ直してスイッチ入れるも、1分もしないで突然電源が落ちてしまいます。堪らず、一旦岸に戻って、あれこれいじっていると、仲間が心配して声をかけてくれました。『電池も新品だしな~、ただ、安い電池ですが』、『それかも』という事で、充電したエネループを貸して頂きスイッチを入れると、電源落ちません・・・。レンタルビデオ屋で買った安電池、これが原因だったようです。皆さん気をつけましょう(笑)

魚探が復活したところで、釣行再開。

相変わらず、目の前の釣り場で反応悪いので、9時半過ぎ?に1kmちょい離れた場所へ移動。

それが功を奏しました!

小型の真鯛も食いつくように、少しシルエットの小さいシーライド40gへ付け替え、軽くキャスティング。リーリングしていると、魚探に好反応。すかさず、ベールを返してフリーフォル。

すると、ラインがストップ。着底?、あたり? ベールを返して巻き始めると、一気に竿が絞り込まれ、根掛り? いや、微かに生命反応あり、追い巻きしてフッキング。

そこからは、何度も何度もドラグを出され、途中からはじっと動かない。これは、なかなかの型でしょう。何度も突っ込むあたりも、鯛で間違いないはず。

仲間が近づいてきてくれて、写真撮影。これは、ばらせない。ばらしたら、ただの根掛りの写真になってします・・・、プレッシャーがかかります(笑)

Img_1_4

10分以上?かけて、あがってきたのは

Img_5

デカ雄真鯛!

いや~、やりました。

そのまま、一旦岸にあがって記念撮影。

Imgp0338

タックルは、ロッド:CPS-Fx 792ti 、リール:セルテート2500R、ライン:ナノダックス8lb、フック:シーライド純正からチヌ針8号へ交換済み。

Imgp0343_2


結局、このまま終了。

最高の進水式となりました。

さて、新艇のプロフィッシュ45。一言、速い。水面に吸いつく様にすすみます。

頑張って漕ぐと、そのまま努力が反映してスピードアップ。とにかく気持ちがいいです。

なので、頑張って漕ぎすぎました。翌日は肩関節がぎすぎすです(笑)。

以前の試乗会で、乗らせて頂いた時に、一目ぼれならぬ一乗りぼれでした。

バイキングカヤックの3艇しか乗ったことありませんが、私の中のイメージは、ニモは軽快で走破性抜群のジムニー、ニモ2+1はエスティマなどのステーションワゴン?、プロフィッシュ45はターボエンジン積んだレガシーなどのツーリングワゴンといった感じでしょうか(笑)(私、車にとても疎いですが・・・)

どこかのブログでタンデムを買った人のほとんどが、いずれ一人艇に手を出すことになると・・・。結局その通りになりました(笑)。ただ、タンデムもこれから息子達と有効利用はしていく予定です。

最後に、本日の殊勲ルアーをパチリ。

Imgp0352

楽しかったな~。

お知らせ

青森でカヤックフィッシングのイベントが開催されます。興味ある方はどうぞお問い合わせください。

より以前の記事一覧