フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

貴重な1匹

米代川は、超がつくほどのど渇水(本日 二ツ井水位 -0.35)。

日中の最高気温、大館も昨日は35.6度!

リバーシーバスは激渋が予想されます。

しかも、毎年お盆以降は苦戦しておりこの時期に釣ったことないかも?

そんな中、今夜出撃してきました。

何度かシーバスのボイル音?は聞こえたましたが、やはり状況は厳しいようで、反応のない時間が過ぎます。

前回に準備した小さなシンペンを中心に投げ続けると、23時30分頃、ピックアップ時に待望のヒット。

なんとか無事ランディング。

P8291000

願わくば、イメージしていた対岸際でのヒットが理想でしたが、とにかくこの状況でゲットは貴重な一匹。サイズはお決まりの65cm前後でした(笑)。

その後に、同サイズをもう一匹追加。

P8301002

こちらは、ルアー回収時の超高速巻きに手前でヒット。たまたまヒットした感がありますが、夜中でも、あんな早引きにヒットしたことに驚き。ある意味収穫あるヒットでした。

2匹目の写真撮影中にスコールのような雨。これで状況が少し変わるか?と思いましたが、時間は既に0時も回っており、そのまま切りよく終了としました。

2012年8月26日 (日)

大曲花火大会へ

近藤房之助のライブから帰宅して、そのまま大曲へ出発(笑)。

大曲の会場駐車場へAM2時過ぎ到着。

大曲花火大会は3回目。1回目はバスツアーを申し込んでの参加。もちろん花火は感動しましたが、会場から電車⇒バスに乗りつぐ時の混雑に、命の危険を感じ、3年前は車で参加。今回もテントを持参して参加することにしました。

今回も同じテント場(13番)に泊まろうと思いましたが、前日ネットで調べると、なんと予約制になっているとか・・・。もしかしたらまだ空いているかもと思い同じ場所に行きましたがやっぱり満車。仕方なく対岸の駐車場(36番)へ行くとなんとか空いており無事テント設営し就寝となりました。

Imgp8362

相変わらず凄い人。凄い車。

Imgp8366

基本的に人混みは嫌いなんですが、この状況でも是非見たい!と思うのが大曲の花火大会なんですよね。

そしていよいよPM5時から昼花火の部がスタート。

Imgp8371

天候もばっちり。特にこの時はいい具合に風も吹き、夕焼けに映える昼花火でした。

Imgp8385

夜の部が始まる前の熱気に包まれた会場。

Imgp8379_2

PM6時50分時夜の部開始です。

10号割物花火は、職人の一発一発に込められた魂、気迫が伝わってきました。

Imgp8393_2

創造花火は、それぞれ華やかなものからわび・さびが前面にでたものまで、特徴があって、ほんと楽しませてくれます。

Imgp8397_2

(月がバックにみえてこれまた幻想的)(追記 たぶん優勝した~侘寂~)

競技花火の間にあげられるスポンサー花火。

Imgp8421_2

そして、大会提供花火で観客席の興奮も最高潮に(笑)

Imgp8407_3

(写真は他のスポンサー花火のスターマインです)

2012082618340000_5

(携帯にて撮影)

目の前(上)で連発であがる花火。ほんと凄い・・・。やっぱりきてよかった~。

最後は10号玉30連発で終了。終了後に雄物川を挟んで花火師とお礼をこめて光で合図しあう光景はなんとも言えませんね。

終了後は、混雑を避けてゆっくり出発。どうせテント場まで帰ればいいだけですから。それでも凄い人、長女は寝てしまって汗ダクで抱っこ。やれやれと、途中コンビニによって飲料水を購入しようとしたらここでハプニング。なんと、飲料水ほとんど売り切れ。残っているのはコーヒーとビールのみ・・・。当然近くの自販も売り切れ。さ~、困ったと諦めかけた時、妻に次男がウーロンハイってなに?と露店を指差して聞くのでみると、一杯200円の札が!ウーロン茶で売ってくれるか聞いてみるとOK。3杯購入して持参していた水筒へ。なんとか安心してテント場着となりました。

本日10時過ぎゆっくり出発して、大曲花火大会ツアーは無事終了しました。次回、行く時は駐車場の予約(テントで行くなら)と飲料水は多めにですね。

P.S. 2日間ともめちゃくちゃ暑かったです。熱中症対策は必須です。

P.S.のP.S. 大会結果で出てましたね。優勝(内閣総理大臣賞)がわび・さびの山内煙火店の日本の花~侘寂~。創造花火の準優勝がこれまた正反対にカラフルだった斎木煙火店の聖礼花~パステルカラーの軌跡~でした。どちらも素晴らしい作品でした! 

近藤房之助コンサート

24日は大館市で行われた近藤房之助のライブへ長男と行ってきました。

コンサートといっても50名位の小さなBARが会場。ほんと目の前で一流ミュージシャンのライブが聞けるので最高です。

2年前の時とメンバーが違いますので、演奏もまた変わって感動しました!

キーボード、パーカッション、サックス、ボーカルandギターの4人編成。

どのメンバーも最高にかっこよかったが、パーカッション、マジ凄かった・・・。

アルコールもまわって上機嫌で帰宅となりました(笑)。

Imgp8445

長男の部屋には早速ライブのポスターが、メッシの隣に張ってありました(笑)

2012年8月24日 (金)

カヤックフィッシング 7浮き目 ~サーフから~

本日はAM4時45分起床(予定より45分寝坊(笑))で能代方面へ。

以前行ったことのあるサーフから出艇です。

サーフからは初めてです。

現場に着くと、サーフィンで波乗りしている人達が・・(汗)。

波打ち際の波が予想以上にあり、まずは荷物を積まずに出艇できるか試すと、なんとかなりそう。今回は単独なので慎重に出艇です。

狙いは、マゴチ、ヒラメといったところでしょうか。ワームも準備して望みました。

しかし、結構なうねりがあり昨日の岩木山登山の疲れが残っているのか、少々船酔い(汗)

あまり沖に出ず近場でのんびりと竿だしするも、やはりそんなに甘くはありませんでした。

結局、正体不明のワンバイトと、ダツのワンバイト(笑)でAM11時過ぎ終了。

P8240985

終了時は波もおさまり無事上陸。

波があると、サーフは出艇前後がちょっと大変かなという感じでした。

しかし日差しはまだまだ強烈。約4時間でこんな感じ(笑)

P8240995


足首がヒリヒリして痛いです。

さてさて、これから大館でおこなわれる近藤房之助コンサートに行ってきます!

そして終了後、そのままテントを積んで大曲花火に出発です!!(笑)

2012年8月23日 (木)

懐かしの岩木山へ

昨日から夏休みをもらっています。

どこに釣りに行こうかな~と悩んでいると、子供達から夏休み最後の思い出のどっか連れてって~という声が・・・。海いきたい、山いきたいなど。

ならば岩木山登るか? のひと言で即決定。

天気予報をみると確実なチャンスは昨日のみ。

長男(中一)とそのサッカー仲間5人、次男(小5)とそのサッカー仲間2人、計7人を連れての登山となりました(汗)

登るからには、1合目から登らないと岩木山の良さは分かりません。ただし、皆サッカーで鍛えているとはいえ山はほぼ未経験。コースは初心者コースの岳コースにしました。とはいってもそれなりの危険がありますので、少々緊張して7:20分登山開始です。

Imgp8247

途中のブナ林で休憩。

Imgp8250

この時点ではまだまだ余裕。いいペースですすみます。

Imgp8254

大学時代は、岳コースというと他のコースからの下山用、または新人山行の定番コースという感じでしたが、10数年振りに歩いてみると、いいコースですね。

Imgp8259

しかし、八合目直下の急登に入ると、一気に弱音が出はじめ、リフトにのる~(笑)、もうダメ~、え~あの上に登るの~とか。基本は無視です(笑)

Imgp8269

そして9:10、8合目に着くと視界一気に開け大きな歓声が!

Imgp8273_2

実は、スカイラインでここまで車でこれるんですが、やっぱり苦労して歩いてみる景色は全然違いますからね。

予定より早めに着いたのでここでゆっくりと30分休憩。9:40分発。もちろんリフトには乗りません。

8合目直下でのペースがやや早すぎてバテた事を反省して、ここからはゆっくりペースに変更。

9合目の鳳鳴小屋10:35着(ちなみに大館鳳鳴高校山岳部の遭難事件後にOBによって建てられた小屋との事です)。

そして、ここからが今回の登山の核心部。がれ場の急登です。

Imgp8294

十分に注意事項を説明して10:50発。

そして、全員無事に11:15頂上到着!

Imgp8298

たっぷり休憩時間込みの4時間での登頂でした。(ほぼ計画通り)

やっぱり岩木山からの景色は格別ですね~。

2012082212090000

そしてやっぱり昼はラーメンでしょう(笑)

Imgp8302

つくっている時にしゃがんでいたら足が何回も攣ったのは内緒です(笑)

美味しいですか~。

Imgp8306


下界は気温30度超え?、頂上はそよ風涼しく気持ちよかった~。私は昼寝もしてしまいました。1時間30分、たっぷり休んで12:45発

下りがもっとも危険なので、再度声がけ。特に、一人一人に間隔をあけてゆっくり歩くよう話ました。

そして無事9合目到着。次男とその友達がリフトに乗ってみたい~と言うので、二人はリフトで8合目へ。後の中一軍団にリフト乗りたい人~と声をかけると『し~ん』。あれだけリフト、リフトと騒いでいたのに。それなりにプライドがあるようです(笑)。

8合目、13:40着。どうしてもダメな場合はスカイラインで妻に迎えに来てもらう予定でしたが、なんとかこのまま歩いて下山できそう。こんなに元気に遊んでますから(笑)

Imgp8321

最後のはっぱをかけて8合目14:15発。

そして16:00無事下山となりました。

Imgp8328

約9時間行動ですから、みんな疲れたかな?

私は膝が少し痛くなって、ふくらはぎ筋肉痛です(笑)。

そして、夜は百沢のコテージに宿泊。



Imgp8333


夜は近くの駐車場で星観察。天の川、きれいにみえてました。

いい思い出になってくれたかな~。

Imgp8341_2

ありがとう岩木山。

Imgp8352_2

2012年8月20日 (月)

カヤックフィッシング 6浮き目 ~再上艇訓練~

あれ~




P8190977_copy


カヤック、沈しました。

訓練ですけど(笑)

19日は、購入元、カヤックフィッシング仲間と、再上艇の訓練をしてきました。

DVDでは、ひっくり返って裏返しになったカヤックを、まずは戻して這い上がるように再上艇。慌てなければさえ比較的簡単に再上艇できるかな~、と軽く思っていましたが、これが思いの他難しかったです。

まずは、裏返しになったカヤックをもとに戻すのがなかなかうまくいかない。一番の問題はつかむ所がないとひっかり返すのも、這い上がるのも大変。

結果、ひっくり返す場合、前方または後方のトグル(取っ手)を持って戻すのが一番でした。

こんな感じで、

P8190974_copy


よいしょっと

P8190970_copy

そして、ずりずり這い上がる

P8190971_copy

いや~、練習はするもんですね。後半は大分スムーズに再上艇できるようになりました。

ただ、これはフィッシング・ニモ 2+1 の方法。カヤックによって、大分性格が違うようなんので、あくまでも参考で。是非練習することをお勧めします。

さて、この練習後、前回米代でご一緒させて頂いたメバマニさんと出艇しようとしたところ、いきなりの沈・・・(陸にいる人に挨拶しようと、二人で同じ方向に体を向けたのが原因)。なんとか体制を立て直し、再出艇するも予想以上の風、波。また、先程の沈の衝撃で魚探の振動子が外れてしまったようで水深が不明。

実はこの日、自宅から出発してしばらく走っていたら、ハンドルを切ると、カタカタと嫌な異音。これはヤバイと思い、引き返してディーラーへ。調べたところ、なんとタイヤのナットが緩んでいました。危ない・・・(大汗)

そんなトラブルから始まった1日。なんとなく嫌の予感もしたので、ルアーを数投なげたところで、引き返すことに決定。そんな時、午前中で釣りを終えて帰る仲間が、道路から手を振っています。結局、そのまま出艇場所と全然違う場所から上陸して、車のピストン輸送をお願いして、回収する事にしました。

今回の目的は、釣りすることよりも訓練、なんとかその目標を達成することができましたが、とにかく何事もなく終了してほっと一息。いろいろ勉強になった一日でした。

PS 沈した時、カヤックの流される速さ、ライジャケで浮いている時の泳ぐ速さの遅さ、が分かりました。まず、離されたらカヤックに追いつくことは不可能でしょう。と言う事で、カヤックと自分をつなぐリーシュコードを注文しました。短すぎると絡まって危険ですので、いろいろネットで調べて、サーフィン用を注文してみました。そのうち、また練習してみたいと思います。

2012年8月19日 (日)

ダッチオーブンいいな~

昨日は、シーバス、鮎も持ちこんでのバーベキュー。

子供多数の大人数で、BQ、水遊び、じゃがいも芋掘り、花火と楽しく過ごしました。あちこち動いていたら写真年忘れました(笑)。

その場でとったじゃがいもをアルミで包んで持ってきてもらったダッチオーブンへ! いや~旨かったな~。ダッチオーブン買うぞ!(笑)

2012年8月18日 (土)

新パターン習得ならず・・・

前回のリベンジ&明日のバーベキューの食材確保の為、夜出撃してきました。

軽い増水からの減水で条件はまずまずか。

釣り開始から10分位、ジップベイツZBLシステムミノー139Fのドリフトでサクッっとゲット。

P8170961


サイズはもしかしたらいった?、と思いましたが75cmでした。

更に釣り再開からまもなく、やはりフローティングミノーのドリフトでゲット。

P8170964

サイズは60cm位で、ヒットルアーは、久しぶりのK2F122

いずれも大きめのルアーで連続ヒット、活性は高いのか?

しかし、その後は沈黙。

よしよし、これからが本番!前回のリベンジタイムに突入だ!!

と言う事で、新しく購入したシンペンを中心に、あれやこれやと試すもバイトなし・・・。

途中ピース100でヒットするもファイト中のエラアライでフックアウト。

結局、2ゲット1バラシで終了。

ん~、食材確保の目標は達成できたが、新パターン習得とはならず。

難しい・・・、でもなんだか楽しいな~(笑)。

2012年8月16日 (木)

嶽きみ

12日の赤石川の帰り、岩木山の岳付近を通ったので、これから旬を迎える嶽きみを買ってきました。

嶽きみ、ほんとに美味しくて毎年楽しみにしています。秘密のケンミンショーでも紹介された?らしく、年々ブランド化しているような感じがします。

Imgp8235


あれ?、右側の不揃いなとうもろこしは?

我が家でとれた、朝採りとうもろこしです(笑)

見た目は・・・ですが、いやいやなめてはいけません。これが結構甘くて美味しかった。

もちろんプロにはかないませんが

Imgp8227

ちなみに、11日私が見つけた露店は1件のみ(準備中?の露店はありましたが、まだ開いていない?、夕方で時間が遅かった?)。店の人に話を聞くと、今年は収穫が10日以上遅いとか。春先の雪の多さと、雨の少なさが影響しているとの事でした。

これからいよいよ本格化する嶽きみ、ちょっと高いお金を出して食べる価値は十分あると思いますので、機会があったら是非食べてみて下さい。

完封負け

14日、仕事終了後にちょこっとシーバスに出撃。

目的地に着くと以前何回かご一緒させて頂いた事のある凄腕アングラー、メバマニさん らしい車を発見。

先行者の車がある時は、だいたい違うポイントに行くのですが、知人と言う事でご一緒させて頂きました。

釣り下っていくと、下流で良いサイズのエラアライ音、早速見に行くと、やはりメバマニさんでした。しかし、残念ながらバラシ。せっかく物持ち写真を撮ろうと思ったのに(笑)

話を伺うと、なかなか渋い様子。ん~、メバマニさんが渋いというのだから、これは厳しいか・・・。

その後、下流側の私のいつものヒットポイントに入らせて頂くもやはり反応がない。

しかし、星空が素晴らしく綺麗であった。前日からの雨で空気が澄み渡っていた為か。流れ星も見えましたよ。

そんな中、やっぱり凄腕アングラー、ヒットパターンを見つけだし私の上下で、連続でバシャバシャ(笑)。ファイト音から、かなりの良型がヒットしているのも分かりましたが、そちらは残念ながらバラシ。それでも3キャッチかな?

私はパーフェクトボーズ(笑) 腕の違いですね。

しかし、今回はいろいろ勉強になりました。ボイル音もほとんどなく、これだけ私のルアーに反応ないのに、パターンがはまるとあんなにもヒットするシーバス。やっぱり奥が深いですね。

またシーバス釣りの楽しみを知ったような気がします。

2012年8月12日 (日)

ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群、本日が極大みたいですね。

私は昨夜、外にマットを広げて皆で横になり、虫の声を聞きながら観察してきました。

大館はちょっと町を外れれば満点の星空。天の川もよく見えます。

流れ星、ひっきりなしとはいきませんが、よく見えましたよ。

家族も今までで一番多く流れ星をみたようです。

そして圧巻は、皆から歓声が上がった、まさに隕石が燃えている!という感じで流れた流れ星。

このペルセウス座流星群、後を引くような明るい流星が多いのが特徴のようです。

皆さんもチャンスがあったら是非。

鮎釣り2回目、再び赤石川へ

昨日11日、今シーズン2回目の鮎釣り、またまた赤石川へ行ってきました。

ホーム河川も考えたのですが、腰痛がまだ芳しくなくあの急斜面を上り下りするのはちょっと危険、またアブも大分出始めたようで、前回に続いて赤石川へ決めました。

4時起床セットするも前回に続いて寝坊して5時半出発。

とい訳で釣り開始は8時過ぎ。

現場に着くと、あれ?人が少ないな~。いつもの『熊の湯』で囮鮎を買いながらご主人をお話すると昨夜結構な雨が降ったと・・・。川をみるとなんか濁ってます。

ありゃ~、やっちゃったかな~。

とりあえず上流部で濁りの中竿を出すも全く気配なし。とい訳で開始30分で下流方面へ場所移動。

すると下流方面は濁りが薄く十分できそう。最初からちゃんと川を見て場所を決めないとね~、ま、いつもの事ですが(笑)。

しかし、時すでに遅しで、入ったことのあるポイントはすべて人、人。

とりあえず開いているポイントに入渓。赤石川は川沿いに道が通っているので、気軽にエントリーできるのも魅力に一つでしょうか。

そんな感じで入った2ヶ所目。

最初の当たりで、なんとハリス切れ(泣)。これは今日はダメダメdayかも・・・。

予想通り、その後続くかず12時半までで、囮込みの9匹。

まあ、あせってもしょうがない。天気はいいので、川に浸りながら、弁当をゆっくり食べ再度上流方面へ場所移動です。

これが正解?、午後から水温があがって活性があがった??、濁りもだいぶとれていました。

飽きない程度ポツポツと掛りはじめ、途中、調子にのって背がかり写真に挑戦、

P8110947

当然、この後は囮が弱って循環不全に(笑)。

ついでにヤマメの背がかり(笑)

P8110944

渓流相の赤石川、囮がスルスルと上っていて、目指す石の脇の流れに入った時に、目印がユラユラと震え、振動が手元に伝わり、掛った鮎がギラギラっと走るのが見える、いいですね~(笑)。 

シーバスもそうですが、鮎釣りはそれぞれのスタイルで楽しめるのがいいところかな? 数狙い、型狙い、本流好き、支流小河川好き、とにかくのんびり川に浸かりたい、美味しい鮎を追い求める、などなど。あ、まだ本流、型狙いはほとんど未経験ですけど(笑)

結局5時過ぎまで頑張って囮込み32匹で終了。

P8110952_4

型は小さいものの、私にとってはよい釣りができました~。

PS 写真みていたら冷たい川にまた浸りたくなりました(笑)

2012年8月 9日 (木)

次男の絵シリーズ 猫編つづき

親バカ次男の絵シリーズ

前回紹介した猫の絵、以前に書いた作品もあったので追加です。

『じゃまされたねこ』 2008年作品

_copy

『さかなをたべるねこ』 2009年作品

Imgp1824

『スクーターにのったねこ』 2010年作品

Imgp4453_copy

成長が垣間見れるかな。

2012年8月 8日 (水)

にんにくホイル焼き

先日収穫したにんにく。

オリーブオイルに浸したホイル焼きでホクホク、まいう~(笑)

Imgp8215

2012年8月 7日 (火)

カヤックフィッシング 5浮目 ~リベンジ成功~

5日日曜日、シーバスを狙って長男と浮いてきました。

長男は、初戦ボーズ、第2戦はニゴイ×2、第3戦に3度目の正直といきたいところです。

朝6時過ぎ出廷。

P8050932_copy


浮き始めは霧が少しかかってましたが、徐々に青空が出始め、まさに真夏のカヤックフィッシンング、足を水に浸けながら釣りしてました。

まずは最初の一本は私がゲット。

P8050941_copy

二人だと物持ち写真が撮れます(笑)

さあ、後は長男のリベンジあるのみ。

途中、私は竿を振らずに後ろからカヤックの向きを操作して、長男の投げやす方向にポイントを持っていく作戦に。これは、タンデム艇(二人乗り)ならではの作戦ですね。

そしてコウメ70で待望のシーバスヒット!

ニゴイにはなかった鋭い突っ込みとエラアライを堪能して、無事ランディング。

P8050937_copy

いや~、なんとかミッション成功。お互い嬉しいやらほっとするやら。

たぶん共にプレッシャーがかかっていたと思いますので(笑)

その後、私はシーバス一匹追加、長男は良型カープとこんな極小ウグイ×2(笑)

P8050942_copy

をゲットしたところで、暑さと風が吹きはじめ、AM11頃終了となりました。

なかなか渋い状況の中、ワンチャンスをものにできて良かったな~。

2012年8月 5日 (日)

太陽の恵み

当直明けの土曜日、午後から鮎釣りに行けそうでしたが、送迎、畑、明日のカヤックフィッシングの準備など、あまりに慌ただしくなりそうなので諦めました。この状況で行くと竿を折りそうだったので(笑)

そして気になっていた畑。

あまりにボウボウとなった雑草を気休め程度に草刈りして収穫してきました。

1週間に1回程度しか見に行かないのでまとめ取りです(笑)

Imgp8195

真っ赤に育った大玉トマト。

Imgp8169

長女が好きなミニトマト。

Imgp8172_4

そして念願の採れたてトマトのかぶりつき(笑)

Imgp8179

(ちょっとぼやけてしました)

汗かいたあとのトマト、うま~、太陽の味がします。

ただ、あまりに暑く、トマトはホットトマトとのようでした(笑)。

そしてニンニクも掘り出し、小さいながらもなんとか収穫。

Imgp8177

これでしばらくニンニクには困らないかも。というか、ニンニク焼いて食べたいな~(笑)

2012年8月 2日 (木)

60アップの(笑)

そろそろランカーを釣りたいな~と、本日出撃。

ここ最近の実績場所で釣り開始。

といってもせっかくなので、いつものピン以外で釣りたいと、上流側から丁寧に釣り下りました。

月明かりが明るく、これでトップで釣れたら!と、アイマポッキーでピックアップ直前に、ボシュ! でも、のらず・・・。びっくりさせるな~。

しかし、その後は反応なく、結局いつものピンへ。

ランカー狙いで大きめのルアーを投げるも、反応なし。これまた結局、前回爆釣時に使用したサイレントアサシン99Fに変更してドリフト、そして数投でヒット。

やっぱり重量感がないも、エラアライ、突っ込みは楽しい70ジャストのシーバス君でした。

今年は同じ位のサイズが多いな~。

P8010924

サイレントアサシン、よく飛ぶので最近よく使用するのですが、耐久力が?。リップがよく折れるような気がしますが、どうでしょうかね??。今回も再度投げようとしたら、リップが折れてました。これで昨年秋から4個目位かな~。

その後、ピース100のドリフトで再度ヒットするも、こちらはあえなくフックアウト。

結局、シーバスは2ヒット1ゲットでした。

そして、最後にドラマが(笑)

前回ヒットルアーのロウディー130Fに再びバイト!

しかしエラアライがない、なんかやたらグルングルンする・・・。

そしてあがってきたのは、60アップの

P8020925

良型のナマズトラウト(笑)。サクラマス顔負けのローリングで、ラインがグルグル巻きに・・・。これで強制終了となりました(笑)。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »