フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« またしても | トップページ | むふふ »

2010年9月 5日 (日)

クラゲツアー

妖怪マニア兼クラゲマニアである次男のたっての願いで、山形にある『加茂水族館』に行ってきました。

珍しく土曜日午後から日曜日まで部活もサッカーもない事が分かり急遽出発決定。

午前中の長男・次男の部活、サッカーの練習後、昼過ぎに出発。

約3時間半で象潟の宿に到着。

日本海に沈む夕日を眺め、

Imgp4281

岩ガキを食べ(笑)

Imgp4310

温泉に入って就寝(贅沢!)。

翌朝、鳥海山を眺めながら出発。象潟の町は瓦屋根が目立ち素敵な町ですね。

Imgp4320

そして約1時間ちょいでクラゲ展示で有名な『加茂水族館』へ到着。

Imgp4421

この小さな小さな水族館の閉館の危機を救ったクラゲ達、今では30種類以上展示されています。これは世界一のクラゲ展示数だそうです。

その数に圧倒されるミズクラゲ水槽。(この先ちょっとマニアックな写真ですいません笑)

Imgp4353

優雅で美しいアカクラゲ

Imgp4368

このアカクラゲ、隣にあるミズクラゲが餌になるとのこと。実際にクラゲの餌付けタイムで、ミズクラゲが与えられていました。つまり、となりのミズクラゲ水槽は展示兼餌のストック水槽になっているのだそうです。

クラゲの餌付けタイムでは、クラゲに触れるサービスもあります。

Imgp4378

怪しげなユウレイクラゲ

Imgp4365

ちょっとアカクラゲに似たヤナギクラゲ

Imgp4359

ユウレイもヤナギもアカクラゲ同様にミズクラゲを餌にしているそうです。

虹のような光をキラキラ反射させるウリクラゲ

Imgp4389

まさに花笠をかぶったハナガサクラゲ

Imgp4392 

そしてあのノーベル化学賞を受賞した下山脩さんの研究対象であったオワンクラゲ

Imgp4406

下村脩氏はこれを約1万匹も採集し、発光メカニズムを解明したとか。

ガラス細工のように美しいクラゲでした。

その他、いろんなクラゲがいて大人の私もとても楽しい時間を過ごせました。特に餌付けタイムの説明は知らなかった事が多くてびっくり。是非お勧めです。

クラゲの他には、アシカ・アザラシショー、かなり小さな規模ですがほのぼのしていてこれがまたイイ。

Imgp4339

そしてお腹がすいたらクラゲ定食とクラゲアイス。

Imgp4413

お味は?、ん~話のタネに一度食べればいいかな(笑)。

ちなみにすべてエチゼンクラゲだそうです。

そんなこんなで、我が家のクラゲツアーは終了となりました。

これでしばらく次男のクラゲ熱も冷めないでしょう(笑)。

« またしても | トップページ | むふふ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラゲツアー:

« またしても | トップページ | むふふ »