フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月29日 (火)

工作活動体験

『テロロの森づくり』では、午後から工作活動が企画されていたので、参加してきました。

雨がちらついたので、雪沢小学校へ移動。

長木川支流の景色が綺麗でした~。

Imgp1773

紅葉もお見事。

Imgp1778

そして雪沢小学校で昼食タイム。楽しく遊ぶ小学生達と、それをほほえましく見守るお年寄り、なんだかほのぼのした時間でした。お年寄りの肩をもむ小学生もいて、その方はとても感動していたようです。

そして雪沢小学校の校舎はお洒落で綺麗! 閉校してしまうなんてもったいないな・・・。うまく有効利用できればいいですね。

昼食後は、皆で工作活動。私も自然の素材を使ったリース作りに挑戦してきました。

完成品もみると簡単そうなんですが、これが難しい。私はセンスなし(笑)

Imgp1787

どれが私の作品かって? 

内緒です(笑)

テロロの森

霜降 『 霎時施す(しぐれときどきほどこす)』 (新暦十月二十八日~十一月一日頃)

秋の初時雨、野山の生きものも人々もそろそろ冬仕度を始める合図との事。そろそろ冬用の衣類を出さなければならないですね~。

27日の日曜日、大館自然の会主催の植林事業『テロロの森づくり』へ、妻・娘と一緒に参加してきました。

Imgp1736

『テロロの森』は長木川上流の山中にありました。植林は1995年から毎年行われ、実に6050本のブナをはじめとした広葉樹を植えてきたとの事(テロロの森へは2000年から)。ちなみに『テロロの森』、かつてこの地方テロロと鳴いていた野鳥アカショウビンが戻ってくる森をつくりたいという願いが込められているのだそうです。

今回の作業場はこんな感じの斜面。

Imgp1755

娘も一生懸命手伝っていました。

Imgp1746

参加者は、ほぼ地元のボランティアの皆さん。

なんか、とっても暖かい雰囲気の集まりでした~。

しかし、皆さんの健脚振りにびっくり。

Imgp1758

そして、地元の雪沢小学校高学年の子供達も参加。

Pa272024

雪沢小学校は、生徒の数が少なく今年で閉校してしまうとのことで、今年が雪沢小学校として参加するのが最後なのだそうです。生徒達も一生懸命植林を手伝い、元気はつらつ。皆、自分で判断して積極的に動いており、感心しました。そして、なによりも生徒間同士、先生達との暖かい空気感が素晴らしい。妻と二人で感心していました。

少し雨もぱらつきましたが、植林は無事終了。

昨年?に植えた苗も、紅葉で葉っぱを落とすところ。

Imgp1764

私達が植えた苗も、来年無事に夏を乗り越えて、紅葉してくれるかな~。

Imgp1766

皆で150本植えた後は、10年前に植えられた森を観察。

Pa272031_2

今年植えた場所も、10年後にはここまで森が再生してくれているのかな~。

Pa272032_2

そして、娘がおばあちゃんになって、ここを訪れた時、どんな森になっているのだろうか。

植林は、100年先の森は自分の目で見ることはできないけれど、想像する事ができます。目の前に生えている大きな木は、私が生まれるずっとずっと前に、小さな芽から育ち今に至り、そして今日植えたこの幼木が、いつか大木になって、いつか大きな森をつくる。この自然の大きな時の流れ、その一部になれた事に感謝かな。

2013年10月27日 (日)

2013年度秋磯鱸

霜降 初候 『霜始めて降る(しもはじめてふる)』 (新暦十月二十三日~二十七日頃)

朝晩はすっかり寒くなりましたね~。いよいよ冬も間近、あっという間に過ぎ去る秋を楽しみたいものです。

昨日は、約一ヶ月ぶりの本格釣行でした。平日夜に、2回程ちょこっと米代に出撃しましたが、なにやらイベントが多くで、気付いたらもう10月も終わり。なんとか昨日1日フリーな日をもらっての釣行です。

当然、カヤックに行く気満々で計画立てていたのですが、ご覧の通り悪天候。急遽、男鹿の磯鱸に狙い変更です。

結構な荒天が予想されたので、すっかり明るくなったAM6時半過ぎに西磯にて実釣開始。

しかし、予想以上のウネリ・・・。

Pa262016

風は弱くキャストはしやすいのですが、なかなか前へ出られません。

午前中の約5時間、もしかして?と思えた満足できるキャストは数投あったかどうか・・・。

しかも、あちこちポイント探して歩いていたら、日頃の運動不足で、すぐに足元がふらふら。

引き出しを増やしたくて新規ポイントでのヒットを目指しましたが、こりゃダメだ・・。

という事で、昼過ぎに昨年のヒットポイントへ移動。

やはりいい感じのサラシが右から左へはらいだしています。

そして、これまた昨年のヒットルアー トゥルーラウンド115Fを結んだ1投目、あっけなくヒット! しかし、ジャンプ一発フックアウト。

さあ、もう一発!とキャスト再開すると、なんと2投目でまたまたヒット。今度はがっつり合わせて、手前の突っ込みもかわし、後ろの浅瀬へ誘導。あ、口の皮一枚と思い、魚へ近づくと、なんとフックアウトして足元を通ってバイバイ・・・。サイズは60cm位かな~。

気を取り直して、キャスト再開。しかし、3投目、なんとスナップが開いていてヒットルアーをロスト・・・。まだまだ!ともう一つのトゥルーラウンド115Fを取り付け、キャスト再開すると今度はなんとライン切れ・・・。先程のファイトでラインに傷が付いていたのか・・・。脳内アドレナリンが出まくって興奮状態も、すっかり空回り(笑)

だいたい、こういう時は、『あの時釣っておけば~』パターンにハマっていくんですよね。予想通り、その後は沈黙の時間が。ルアーをあれやこれやと取り換えキャストを続けました。(本当は、ここで冷静さを取り戻し、いいサラシの時だけルアーを投げ込み、無駄なキャストを減らして魚がスレないようするのが大事なんでしょうね)

そして、『やっぱりダメか~』と諦めかけた時、sauke140裂波に泣きのヒット。

とにかく手前で根擦れしないよう強引に引き寄せ、裏の浅瀬へ誘導。やっぱりフックが口の皮一枚も、今回はなんとか取り込み成功。

サイズは小さいものの、嬉しい一匹。

Pa262019

しかし、例によって取り込み時にドタバタ劇。磯ですから、もう少し冷静に対処しなければ危険を伴いますよね。反省。

2013年度秋磯鱸開幕、といっても1シーズンに行ける回数はごくわずかです。でも、焦らず、また次回のチャンスを楽しみたいと思います。

2013年10月20日 (日)

マクロの世界

寒露 末候 『蟋蟀戸に在り(きりぎりすとにあり)』 (十月十八日~二十二日頃)

きりぎりすが戸口で鳴く頃、昨夜の満月をみながらきりぎりすの声に耳を傾けた人もいるのかな。今週末は仕事関連で遠出できず・・・。それでも昨日の爽やかな青空は気持ちよかったですね~。

家内が雪の結晶の写真を撮っている知人と知り合い、是非自分でも撮ってみたい言い出しました。面白そうなので、私もその話にのっかり、早速下記のレンズを購入。

Imgp1676

レイノックス スーパーマクロレンズ MSN-202

レンズとしては値段もリーズナブル。

一眼レフに簡単に取り付けられます。

Pa202011

早速、撮影してみました。

この娘の髪止め

Imgp1684

MSN-202を取り付けて撮ると

Imgp1686

さらにアップ

Imgp1690_2

フォーカスはマニュアルになり、ちょっと練習が必要そうですね。

マクロの世界もなかなか面白そうです。

2013年10月15日 (火)

紅葉の北八甲田 その②

大岳頂上から、津軽の名峰 岩木山

Imgp1605

岩手の名峰 岩手山(奥にみえる一番高い山です)

Imgp1608

十分休憩した後は、陸奥湾を眼下に下り開始。

Imgp1610

頂上直下で振り返ると、太くなった飛行機雲

Imgp1620

大岳ヒュッテを通り過ぎると、本日のハイライトとなる毛無岱へ突入。

Imgp1636

紅葉はちょっと遅かったかな~。それでも、3連休でこの好天。凄い人でした。

途中、渋滞で立ち止まった際に、パチリ。

Imgp1638

そして、やっぱり定番の下毛無岱を見下ろす景色は撮っておかないと。

Imgp1646_2

ここまで来ると終点ももうすぐ。

この、下山する時の、『あ~明日から授業(仕事)か~』と思ってしまうこのちょっと憂鬱な感覚、久しぶり(笑)

Imgp1662

今度は、チングルマが咲く春に来たいな。

酸ケ湯への最後の急坂。紅葉は、このあたりが丁度良かったみたいです。

しかし、凄い車。酸ケ湯の前は渋滞してました・・・。

Imgp1670_2

下山は、ほぼノンストップで約2時間(登山客多く渋滞あり・・・)でした。

酸ケ湯に入って、ノンアルで乾杯。

気持ちよい体育の日でした~。

2013年10月14日 (月)

紅葉の北八甲田 その①

寒露 次候 『菊花開く(きっかひらく)』 (新暦 十月十三日~十七日頃)

漢方では解熱に用いる菊は、邪気を祓い、長寿を得るとされるとの事。我が家に風邪ウイルスが蔓延している感じなので、菊の花を食べればよいかな。

そんな、風邪を吹き飛ばす為に、紅葉の八甲田に、長男とその友達を連れて登ってきました。次男も連れていく予定だったのですが、風邪ぎみとのことで断念し、急遽長男の友達が参戦となったという訳です。

AM6時に家を出発して、AM8時頃酸ケ湯から登山開始。ちなみに、AM8時の時点で、酸ケ湯上の大駐車場はほぼ満車でした。

Imgp1557

秋の柔らかな日が差し込む林の中を進みます。ただ、前日までの天候不順の影響か、足元がかなりぬかるんで歩きづらかったですね。

途中な斜面から、南八甲田の名峰 櫛ヶ峰

Imgp1568

地獄沢をつめれば

Imgp1575

八甲田清水

Imgp1579

喉を潤した後は、懐かしの仙人岱ヒュッテへ。

Imgp1580

山スキー合宿では、ここに泊まり込んで、ドボン(トランプゲーム)をよくやっていたな~。

Imgp1583

負けるとウィスキーをグビっとやらなければならなくて、きつかった・・・。

ここから、一気に大岳山頂を目指します。

Imgp1584

空は快晴。

頂上直下で振り返ると、櫛ヶ峰~猿倉、乗鞍岳と拡がる南八甲田。

Imgp1594_2

ほんといい山だな~。

そして、登り始めて約2時間半で、山頂到着です。

Imgp1597

そして、お昼は『マルちゃん正麺』。

Imgp1599

しかし、山頂には凄い人・・・。

Imgp1598

つづく。

2013年10月13日 (日)

20数年物

明日は、高校~大学と履いてきた20数年物の登山靴(ゴロー)を引っ張り出して、八甲田大岳に登ってき~す。

Imgp1547

ミンクオイルを塗って、準備万端です。

2013年10月12日 (土)

きりたんぽ祭り~

寒露 初候 『鴻雁来たる(がんきたる)』 (新暦 十月八日~十二日頃)

雁が北から渡ってくる頃。この七十二候を書き始めて、雁がでてくるのは二回目でしょうか?季節の移ろいは早いですね~。

今日から三日間、大館できりんたんぽ祭りが開催されいます。昨年に続いて、娘がヒップホップで参加してました。

2013101220060000
(写真はお姉ちゃん達の部)

踊った後は、キリタンポのゆるキャラ『キリ子ちゃん』とパチリ。

2013101220040000_1

今年は、昨年の反省点?が活かされたのか、各場所からシャトルバスが運行されていて、会場へのアクセスはよくなっていたかな。

私は、午後から4時間程、駐車場の整理係りに付いていましたが、強風が吹き荒れ寒かった~。終わった後に食べたきりたんぽが美味しかったですね。

話は変わって、10日夜、懲りずに米代川へ。

結局、ルアー回収中にかかった彼にどっきりしたのみで終了・・・。

Pa101986

軽い増水からの減水で、落ち鮎パターンなるかと思いましたが、そう甘くはありませんね~。

2013年10月 5日 (土)

序章と信じて

秋分 『水始めて涸る(みずはじめてかれる)』 新暦 十月三日~七日頃

田から水を抜き、稲刈りにとりかかる頃とのこと。大館方面は、稲刈りも終盤といったところでしょうか。

今朝、サッカー送迎でAM五時半過ぎに出発。国道沿いの、朝霧浮かぶ田んぼも、すっかり収穫の後でした。

Imgp1473

今週末の釣りはなしです。

実は、先週の平日夜、米代に出撃し、シャロー帯でなんとかヒットに持ちこんだのですが、前回に続いてフックアウト・・・(泣)。

流れにのったあの重量感、エラアライができない巨体(シャロー帯という事もありますが)、なかなかの良型だったと思います。

まあ、サイズよりもこの時期にヒットさせた事が重要。前回も書きましたが、鬼門の秋リバーシーバスです。サクラマスや昨シーズンの秋磯鱸と同じように、苦労の先に待っている感動の序章と信じて、また通いたくなりました。(←後ほど、もう通っているでしょ!と、妻につっこまれました(笑))

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »