フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月26日 (日)

2014年米代川冬サクラマス1回目

大寒 次候 『水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし)』 (新暦 一月二十五日~二十九日頃)

沢の水が厚くはりつめるころ。ここ数日の暖気から一転、午後からは真冬へ逆戻りです。

昨日から降った雨で、米代川水位は朝の時点で10数センチ上昇。気圧の低下、気温の低下と冬サクラマス釣りにとってはマイナス要素ばかりですが、ちょっとした増水で魚が動くのを期待して出撃してきました。というか、まずは行ける時に行こう!というのが正直なところでしょうか。

記念すべき今シーズン初釣行です。

今年も安全第一、いいシーズンでありますように。

P1262121

よろしくお願いします。

午後から荒れる予報だったので、早朝から竿を振る予定でしたが、夜中にバタバタしてしまい、10時前から竿を振りはじめ。

強風が吹き始めたPM1時過ぎまでがんばって、ノーバイト。

釣れない冬サクラも7シーズン目に突入。今日もいつもと変わりなく予定通りし終了です(笑)

でも、久しぶりの釣行で、一投一投ワクワクしてキャストできました。

しかし、時折、頭の上を飛んでいく鳥が気になってしょうがない・・・。黒いガン?、羽の先が黒っぱい鳥(ハクガンではないよな~)、白鳥、などなど。本当に双眼鏡を首からぶら下げて釣りしたい(笑)

土手からあがって車にのると、強風吹き荒れてました~。

Photo

サクラマス解禁時期変更となれば、1月2月の冬サクラは今シーズンがラストチャンス。

悔いの無いようシーズンを終了したいですね。

2014年1月25日 (土)

もしかして、かわいいカモ

大寒 初候 『款冬華さく(ふきのとうはなさく)』 (新暦 一月二十日~二十四日頃)

大寒なのに、季節外れの暖気が入って、3月上旬の暖かさでした。日曜日、氷上ワカサギに行こうと企んでいましたが、氷が緩んでちょっと厳しそう。ならば、冬サクラマスのチャンス!、と出撃を企んでいますが、気圧の谷が通る模様。昨日、今日は条件がまずまずだったのに、そういう時は大抵仕事なんですよね(泣)。まあ、それだからこそ、釣れた時の嬉しさが倍増するのしょう。

でも、今の楽しみは釣りだけではありません。今日(二十五日)は、午前の空いた時間に、カモ類を求めて近場の長木川を散策してきました。

いました、かわいいカルガモ!

Dscf0298

車で走っていると、橋下にカモらしき軍団を発見。

早速駐車して歩いて行くと、

いるいる

Dscf0235

沢山のカモが休んでいました。

Dscf0237

家に帰って調べると、ほとんどがカルガモだったみたいですね。

いた、いた~と大声を出したら、みんな起きだして、水面に泳ぎだしました。ごめんなさい。

Dscf0243

それでも気持ち良さそう~。

カルガモ三連隊。

Dscf0248

ちょっとふてぶてしい顔がかわいいカモ。

あれ、子ガモもいる~。

Dscf0269

この子ガモ、かなり落ち着きない(笑)。

あっちこっちを突きながら、ピョコピョコ水中に潜ってます。

潜る瞬間を撮ろうとシャッター押すも早くて波紋のみ(笑)

Dscf0266_2

ちょこちょこして可愛かったな~。

あれ、違う模様のカモ発見。

Dscf0258_2

オナガガモのようです。足の色も違いますね。

このカモ、美人さん。

Dscf0281

と思ったら♂のようです(笑)

子ガモとのコラボ。

Dscf0293

いや~、みていて飽きないです。

追記 子ガモと書きましたが、カイツブリみたいですね。失礼しました。

2014年1月19日 (日)

ヤマガラに会えた~

小寒 末候 『雉始めて雊く(きじはじめてなく)』 (新暦 一月十五日~十九日頃)

雉はサクラマスや鮎を求めて河原をうろうろしていると結構見かけますが、この厳しい冬をどうやって乗り越えているのでしょうか・・・。

小正月の十五日を過ぎましたが、正月気分の抜けない今日この頃。昨日の夜は、釣り仲間との新年会。好きな釣りで繋がった仲間、ついつい嬉しくて飲み過ぎてしまい、最後はめを外してしまって今日は少々自己嫌悪です。

そんな楽しい飲み会の前の18日午前中、時間があいたので、長根山の岩神貯水池付近をちょこっと散策してきました。

向かう途中、少し太陽光が射しこんだので、途中下車。

Dscf0176

雪の付いた木々は綺麗ですよね。(バートウォチング用に購入したFinePix HS50EXR。景色の写り方は、Pentax K200の方がやっぱり好きかな。使いこなしてないだけかもしれませんが。でも、この値段で驚異の望遠。十分満足してます)

長根山の駐車場から、双眼鏡をもってゆっくり散策。

Dscf0195

カラ類らしき声が聞こえるのですが、なかなか姿がみえません。

長女もいっちょまえのバードウォッチャーです(笑)

Dscf0190

しかし、スノートレッキングをしている人が多かったです。それも、結構年配の方が多い。皆さん元気ですよね~。

岩神貯水池は結氷してなければ、カモ類がいるかな~と思いましたが、残念ながら全面結氷しており、カモ類の姿はみえず。

Dscf0198

でも、いい景色でした。

Dscf0200_2

今度は、雪の鳳凰山に登るぞ~!

駐車場に戻り、残念ながら今回は鳥さん達とは出合えなかったけど、まあ気持ちいい散歩だったな~と運転していると、目の前を横切る小鳥。

『あ! シジュウカラだ!!』

すぐに車を停めてバードウォッチング再開。

そして、『あれ、ヤマガラじゃない!!』と妻の声。

ヤマガラ、私が会いたかった鳥なんですよ。

Dscf0204

嬉しい~。

なかなか御洒落な模様の鳥だと思いませんか(笑)

松の実を突いていましたが、何を食べているのかな?

Dscf0218

同じようにシジュウカラもお食事中。

Dscf0223_3

シジュウカラの正面像を上手く撮れなかったので、次回の課題に。

そして、カラ類の早い動きを一生懸命追いかけていたら、少し大きな鳥が飛んできました。

あれ、あの動きはキツツキ類?

Dscf0211

このオレンジのお腹と、

Dscf0213_2

この縞模様の背中。

アカゲラですね~。しかし、アカゲラもシャッターチャンを活かす事ができず、次回の課題になりました。

この付近、エナガもいるという話を聞いているので、時間が空いたらまた行ってみたいと思います。

2014年1月15日 (水)

気温湿度計

小寒 次候 『水泉動く(すいせんうごく)』 (新暦一月十日~十四日頃)

地中では凍っていた泉が動き始めるころ、ってこちらは寒波が襲来してますが・・・。ただ、思ったより大館は積もりませんでした。

3連休でしたが、いろいろ立て込んでおり、なんとなく過ぎ去った感じでした。まあ、何気なく過ぎ去る日常も大事ですよね。

とい訳でネタ切れ状態。記してきた七十二候も、一巡するまで残り5候。頑張って書きます(笑)

14日の雪の結晶。中心部分も綺麗ですよね~。

Dscn0472

形成初期の部分の名残だそうで、ここを見比べても、いろいろな形があって面白いです。

しかし、なかなか結晶全体にピントを合わせるのが難しいですね。

そして、部屋にはこんな装置を設置しました。

Dscn0482

気温、湿度計。外気温用の端子を水槽の配管にそってベランダに設置。

現在(15日AM1時)、温度 (室内 20.4度、室外 -5度)、湿度 (室内 51%、室外 65%)。

これで気象条件をみながら、雪の結晶を観察する予定です。

ただ、ちょいと奥まったベランダに室外端子を設置しているので、少し温度が高くでている印象が。しかも、南向きのベランダなので、太陽があたると一気に気温上昇・・・。あくまでも、参考程度ですかね。

 

2014年1月12日 (日)

1月12日朝の雪の結晶

今年は雪が少ないと思っていたら、一気に積もりました。

今朝の雪の結晶。

Dscn0444

樹枝状結晶の比較的枝が多いタイプ。もう少し増えればシダ状星型樹枝に分類されるのでしょうか。

Dscn0457

こちらは、枝が少ないタイプ。

Dscn0462

そして、こちらは扇型の角板かな。左下の扇をみると、尾根模様とあばら骨模様がはっきり分かりますね~

Dscn0462_2

日中は比較的気温があがりましたが、明日は再び冷え込みそう。

時間があったらまた挑戦してみます。

2014年1月10日 (金)

旬を楽しむ 雪の結晶編 その②

今年一番の寒期が来てます。

これで、八郎潟が結氷して氷上ワカサギ釣りができるようになればいいですね。

雪の結晶も冷え込んだ方が綺麗にとれるので、寒さは辛いですが、楽しみもあります。

さて、前回と同じ日にとった結晶です。

Dscn0424_4

枝が多く、ボリュームたっぷりで綺麗~と思ったら、二つの結晶が重なっているみたいですね。

あてる光の条件でも、映り方が違う事も分かりました。

Dscn0430_3


左右からライトを二つ点灯

Dscn0431_3

片方からライトを一つ点灯。

片側からの点灯の方が、輝いてみえるかな。ただ、透明感を出すには左右から均等に照らした方が良さそう。

いろいろな条件を試してみようと思います。

そして、こちらはどうでしょう。

Dscn0440

こちら、直径5cmの巨大結晶です!

というのは冗談で、こちらガシャポン(私はガチャガチャと読んでましたが)の商品です。

ネイチャー・テクニカのガシャポン、雪の結晶シリース。

Dscn0438_2

これを妻が見つけた時、興奮して電話してきました(笑)。

しかも、解説書の写真が、前回紹介した本の著者ケン・リブレクトなので、びっくり。

このネイチャー・テクニカのガシャポン、私達にとっては侮れないのです。

クラゲシリーズで、まずハマりました。その後、タツノオトシゴシリーズに興奮し、日本の清流では鮎とヤマメをゲット。キノコシリーズも面白かったですね。そして山菜シリーズが出たら面白いね~と話していたら、発見! 更に、今回の雪の結晶。

今、私の鍵には、タツノオトシゴ(リーフィーシードラゴン)と溶けない雪の結晶が付いています(笑)

さあ、ここ数日の冷え込みで、綺麗な結晶に出合う事ができるかな~。

2014年1月 8日 (水)

旬を楽しむ 雪の結晶編 その①

5日夜は、比較的冷え込みが強く、ふわふわと雪が舞い降りてきたので、外に出て雪の結晶観察をしていました。

いい写真が撮れました~。

Dscn0415

星型樹枝結晶で、先端に少し面状の角板が育ったタイプでしょうか。

こちらは、更に角板が強くでたタイプの星型樹枝結晶になるのかな。

Dscn0421

分類方法や結晶のでき方については、こちらの本を読んで研究中です。

Dscn0432_2

この本、文章を読まなくても、写真を見てるだけでも癒されますよ。

ただ、楽天ブックスで注文しても在庫切れで、結局アマゾンの古本で購入しましたので、既に絶版なのかな??

こちらのタイプも多くみました。

Dscn0427

比較的、枝が多くて細く面が少ない。湿度が高く成長が早い時に見られる形みたいですね。

もう少し結晶の成長過程について学んで、空の旅を詳しく想像できるようになりたいな~。

続く。

2014年1月 6日 (月)

旬を楽しむ

小寒 初候 『芹乃栄う(せりさかう)』 (新暦 一月五日~九日頃)

明後日の七日は七草粥を食べる日ですね。今年の正月は、比較的大型連休でしたが、珍しく遠出はせず、家でのんびりと、食い倒れの毎日でした(笑)。七草粥で、もたれた胃腸をすっきりさせねばなりませんね。

三十一日、激安肉をじっくり煮込んで作ったシチューを食べ、

Dscf0128

お蕎麦で年越し。

明けて一日からは、お節とお餅。

Dscf0151_2

お節作りは、かみさん任せなので、こちらは飲み食い専門(笑)。

そのまま、ほろ酔い気分で、皆で歩いて大館神明社へ初詣。

Imgp1918

今年は雪が少ないですね~。

Imgp1922_2

昨年のお守りは、お礼の気持ちを込めてどんど焼きへ。

Imgp1933

そして、参拝。

恒例のおみくじを引いて、皆であーだこーだと立ち話をした後、お守り買いまたペチャクチャしゃべりながら帰宅。

3日は仕事でしたが、その他も遠出はせず、家でお餅を食べながらまったりモード。

夜は、妻と長男、私でド素人麻雀に挑戦したり(笑)

Image_2 (やらせです(笑))

いつも、休みと言えば、せかせかと動き回っていたので、こんな休みを過ごしたのは初めてかも・・・。

最近は、子供達も大きくなってきたので、こうやって家族そろって初詣したり、あれこれ話しながら一緒にご飯食べたり、なんて時間がだんだん少なくなっていくんだろうな~なんて考えてしまいます。

今しかできない、今だからこそ過ごす事のできる時間。それを大切にしないといけないですね。

まさに『今でしょ!』(もう昨年の言葉ですが(笑))

よし、今年の目標は『旬を楽しむ!』にしよう!(と書きながら、今、決めました(笑))

2014年1月 4日 (土)

朝の散歩

朝、サッカーの送迎で樹海ドームに行った帰り、ちょっと寄り道。

Dscf0164_2

鳥はあまりいませんでしたが、枝に付いた雪が輝いて、綺麗でした。

Dscf0167_2

日中には、だいたい溶けて落ちてしまうので、こういう景色は早起きの特権ですかね~。

2014年1月 2日 (木)

オオタカでシメ

皆さん、初夢は何をみたでしょうか。いつの夢を初夢とするか諸説あるようですが、私の昨夜の夢は・・・、覚えてません(笑)

初夢と言えば、『一富士二鷹三茄子』。

鷹と言えば・・・。

13日、年越し準備の合間を縫って、前回アオゲラをみた近所の神社へバードウォッチングへ。

現場へ到着すると、向えの枝に猛禽類が!

Dscf0119_2

白い眉班、白いお腹に横班、黄色い足

オオタカでした!

数日前にも、周囲を飛ぶ鷹らしき姿が気になっていたのです。

Dscf0116_1

かっこいいな~。大晦日に鷹をみれるなんて縁起がいい。

そして、こちらは同日にみた桂城公園のシメ。

Dscf0095

年末、いい締め(シメ)となりました。

Dscf0103

しめしめ。

2014年1月 1日 (水)

2014年明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

Imgp1229

今年もよろしくお願い申し上げます。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »