フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

次男の絵シリーズ

久しぶりに次男の絵シリーズ。

親バカですいません(笑)

昨年書いた猫の絵シリーズです。

題名「おはよう」

_copy

題名「ごろにゃ~ん」

_copy_2


相変わらず色彩感覚は真似できません。

2012年7月29日 (日)

2012年 鮎初釣り

暑い・・・、只今我が家の温度計は30度越え(PM 22:30)の熱帯夜。

いよいよ夏本番と言ったところでしょうか。

こんな時は水に浸かっているのが一番。

と言う訳で、カヤックと鮎釣りをかなり迷った挙句、今シーズン初の鮎釣りに行ってきました。カヤックのシーズンはまだまだですが、鮎はもう1ヶ月で終了ですからね。

河川は不調の声があちこちで聞かれるホーム河川から、いきなり浮気して青森県赤石川へ(笑)

清流赤石川。白神山地は私の学生生活で最も思い入れがあった場所。その白神山地から流れでる赤石川も大好きな川で、特に源流には沢山の思い出があります。

また、私に鮎を教えてくれた今はなき師匠も赤石川が大好きでした。亡くなる直前まで赤石川に通っていたとか。

鮎も金鮎と呼ばれ、その美味しさは一級品です。

そんな訳で、さあ明日は一日中鮎釣りだ!と意気込んで寝たのですが、いきなり寝坊(笑)。

予定より1時間半遅れて9時過ぎ現地入りです。

どこも人でいっぱいですね~。

適当に空いている場所へエントリー。この時点で川見もちゃんとしないところが上達しない理由の一つなのですが(汗)。まあ、食べれる分が釣れてくれれば満足かな。今日の目標はツ抜けの10匹。

まずは泳がせ河川というイメージなので、フロロで釣り開始。すると比較的スムーズに今シーズン初鮎をゲット!

 P7290898

サイズは小さいですけど、追星クッキリのいい鮎でした。

その後比較的流れの緩やかな場所で数匹ゲットして、下流の瀬に突入。

するとこんな瀬から

P7290904_2


ガツーン!堪りませんね~。型も少しよくなります。

しかし、私の腕でこういう場所をやっていると、あっという間に囮が弱り、循環不全に突入。

それでもこんな景色の中、川に浸っているだけ気持ちがよい!

P7290906

とは思いつつも、釣れないとどんどん囮が弱っていきやっぱりイライラ(笑)

いつも思うのですが、鮎釣りは自分のマインドコントロールが大事だな~。イライラするとすべてマイナス方向へ。釣れなくても冷静に対処しているとかならずリズムがあがってくる気がします。修行、修行ですね(笑)。

そして夕方のゴールデンタイムを迎えるべく場所移動。

移動先で、あれ、腕時計がない、使おうとしたフロロの仕掛けがない・・・。

慌てて元の場所を見に行くが発見できず。

ま、仕方がないと気持ちを切り替え、釣り再開。

なんとかポツポツと数を稼ぎ、最後を飾る良型の鮎を求めて核心部の瀬に突入。ここで、思い通りなんとか良型を2匹追加(といっても20cm弱です(笑))。

最後は仕掛けを対岸の木に引っかけ終了~(笑)

今日の成果は、囮込みの23匹でした。ただ、途中引き舟のフタが開いてしまうトラブルがあり、数匹逃げたので、+αと言ったところでしょうか。

P7290910

相変わらずへたっびですが、まずまず楽しい鮎釣りでした。

そうそう、その後諦めきれず、帰り際に再度時計を探しに行ったら、ありました! 腕時計と仕掛け巻き。これで一気に幸せな気分になり帰宅となりました(笑)。

PS 熊の湯方面に向かって走っている時の景色が大好きです。あの左右から山が迫ってくる感じがなんとも言えないんですよね。

P7290920

駅伝

28日土曜日

次男の駅伝大会を応援してきました。

大会は鹿角で催された浅利純子杯

小学生女子のスターターは浅利純子さんでした。

Imgp8132

しかし、暑かった・・・。

大会中既に30度越え。
Imgp8138

そんな暑さに負けず皆一所懸命に走ってました!

決して早い訳でない次男、それでも走り終わった後、『走った後は気持ちいい!』と。
走ることが好きなみたいです。
それが一番ですね。

2012年7月27日 (金)

アンパイのはずが(笑)

初ポイントでのシーバスを求めてちょこちょこと出撃。

近場なので1-2時間を目途に軽く出撃できるのが嬉しい。

しかし、見事に3連敗。ちょっと気持ちが凹んだので、シーバスがいる事を確認するため、実績ポイントにエントリー。

子供のサッカー送迎を終え、1時間でサクッっと釣って帰る予定。

しかし、アンパイのはずがそうは甘くありませんでした。

核心部からダイレクトに流し初めて2時間、あたりなし。

ここは実績ポイントといっても私は3回目。1回目、2回目と水量の影響か?微妙にヒットポイントがずれていました。今回も、あきらめかけた流し終わりで突然の2ヒット。

これが、時合いなのか、本日のシーバスのつき場の問題なのか?

1ヒット目は、かなりの重量感。根掛りのようなバイトから、エラアライをしないゆっくりしたファイト。これはいいかも!と思った瞬間フックアウト・・・。残念。フックが伸びていたので、掛りどころが悪かったのでしょう。

気を取り直し、話題の?ロウディー130Fにチェンジして数投目、再度ヒット。

これも、なかなかの引き!もしかして、ランカー?、少なくとも70アップはあるでしょう~、と慎重にファイトして、あがってきたのは70㎝を切る67cmのシーバス君。

P7270891

よく引いたので騙されました(笑)

ここで0時のゴングが鳴りタイムアップ。

しかし、たった100m前後の距離でも、その日の条件によってヒットポイントは結構変わるんですね。勉強になりました。

まあ、いつものように、このまま7月下旬の不調から、そのまま難攻不落の落ち鮎パターンに移行してシーズン終了・・・、なんて思い始めた時のヒットだったので、まずは良しとしましょう。これで、またボーズ更新に耐えらるかな(笑)

2012年7月25日 (水)

クマノミ産卵

我が家のクマノミが産卵しました。

ブツブツが苦手な人はご遠慮下さい(笑)

ちなみに私はちょっと苦手かも・・・。

P7230864

近づいたヤドカリを執拗に威嚇する♂のクマノミ(小さい方)

奥の岩に卵があります。

卵を守ろうと一生懸命です。

ただ、これを繁殖させるのはちょっと難しいようです・・・。

2012年7月24日 (火)

開拓は一日にしてならず(笑)

22日日曜日、キャンプから帰ってきて夕方ちょこっと近場に出撃。

一ヶ所目、以前サクラでよく通った場所、この時期は藪がひどい・・。ここに夜来るのはちょっと無理だな~。

2ヶ所目、その下流に立ちこむルートを発見。アプローチが容易だが、ちょっと流れが弱いかな~。しかし、ベイトっ気はあり。まるでなにかに追われているようなベイトの跳ねが数度あり、期待感を持ちますが、バイトなし。大型魚のボイルもなく、ん~ダメか。もう一度暗くなってから来てみようと、その日は明るいうちに終了。

本日、その場所へ暗くなった時間に出撃。

しかし、シーバスっ気なし。蝙蝠多数で、糸にバンバン当たります(笑)。手前のラインにベイトがライズする場面もあり、ベイトはそれなりにいるようです・・・。でも、やっぱり流れが弱いかな~。オープンスペースで地形の変化もあまりないし。

この2回で釣れないポイントとして結論をだしてよいのか。釣れなかった原因は、地形変化のなさか、流れの強さなのか、ベイトの数か、この間の大増水の影響か、時期的な問題なのか、時間(今回はPM9時頃)の問題か、もう一度トライしてみる価値はあるのか、それとも見切るべきポイントなのか。

開拓は一日にしてならずですね(笑)

PS 開拓なんてかっこいい言葉使ってますが、私が釣ったことない、あるいは前情報がほとんどない場所での釣果を求めて!という意味ですので、皆さんにとってその場所が開拓に値するかは別ですのであしからずhappy01

2012年7月22日 (日)

皆でキャンプ

金曜の朝、ちょこっとサクラ狙いで出撃。

大増水からの減水、この時期に出撃したのでは初めて。

結構冷え込んで、予想以上に水温も低く、もしかしたらと思いましたが、やっぱり何事もなく終了。でも、この水温なら釣れてもおかしくないかも。ただ、濁りが結構あり、もう半日~1日早かったかな・・・。

でも、久しぶりの朝日に輝く水面は綺麗だったな~。

P7200856

昨日土曜日は、次男のサッカー仲間家族で八森のキャンプ場へ。

土曜日は、キャンプ場下で磯遊び。

各々海を楽しんでいました。
こんな人面ガニも発見してましたよ(笑)。
P7210877

泳いで寒くなり満足したところで、釣りタイム。
といっても私は6~7人(竿は4本)の仕掛けセット、餌付け、投げる、とひたすらサポート(笑)
P7210875
3時間位?、1000円分のアオイソメ、ひたすら針につけてました(笑)。
磯なんで根がかりがしょっちゅうで、餌づけの間に仕掛け再セットも。
なんとか全員ゲットで終了(すべてアイナメの幼魚)。
皆楽しんでくれたようでなによりです。この中から釣りキチが生まれてくれるかな?
しかし、子供達、個性丸出しで面白いですね~。釣りキチの素因を持つのは彼と彼かな~(笑)

2012年7月19日 (木)

増水後

先日、廃品回収の方がみえて、慌てて廃品の電子レンジを持ち上げようとしたところ、腰に違和感。いつも無理な体勢で重いものを持ち上げないよう気をつけていたのですが・・・。その日に、買い物で長女が寝てしまい、抱っこしながら買い物でダメ押し。夕方から腰の痛みが(汗)。軽いギックリ腰でしょうか。一昨日、昨日と湿布を張って安静に努めました。幸い本日から回復傾向。いや~、もう無理はできない年になってきましたね~。

と言いつつも、本日増水から減水に転じている米代川。状況がとても気になります(笑)

ここ数年、私の7月下旬はいつも不調。さらに適度な増水後はいいですが、今回のような3m以上の大増水後には、あまりいい思いをしたことがありません。今回も厳しいかな~と思いながら本日夕方出撃です(笑)

二ツ井の水位が0.8前後、昨日の3.5m位から一気に減水。ただ0.8m前後になってから減水の勢いはやや落ちているようです。

いずれにせよ、まだ水位は高めなので、できるポイントは限られます。まずは、河川内にちゃんとシーバスが残っているか確認ということで、私の増水時の定番ポイントへレッツゴー。

手前の流芯脇に漂うベイトを捕食するシーバスをイメージして、裂波120をアップ気味に遠投せず軽く投げリーリング、潜ったところで軽くドリフト、そこでグググー、幸先良く65cm前後をゲット。

メジャーポイントですが、リセットが掛っていい感じなのかも~!と張り切るも、そう簡単にはポンポンとはいかず。

今度は、ノード130をダウンクロスに投げてドリフトしながら軽くリーリング。やっぱり手前の流芯脇あたりでゴン、これまた幅広の65cm前後のグットなリバーシーバス。

P7180852

サイズの割に重量感ある引きで楽しましてくれました。

その後、同様のパターン(sasuke105)で、やっぱり65cm前後を一匹追加。

サイズアップを狙ってもう少し粘りたかったのですが、途中からウェーダーの浸水事件発生。右足がグチョグチョ状態で、PM10時でギブアップ。リトルプレゼンツのウェーダー、6年目ですからもう買い替えかな~。よく頑張ってくれました。

と言う訳で、私でもまずまず釣果があったので、今回の増水でいいリセットになったのかもしれませんね。といいつつも例年7月下旬は苦労している私。どうなりますか・・・。

2012年7月17日 (火)

夕涼み会

夕方、あまりに美しい夕焼けに、信号待ちでパチリ。

Imgp8095

夜は幼稚園で夕涼み会でした。

Imgp8105

花火も楽しみ

Imgp8112_2

明日から連日晴れマーク、いよいよ夏本番というところですかね~。

2012年7月15日 (日)

食材

畑でとれた白菜、ニンニクの芽、キュウリ

Imgp8063


先日釣ったシーバスの洗い。

Imgp8091

清流、そして鮎を食べているから?、全く臭みなく、スズキらしからぬ繊細で透明な味、美味しい水の味がしました。家族からは今までで一番の呼び声も。

自然の恵みにあらためて感謝。

2012年7月14日 (土)

のんびりと

今日は男鹿へ。

といっても竿は持たず次男と長女と3人で男鹿水族館へ(笑)。

Imgp8065

久しぶりの水族館、のんびりと楽しんできました。

男鹿の海も綺麗でした。あそこのサラシに・・・、ここから出艇して・・・、など妄想しながら海を眺めて帰ってきました(笑)

苦労の一匹

金曜PM8時過ぎ、調子にのって前回の釣果があった場所よりさらに10㎞上流からスタート(笑)。

1ヶ所目、ちょっと浅いかな~。蝙蝠がラインにあたる感触のみ。

2ヶ所目、流れがちょっと弱いかな~。対岸に岩盤があっていいかな~と思ったのですが。

3ヶ所目、以前と流れが大分変わっているようで、暗闇での開拓は難しい。なんかおかしいと思ったら中州の上にルアー投げてました(笑)

PM11時過ぎ、前回のポイントへ到着。ん~、前回と違って渋そう・・・。

やっぱり自然は刻一刻と状況が変化しているんですね~。

核心部で、前回の同様にルアーを流し込むも、数回のショートバイト?のみ。レンジが少し深い?とフローティングミノーからサスケ裂波120へ変更。ややアップクロスに投げてリーリング。潜らせた後ピンポイントでU字ターン、なんてイメージで投げていてところ(←ほんとか!?)、AM1時頃、なんとかヒット。

遠くでいい音のエラアライ。これはまずまずのサイズかな?、ただ、重量感があまりないかな~?、かなり元気でエラアライ、突っ込みはかなり強かったですね。

そして、なんとかずり上げに成功。

P7140845

73cmのシーバス。裂波を丸のみでした。

昨日のような爆釣もいいけで、苦労してとった一匹も嬉しいものですね~。

この一匹で十分満足して終了となりました。

2012年7月12日 (木)

お腹一杯

今日は夜勤明けで、午後早あがりだったので、5時頃の明るい時間帯から米代川へエントリーしました。

日中の気温30度以上、相変わらずの超渇水です。

どうせならと、今までの最上流領域(私にとっての)でのヒットを目標に入川。
サクラで2度程エントリーしたことがありますが、シーバスを狙っての入川は初めて。対岸にはうっそうとした森を望み、今までにないシチュエーションでシーバスに挑戦となりました。

不安と期待を胸に緩やかな瀬から釣り下り。答えは早々に出ました。流芯から手前のかけあがりにさしかかったところで待望のヒット。ギラッと銀色の魚体、ニゴイではなさそう、そしてあがってきたのは、60cm程のシーバス!

P7110829

私にとっては最上流域でのヒット、嬉しかったですね~。そして下流の浅瀬ではなにやら魚を追っているような水面の炸裂がみれれ期待が高まります。

途中ニゴイを一匹あげながら(笑)、核心と思われるカーブにさしかかります。その頃丁度日没でいい雰囲気。そこには小さな流れ込みがあり、対岸に流芯をつくっています。その流芯に潜んでいるシーバスをイメージして、ルアーを流しんだところ、怒涛の連続ヒット。

P7110832

サイズは一匹が40cm台の他は、金太郎飴のように60-70cmでした。重量感はありませんが、エラアライ、走りと一番楽しめるサイズではないでしょうか。

P7110841
ヒットパターンはほぼ一緒で、投げてほぼリーリングなしでただ流芯に流し込むだけ。いきなりひったくるようにルアーを持っていきました。よほど食いがたっているのか、フッキングもよくバラシは1回のみ。今回は、魚がいるか不明だったので、感度重視でPEを使っていました。その中での、遠くでのバイト、ヒット、ファイト、取り込みと、かなり楽しめました。
流れがゆるくなる区間まで一流しで、9ゲット。もう一度、最初の流れ込みに戻ると、すぐに2ゲット。と言う訳でそのまま釣り下れば更に追加できそうでしたが、夕食も食べておらず、夜勤明けで寝不足より、もう十分とPM10時過ぎ終了としました。結局、12ヒット11ゲット。私にとっては新記録、初めてのシーバス入れ食いといった状況でした!

ちなみに、ヒットルアーは、モアブ120F鮎カラー、タイドスリムミノー120 1091遠州キス、サイレントアサシン99Fオチアユカラーで、鮎っぽいカラーを投げてましたよ。

たまにはいいことがあるもんですね。これがあるから釣りは止められない(笑)

2012年7月 8日 (日)

カヤックフィッシング 4浮目 ~リベンジならず~

本日はシーバス狙いで長男と出艇です。

AM6時頃漕ぎ始め。

開始間もなく幸先良くファリーナでチーバスゲット。

P7080821

これはいけるか!と思うもその後が続かず。バイトは結構あるんですが、バイブレーションを使用したためかなかなかフックアップしてくれませんでした。

今回は初めてのポイント。陸からみると一見同じような流れでも、左岸と右岸で水深が2-3mは違うんですね。

そして、長男にも待望のヒット!

と思ったらあがってきたのは

ニゴイでした・・・。

結局、終了間際に60cm弱の大きなニゴイをもう一匹あげて終了。リベンジならず。途中シーバスもヒットする場面もあったのですが、残念ながらシーバスゲットは次回に持ち越しですね。シーバスの難しさを分かってくれたかな。これで、私が釣って帰った時の尊敬の目がかわるでしょう(笑)

しかし、途中船の上で何度もコクリコクリ。竿を落とすなよ~と何度も注意してました(笑)

そんな中、簡単に2桁を突破している仲間も・・・。やっぱりシーバスは奥が深いです。長男も周囲でボコボコあがる光景をみて『すげ~』と。結局、私は3匹持ち帰りで終了となりました。

そう言えば、途中、突如始まった360度のボイルショー。ところが全然ヒットしないので、70mmのトラウトミノーを投げてほっとけメソッド。するとこれでワンゲットできました。長男にそのルアーをつけて同様の支持をすると、すぐにヒット。しかし一瞬でフックアウト。よし、このパターンでいくぞ!と思った矢先、大型船が近くを通って、ボイルは沈んでしまいました。残念。次回同様の事が起きたら試してみたいと思います。

PS 今回は、漬物石によるアンカー投入。なのであまり流されず、移動距離もほんの少し。何だか漕ぎ足りないな~(笑)

2012年7月 7日 (土)

ちょっと増水

またまた米代シーバスへ。

弘前で竜巻被害、大館でも一時雷を伴って激しく雨が降りましたが、乾いた大地に吸収されて大した増水にはならず。

それでも状況は変わったでしょうか。

それを確かめる為にいつもの定番ポイントへと思ったのですが、ずっと気になっていたポイントがあったのでそちらへ直行。

ホタル飛ぶ中、藪をかき分け川へ降り立つ。想像していたより少し水が多い印象。濁りも入っています。

雰囲気はいい感じでしたが、残念ながらバイトなし。シーバスにはちょっと浅いかな~。上流にあるトロに入りたいんだけど、暗闇でルートが不明。後日、明るい時にリベンジですね。

そして定番お気楽ポイントへ移動。人がいるんだろうな~と思ったが誰もいない。

もう誰かが叩いた後のなのだろうか?

ここで23時過ぎに待望の一匹目。

P7060816

これまた定番のTKLM9/11鮎カラーのドリフトで56cm。

進歩ないです、ハイ。

明日は土曜日、ということでいつもよりちょっと延長。

一通り流し終わって、再度ヒットポイントへラブラ100Fを流し込むと、同様にヒット。

P7070818

ヒットタイムはAM2時5分。サイズは50cm位かな。

これにて終了。

相変わらず増水後しか釣れない私、今日の条件ならどっかで爆釣しているんだろうな(笑)

2012年7月 5日 (木)

プチ艤装

カヤックをプチ艤装

まずは前後(バウとスターン)にしかなかったラバーハンドルを中央に装着。

Imgp8035

一人で持ち運びする時に助かります。

それからクーラーを固定するバンジーコードを装着。

Imgp8038


既存のアイレット4つにアイレット4つを追加して4ヶ所にコードを設置しました。

これで、一人乗り、二人乗り、どちらでもクーラーを固定することができます。

固定の仕方は、クーラーにフックを設置しバンジーコートを引っかけるだけ。

Imgp8043

これで結構固定されます。沈した場合は怪しいかな?、そのうちこの状態で沈の練習をしないとダメですね。

漁探は、ハッチの蓋にレイルブレイザ社のスターポートを取り付けました。漁探を同社のプラットフォームに固定して、取り付けたスターポートに設置。

Imgp8046


これで、一人乗り、二人乗り、いずれも場合でも好きな場所に漁探を設置できます。

P6100742

後は、一人乗り時に取り付けるダッシュボートを製作中です。

楽しいな~(笑)

2012年7月 4日 (水)

満月の下でホタル観察

今日は満月の下で

Imgp8023

ホタル鑑賞です。

Imgp8017_1

今日は結構な数が舞っていました。

今年も皆でホタル鑑賞できた事に感謝です。

月明かり

昨日は超渇水のクリアウォーターに満月の月明かり。

厳しい事は分かっていましたが出撃。

P7040797

結果ワンバイトで撃沈。

ま、この状況でも釣っている人はいる訳で腕の問題ですね。

今年は釣れなくても少し粘って通ってみようかな。

2012年7月 1日 (日)

畑仕事

今日は釣りに行けないので畑で土いじり。

もうキュウリが立派になっていました。

Imgp7978

去年とれすぎて困ったので、今年は4株のみ植えたのですが、一気に5本収穫。2本はやっぱり大きくなりすぎ(笑)

にんにくのつぼみもようやく出てきていました。もう少ししたらニンニクの芽を収穫したいと思います。
Imgp7982
しかし、にんにくを植える時、安くて小粒のものとちょっと高くて大きい2種類でした。

小粒の方が早く土から顔を出したのですが、現在は大きいのはしっかり太い茎、小粒の方は細くて、雑草とったらすぐにへなっと曲がってしまいました。やっぱり遺伝情報が受けつがれるんですね~。

ジャガイモも種イモそのものから植えたからか、出芽した状態で購入した昨年より元気。(昨年は気付いたら種イモが売りきれ、ポット栽培のジャガイモのみだったので)

ジャガイモの花も咲いています。

Imgp7985


どれがばれいしょで、どれがメークインやきたあかりなのか分からなくなってしまいました(笑)

Imgp7988

トウモロコシも順調に育っています。

Imgp7994

実をカラスにやられたという知人から聞いたので、ちょっと心配。本日も頭上でカアカアとやってました(笑)

トマトももう少しでかぶりつけるか?

Imgp7996

ただ大玉トマトにアブラムシ?のような虫がついていたのがちょっと心配。

虫食いたっぷりの白菜もそろそろ収穫??

Imgp8000

これは、早起きしてたまに畑をみにいかないと、収穫時期を逸してしまいそうですね。

祝鮎解禁

2012年祝鮎解禁

といっても今年は遡上がかなり遅い(数も少ない??)との噂なので、ゆっくりスタートです。

某支流の近くを通ったので、ちらっと覗いてきましたが釣り人は数人。

キラキラ輝く鮎をみつけることはできず。

Imgp8001

ちょっと寂しい解禁となってしまいましたね。

数が少なければ、大型が期待できるかな。

アカシジミ大発生

リンクさせて頂いている青森の蝶たち の仲間からお誘い頂いて、アカシジミの大発生を観察してきました。

私は全くの素人なんですが、このアカシジミ、普段はプロが一日かかっても5匹位みれるかみれないかという珍しい(見つけづらい?)蝶との事。

それが局所的に大発生しており、その世界ではかなりの注目度のようです。昨日、全国ニュースでも流れるとの話も聞きましたので、もしかしたらご存じの方もいるかもしれません。

夕方に飛翔するとのことで、PM6時頃現地着。

車を降り、陽の光が弱くなった淡い青空に伸びる木々を見上げると、まさに圧巻。

Imgp7872


自然の脅威。

Imgp7870

この迫力は実際を伝えるのは難しいですね。(是非写真はリンク先をご覧ください)

単体でみるととても綺麗で可愛いお顔をしています。

Imgp7913

子供達の目にも、強烈な印象を残したことでしょう。

Imgp7948_2

しかし、あれだけ飛んでいた蝶たちも、陽が沈むと徐々にその勢いをうしなっていきました。

Imgp7923

まさにピークを観察でき、改めて誘って頂いた仲間に感謝です。

PS ちなみに飛んでいるのはほぼ♂とのこと。最後まで飛んでいるのは、あぶれた♂だそうです(笑)

カヤックフィッシング 3浮目 ~魚群リーチでマゴチゲット~

AM4時半頃出発でAM7時頃現着。

午後から仕事がありスーツとカヤックを積んで出発です(笑)

暑くなるという予報に反して、朝は霧がでてちょっと肌寒かったですね。(まだウェットスーツでいけました)

先に出撃している仲間を追って、クラゲ観察希望の次男と出航。

次男も乗っているので、比較的近場の水深8-15m前後の浅場で勝負。

魚群探知機にはベイトと思われる層が頻繁に出てきます。まさに魚群リーチでその度にアドレナリンが放出されます(笑)

そして、そのリーチ直後にまずは45cmの太っちょアイナメをゲット。

P6300786_copy_4

鯛がだめでも根魚が釣れてくれればいいな~と思っていたので、結構嬉しかったりします。

そして、この時喰いが立ったのか次男にもヒットしてダブルヒット状態。水面にあがってきたのはチャリコ(小鯛)。しかしラインを巻きすぎて水面でバチャバチャ⇒水の中にきえていきました(泣)

浅場なのでバイブレーションで遊んでアイナメゲット。

P6300790_3

こちらは小さかったのでリリース。

さらに5-6m位の層にベイト反応。その上につく真鯛をイメージしてジグをキャストしてカウント5秒で巻き始めると、思い通りにヒット!

これは鯛かな?とあがってきたのは予想通り50㎝-60㎝のいい真鯛。

無事ランディグして、ルアーを外し、写真をとろうとフィッシュグリップでつかもうとしたら、なんと網から脱走~(大泣)。これがこの日唯一のランディングした鯛となってしまいました・・・。

その後、クラゲを探して下を向きすぎて酔ってしまった次男がリバース(笑)。(ミズクラゲの他、チョウクラゲ?を2匹見たと、後で興奮してましたが(笑))

次男を一旦車に戻して、近場で短時間勝負。

やはりここでも、魚群リーチ、その直後にヒットしてあがってきたのは

P6300792

52cmの高級魚マゴチでした~。と、ここでタイムリミットのAM11時をむかえ終了。

終わりよければすべて良しかな(笑)。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »