フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« タイ旅行記⑥シュノーケリング パート2 | トップページ | タイ旅行記⑧朝日 »

2010年1月26日 (火)

タイ旅行記⑦ 水上レストラン

シュノーケリングを終えた後、部屋に戻ってシャワーを浴びて外にでると、あたりはすっかり暗くなりコテージの明かりがいい雰囲気を醸し出していました。

Imgp2821

ぶらぶら歩きながら、水上レストランに向けて出発。

途中、ヤモリを発見。

Imgp2824

看板の光に集まる昆虫を狙っているようでした。

そして水上ホテルがある岸部まで行くと、無人の桟橋にベルがぶら下がっています。

Imgp2868

英語でベルを鳴らして下さいと書いてありますね笑

ベルを鳴らすと、なんと無人の船が頭上に張られているロープを伝わってやってきました! 全員がのりこみ、合図でOKとサインを送ると、再びロープが引っ張られて水上レストランまで移動します。水上レストランに辿り着くとレスラタンのスタッフがお出迎え。

Imgp2866

いやー、このシステムにはびっくり、笑わせて頂きました。

レストランに着いて席に座るとまたびっくり。

足元が・・・、

Imgp2833

足元がそのまま海です笑。

酔っ払って机の下にずり落ちれば、ドッボーンです。

下の水面には魚達の姿も。行儀悪くいっぱいこぼして食べた人の下には多く魚が集まります笑

そしてこの日食べた御馳走。

まずはこちらのトムカーガイ(鶏とココナツミルクのスープ)

Imgp2829

トムは煮る、カーはタイしょうが、ガイは鶏肉 という意味で、タイではトムヤンクンと並んで代表的なスープだそうです。ちなみに、トム・ヤン・クンは、煮る・混ぜる・えびという意味になり、エビの代わりに鶏肉なら、トム・ヤム・ガイとなります。んー、勉強になりますね笑

こちらのエビの入ったサラダ。当然ピリ辛(というかかなり辛かったです笑)の味付けで、香草の他ナッツ類も入っていてビールに非常にあうサラダで、今回の旅で1.2位を争う味だったかも。

Imgp2834_2

こちらはアオリイカ!の唐揚げ。

Imgp2840

アオリイカなんで当然美味しいのですが、このアオリどこから仕入れているのかと思ったら、客席の横にエギのついた竿が立てかけてあり、従業員が時間を見つけては、そこからエギ(100円均一で売ってそうなエギでした笑)を投げしゃくってます驚

02_7_2

そして食事してる間に3匹位釣れてました笑

ただシャクリが甘い!竿を振りたくてうずうず・・・。

そいえば、シュノーケリングツアーのほか、夜にはイカ釣りツアーというのもありましたよ。今度行く時は、エギ・竿を持参ですね(っていうかもう行けないか笑)

食事の話題に戻って、こちらはセミエビの素焼き。

Imgp2843

海の生物図鑑マニアでもある次男が、イケスを見た瞬間セミエビだ!といって釘付け笑

Imgp2857   

味は・・・、んー可もなく不可もなくといったところかな。

食事の後、足元を泳いでいる魚達を眺め楽しい一時を過ごしました。

Imgp2851

その後、再び無人の船に乗って島に上陸。

酔いを醒ましながらぶらぶら歩いていると、トイレ?のまどにへばりついているヤモリがいい雰囲気醸し出しており皆で撮影会。

Imgp2881

こんな感じで、タイ旅行 3日目も終了となりました。

« タイ旅行記⑥シュノーケリング パート2 | トップページ | タイ旅行記⑧朝日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

タイ旅行記」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「オレが釣ってやる」と、竿を借りればよかったかもしれませんね!笑
外国に行って見慣れない動植物を見たときに、異国情緒を感じることがありますよね。
有名な観光地にいっても感動が薄かったりしても、かえって知らない珍しい生き物見て目が輝いたり。セミエビみた息子さん、気持ち分かるなぁ~

ヤモリ…私も大好きです(笑)
壁を這う野生のヤモリが見たくてウズウズしていた幼少期を思い出しましたup
私のヤモリデビューは残念ながら南の方ではなく東京sweat02
ワサワサとマンションの壁を這うヤモリに夢を壊されたハタチの夜でした…

オレンジさん
英語が話せれば気軽に竿をかしてと言えたかも笑
確かに人でも動物でもそこの土地に密着している生き物に触れたとき、一番心が動かされるんでしょうかね。
息子もセミエビは一生忘れないと思います。

hamさん
ヤモリに思い入れがあったんですねー笑
写真には一匹しか映ってませんが、ここでもワサワサといましたよ。
たまに見れば面白いですが、住んでいるところにワサワサいたらかなり嫌かも笑

おおーーー!!楽しい!!
旅!!って感じで凄く楽しそうです!!
私なら足元から糸垂らしてそうです(笑)

ksf09さん
釣りをやる人なら、家のベランダから釣り糸を垂れるっていうのが夢ですよねー。
そういう事ができるようなレストランでしたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192431/47370949

この記事へのトラックバック一覧です: タイ旅行記⑦ 水上レストラン:

« タイ旅行記⑥シュノーケリング パート2 | トップページ | タイ旅行記⑧朝日 »