フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« わくわくサイエンス(雪の観察)へ参加 | トップページ | 失礼しました »

2014年2月 2日 (日)

一種類一種類

季節はずれの雨がふってますね。明後日からは、再び寒期が入り込んでくるとか。その前にサクラ釣行といきたいところですが、本日(2日)は仕事のため釣行はなし。検索ワードがサクラマス、米代と増えているようで、情報なくすいません。

1日、雪の観察会を終了した時、駐車場横の木々からカラ類の鳴き声。

いたいた、ヤマガラ。

Dscf0310

やっぱり模様が好きだな~。

Dscf0314

正面から見ると、ちょっと面白い顔(笑)

Dscf0312

そのまま、長木川へ水鳥観察へ。

白鳥公園に向かいましたが、白鳥は二羽のみ・・・。

Dscf0318

観察していたら、ゆっくり近づいてきましたが、カメラを向けると、『なんだ、餌くれないのか・・・。』とゆっくり去って行きました(鳥インフルの関係で餌やり禁止になっています)。ハクチョウ(ジョウ)な奴め!と思いましたが、突然餌をあげなくなった人間のほうが薄情な奴ですかね。

ちょっと寂しいので、更に下流方面へ移動。

すると、遥か遠くの河原の雪上でちょこちょこ動き回る鳥を発見。

Dscf0342

これは、ハクセキレイでしょうか?? 雪の無い時期には、よく我が家の駐車場で見かけますが、冬の為か随分丸く見えました。

そして、車をゆっくり走らせながら観察していると、近くの木々でヒヨドリ大の野鳥を発見。

また、ヒヨドリ?と思いましたが、双眼鏡を覗いてみると模様が違う。

Dscf0346_2

どうやらツグミのようですね~。

Dscf0351_2

メジャーな鳥と思いますが、確認できる鳥が一種類一種類増えていくのは、嬉しいですね~。

Dscf0356

次はどんな鳥に出会えるのだろう。

« わくわくサイエンス(雪の観察)へ参加 | トップページ | 失礼しました »

バードウォッチング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192431/59058028

この記事へのトラックバック一覧です: 一種類一種類:

« わくわくサイエンス(雪の観察)へ参加 | トップページ | 失礼しました »