フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月27日 (水)

タイ旅行記⑧朝日

今更ですが、村上春樹の「1Q84」を先程読み終わったギアベンドンです。

ここ数日は村上ワールドにすっかり引き込まれて(特にBOOK2に入ってからは急速に)ました。実は、この本を読んでいるこの自分がパラレルワールドに迷い込んでいるのでは?とつい怖くなって周りを見渡してしまう、それほどリアリティーを持って迫ってくる・・・、やっぱり凄いですね。

今夏にはBOOK 3がでるとか。BOOK 2で完結と思って読んだ方は、その事実を知ってまた物語の解釈が変わってくる方もいるのではないでしょうか。いずれにしてBOOK 3が待ち遠しいです。ただ、頭がかなり疲れたので、私には丁度いいかも笑

さていよいよ大詰めのタイ旅行記、後2回で終了予定です。もうしばらく辛抱下さい笑

タイと日本の時差は約2時間。当然タイの方が時間が遅いです。

まだ時差のとれないのか、昨日の深酒の影響か、はたまた本日で旅が終わってしまう悲しさのためか、4日目の朝、日の出前の早い時間に眼が覚めてしまいました。

せっかくなので、カメラを持って朝のお散歩。

すると丁度日の出のグットタイミング。

Imgp2921

犬も比較的涼しいこの朝の時間を楽しんでいるのか気持ちよさそう。

Imgp2904

朝日をバックに

Imgp2914

おい!、もうちょっといいポーズをとってくれよ!!

地元の漁師さん?達も絵になります。

Imgp2965

ほんの数分の黄金色の時間。

Imgp2946

素敵な時間でした。

2010年1月26日 (火)

タイ旅行記⑦ 水上レストラン

シュノーケリングを終えた後、部屋に戻ってシャワーを浴びて外にでると、あたりはすっかり暗くなりコテージの明かりがいい雰囲気を醸し出していました。

Imgp2821

ぶらぶら歩きながら、水上レストランに向けて出発。

途中、ヤモリを発見。

Imgp2824

看板の光に集まる昆虫を狙っているようでした。

そして水上ホテルがある岸部まで行くと、無人の桟橋にベルがぶら下がっています。

Imgp2868

英語でベルを鳴らして下さいと書いてありますね笑

ベルを鳴らすと、なんと無人の船が頭上に張られているロープを伝わってやってきました! 全員がのりこみ、合図でOKとサインを送ると、再びロープが引っ張られて水上レストランまで移動します。水上レストランに辿り着くとレスラタンのスタッフがお出迎え。

Imgp2866

いやー、このシステムにはびっくり、笑わせて頂きました。

レストランに着いて席に座るとまたびっくり。

足元が・・・、

Imgp2833

足元がそのまま海です笑。

酔っ払って机の下にずり落ちれば、ドッボーンです。

下の水面には魚達の姿も。行儀悪くいっぱいこぼして食べた人の下には多く魚が集まります笑

そしてこの日食べた御馳走。

まずはこちらのトムカーガイ(鶏とココナツミルクのスープ)

Imgp2829

トムは煮る、カーはタイしょうが、ガイは鶏肉 という意味で、タイではトムヤンクンと並んで代表的なスープだそうです。ちなみに、トム・ヤン・クンは、煮る・混ぜる・えびという意味になり、エビの代わりに鶏肉なら、トム・ヤム・ガイとなります。んー、勉強になりますね笑

こちらのエビの入ったサラダ。当然ピリ辛(というかかなり辛かったです笑)の味付けで、香草の他ナッツ類も入っていてビールに非常にあうサラダで、今回の旅で1.2位を争う味だったかも。

Imgp2834_2

こちらはアオリイカ!の唐揚げ。

Imgp2840

アオリイカなんで当然美味しいのですが、このアオリどこから仕入れているのかと思ったら、客席の横にエギのついた竿が立てかけてあり、従業員が時間を見つけては、そこからエギ(100円均一で売ってそうなエギでした笑)を投げしゃくってます驚

02_7_2

そして食事してる間に3匹位釣れてました笑

ただシャクリが甘い!竿を振りたくてうずうず・・・。

そいえば、シュノーケリングツアーのほか、夜にはイカ釣りツアーというのもありましたよ。今度行く時は、エギ・竿を持参ですね(っていうかもう行けないか笑)

食事の話題に戻って、こちらはセミエビの素焼き。

Imgp2843

海の生物図鑑マニアでもある次男が、イケスを見た瞬間セミエビだ!といって釘付け笑

Imgp2857   

味は・・・、んー可もなく不可もなくといったところかな。

食事の後、足元を泳いでいる魚達を眺め楽しい一時を過ごしました。

Imgp2851

その後、再び無人の船に乗って島に上陸。

酔いを醒ましながらぶらぶら歩いていると、トイレ?のまどにへばりついているヤモリがいい雰囲気醸し出しており皆で撮影会。

Imgp2881

こんな感じで、タイ旅行 3日目も終了となりました。

2010年1月25日 (月)

タイ旅行記⑥シュノーケリング パート2

第一部のシュノーケリング終了後、近くのビーチで休憩。

喉を潤した後、まだ出発する気配がないので、次男が知人から教わってシュノーケリングの特訓。

Imgp2795

次男もシュノーケルを使えるようになり、さあ!と思うもなかなか出発する気配がない・・・。

案内人(運転手)を見ると、友達とのんびり食事、しまいにはビールを飲んでマッタリモード(´ρ`)ぽか~ん やはりタイ時間で動いているようです。でも流石に日が傾き始めると寒くなるので、そろそろ出発しましょうと催促し、15分後に出発笑。

途中、一泊24万円の超リッチホテルを沖から眺めながら移動し、シュノーケリングポイントへ到着。ここには沢山の魚がいるとのこと。

早速飛びこむと、船の下には沢山の魚!!

手を差し出すと、怖いくらいに魚が寄ってきましたので、餌付けされているのかな?

一番多く見えていたのは、オヤビッチャです。

そして巨大なイソギンチャクも発見。

この中に、一瞬ハナビラクマノミの背中が見えたのですが、残念ながら画像には残せませんでした。

まだまだ、水に浮かんでいたかったのですが、残念ながらこれでシュノーケリングは終了。

これで帰ると思ったら、途中に魚、カメ観察コーナーに寄り道。ここでは、自動的にしっかり餌を買わされ餌付け体験笑。

Imgp2803

いつかは、こんなカメと泳いでみたいなー。

Imgp2802

子供達も喜んでいたようです。いや、私も餌やり楽しかったです笑。

特に、釣りキチ三平にも出てくるアカメがいたのですが、吸い込み型捕食行動の時にでるジュボッという音、まさにシーバスを狙っている時に聞くアドレナリン爆発のあのボイル音と一緒!、つい興奮してしまいました笑

すっかり日も傾きかける頃

Imgp2812

充実した気分で

Imgp2815

無事ホテルに到着となりました。

Imgp2818

といっても、到着後、子供達はまた海に入っていました笑

その後、ホテルでシャワーを浴びて、水上レストランへ出発。

これはまた次回に。

2010年1月23日 (土)

タイ旅行記⑤シュノーケリング パート1

今週も遠出ができず、寒サクラ挑戦はお預け。先週の雨⇒増水でサクラがどう動いたか・・・気になるところですね。

さてタイ旅行の続きです。

青い海、白い砂がまぶしいサメット島についたのが正午過ぎ。

慌ただしい私達日本人は、ここで一泊するのみ。明日は、空港まで帰って夜には出発。(ここにいたスウェーデンの人は、3週間この島でバカンスだそうです・・・)

という訳で、今回の旅のメインイベント、シュノーケリングができるのは本日のみです。

早速海水ポンツに着替えて、ホテルの食堂でエビチャーハンをたいらげ、ホテル前まで迎えに来てくれるボートを待ちます。シュノーケリングツアーは、ホテルのロビーで申し込みました。たしか半日で400バーツ位だったかな?(違っていたら後で訂正します)ちなみに、水中メガネ、シュノーケル、ライフジャケットは貸出です。

船が来るまで待ち切れず、早速目の前のビーチへ突入。

P1090008

しかし、待てども待てどもなかなか船が来ない。結局、やってきたのは集合時間の45分位後でした。どうやら、タイ時間は日本と違うようです笑

船はこんな感じのモーターボートでした。

Imgp2784

これに、他のお客さんが合流して大人6人子供2人が乗り込み、出発!

P1090010

わくわくしますねー。

途中、賑わっているビーチを見ながら移動。

P1090012

そして10~15分程でついたポイントが最初のシュノーケリングポイント。

私と長男はシュノーケルをつけて、次男はシュノーケルを使ったことがないので、まずはシュノーケルなしで飛びこみました。ライフジャケットをつけプカプカ浮かびながら水の中を覗きますので、初めての人でも安心です。

P1090028

ありました、ありました、サンゴが!

ミドリイシですねー。

P1090027

シャコガイもあちらこちらに見られます。

P1090022

これはヤスジチョウチョウウオかな??

P1090025

ただ、少し水の濁りがあったのと、私の写真の腕が悪く、綺麗な写真がとれませんでした。  残念。でも、目の前にあこがれのサンゴが拡がっており、感無量です。

で、少し動画も。

最後にみえる巨大なウニ、ガンガゼです。間違って足を着いて刺されたら大変です。

object width="425" height="344">

同じような動画ですいません笑

ここでシュノーケリング第一部は終了。一旦船にあがり、近くのビーチに移動し、しばし休憩。いくら南国と言っても、スーツなしで長時間水に入っていると体も冷えてきますからね。(でも私はもう少し水に入っていたかったかなー笑)

こんなビーチで、

Imgp2788

こんな感じで休憩。

Imgp2778

これぞリゾート、まるで映画のワンシーンに入り込んだみたいでした笑。ん~贅沢。

休憩後のシューケリング第2弾は、また次回に。

ではでは。

 

2010年1月21日 (木)

タイ旅行記④サメット島へ

  タイ旅行3日目です。

この日はバンコク市内から4時間程でつく、サメット島へ移動。バンコクから一番近いこともあり、タイ人にも人気のあるビーチリゾートだそうです。そして、ここで今回の旅で一番楽しみにしていたシュノーケリング!!を予定していました。

一泊しか時間がないので、少し早めにチェックアウトをすまして7時半過ぎにホテルを出発。

Imgp2741

途中のドライブインで朝食をとりました。

Imgp2745_2

子供達は春雨のような麺、

Imgp2743

私はきし麺をもっと太くした(あるいはワンタンのような)麺

Imgp2744

を食べました。ここは、味が少し薄めで、薬味をいくつか入れて味を調えて食べると丁度いい感じでした。17年位前にネパール旅行にいった時、中継地点のバンコクで食べた屋台の麺が美味しくて忘れられず、今回の旅で麺料理をとても楽しみにしていたので、やっと念願がかないました。

店が沢山並ぶドライブイン、その中に日本でもおなじみのマック、ケンタッキー、セブンイレブンがそろいぶみ笑

Imgp2751

これはガソリンスタンド横にあったコーヒー専門店のアイスカフェラテ。

Imgp2748_2

このカフェラテは日本で飲むのと同じでした笑

そして11時半頃(だったかな?)に、サメット島への入り口、バン・ヘーに到着。

ここからサメット島への渡し船に乗り込みます。

港ではおばさん達がのどかに釣りをしていました。

Imgp2758

そして期待を胸に船に乗り込み

Imgp2764

いざサメット島へ!

そして約30分程で島に到着。

到着した港にはタクシーが並んでおり、

Imgp3006

このタクシーに乗り込んで予約していたサメッドクリフリゾートhttp://www.samedcliff.com/まで移動

Imgp2767

そしてホテル(コテージ?)に到着して目の前の海をみると!

Imgp2769

いやー凄い!

まさに絵に描いたようなリゾート

Imgp2773

青い海に真っ白い砂

と、盛り上がってきたところで続きはまた次回(笑)

   

2010年1月20日 (水)

鮭飼育 5日目

今年は、受精卵をもらってきたのが遅かったので、5日目ですでに8割方孵化しています。

P1200041

ろか装置をつけていないので、こまめに水換えを心がけています。玄関で水が臭くなると最悪ですから。孵化の時期は特に水の汚れが早く、毎日水面の汚れとをとって水を3‐4割交換しています。この作業は、海水魚を飼って慣れているのでそれほど苦になりません。海水魚みたいに、海水を作らなくていいですから笑 

水温が10‐12度とギリギリ。やはりここがちょっと心配です。

アップにするとこんな感じです。

P1200040

かわいいでしょ笑 

2010年1月18日 (月)

今年も鮭君がやってきました。

昨年に続いて、鮭君が我が家にやってきました。(昨年の飼育状況を見たい方は、左にカテゴリー 鮭飼育からご覧ください) 漁協より受精卵が配布された時には行けなかったのですが、石田様のご厚意でhttp://blogs.dion.ne.jp/kanakita/archives/9105307.html後から受け取ることができました。

昨年は水温を考え、使っていない部屋の隅に設置しました。でもなかなか人の目にふれないのでちょっと寂しい。

そこで今年は玄関に設置してみました。

Imgp3079

ただ、ちょっと水温が心配かな・・・。

頂いた時にはすでに数匹が孵化しておりました。

Imgp3083

赤く見えているのが孵化している個体です。

今年も無事に長木川へ放流することができるといいなー。

2010年1月17日 (日)

散歩

久しぶりに顔を出した太陽の光に誘われて、近所の神社までちょっとお散歩。

Imgp3089

長女はモンベルの背負子に収納。

Imgp3088

長男、次男に使用した背負子。まさかまた使う事になるとは・・・。

赤いポストには雪帽子が似合います。

Imgp3091

つららに太陽があたって、水も滴るいいつらら。

Imgp3095

10分程で神社に到着。

Imgp3100

民家の屋根にもたっぷり雪が積もっていました。

Imgp3110

木の幹にも雪。

Imgp3108

灯篭の上にも。

Imgp3124

鳥居をくぐって道を進み、

Imgp3104

神社でお参り。

Imgp3113

今年の秋はこんな景色だった神社の風景http://tasyumiyuyu.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-9faa.html 

Imgp3112

帰りには、こんな事をしながら楽しく帰宅。

Imgp3134

Imgp3135

いつもは車ばかりですが、やっぱり歩くっていいですねー。

2010年1月16日 (土)

タイ旅行記③世界遺産アユタヤ遺跡

今日も外は雪が降っています。

週末はサクラマスに!と行きたいところですが、今週、来週末と仕事の関係で遠出できず・・・。今年の初釣りは月末になってしまいそうです(泣)。

昨日の地元新聞では、12日に一匹上がった情報があったと載っていました。数は分かりませんが魚は入ってきてはいるようです。米代は風裏があるので、今日のような悪天候でも竿をだせるポイントはいくつかあります。今日、明日出撃している釣り○カもいるのだろうなー笑

さて、タイ旅行の続き。悪天候でどこにも行けず暇なかた(失礼)、お付き合いください笑

入場料を払って、ワット・プラ・スィー・サンペットの遺跡群へ。

Imgp2661

流石に迫力がありますねー。

Imgp2667_2 

ここの施設内は、建物に自由に近づけます。保護の観点からすると?ですが、身近に体験できるので楽しみはあります。(たぶん立ち入り禁止にして厳重保護しているところはあるのかな?)

Imgp2673

ここは、3つの仏塔が有名だそうです。

Imgp2674

ここにある仏像には頭がありません。

Imgp2679

アユタヤ王朝に攻め込んだビルマ(現ミャンマー)軍に頭を根こそぎ切り落とされてしまったのだそうです。

そんな歴史に思いをはせながらぶらぶら歩いていると、壁の向こうに見える大きな木もなんか絵になりますね。

Imgp2675

ただ、青空をバックに写真をとれなかったのがちょっと残念だったかな。

子供達もそろそろ飽きてきた頃に、ちょうどお昼となり、近くの食堂へ昼食に。

タイ風つけ麺を食べました。とても美味しく写真をとるのを忘れました笑

昼食後に向かった先は、涅槃像。

Imgp2689

いい顔していますね。

Imgp2695

耳から木が生えています笑

Imgp2699

耳毛ならぬ耳木(すいません)

ここも地元の人にとっては、ちゃんとした礼拝所。

Imgp2693

お布施をして花と金粉を受け取り、お供えします。

Imgp2696

金粉は、仏像に張り付けていました。

Imgp2697

私もお供えしてきました。いい事あるかな笑

涅槃像の前にあったお土産屋さん。

Imgp2700

近くに止まっていたトゥクトゥク(タイ名物の3輪タクシー)

Imgp2702

タイにはいたるところに犬がいます。

Imgp2704

この日最後に向かったのが王室が管理している?淡水水族館。

しかし残念ながら改修中で入れず。でも横にあった鳥博物館に入ったらこれが当たり。

子供達が特に喜んだのはおじさんのような鳴き声をした「オオサイチョウ」。(なぜか先程まで極楽鳥と勘違いしてました笑)

Imgp2717

この鳥はタイ人にも人気があるのか、あちこちでこの鳥のイラストを見かけました。

その他、白いクジャクがいたり、こんな吊り橋があったりと楽しめました。

Imgp2710

しかし、タイには王室の立派な(公共?の)建物があちこちに見られました。

Imgp2720

同じ王室関係のショッピングセンター?前にあったゾウの形をした植木。

Imgp2723

こんな感じで2日目の観光は終了。

そして夜はお待ちかね、バンコク市内の地元の人達も通う美味しいレストランで舌鼓!!

まずは子供達も安心して食べられるエビチャーハン

P1080002

(食べかけですいません笑)

お酒にぴったりなカキの入った卵あんかけ風(ボケていてすいません)

P1080001_2

そしてタイ料理の王道、世界3大スープの一つ トムヤンクン

Imgp2731

いやー、タイのビール、シンハービールがすすみます!

Imgp2733

これだけでもタイに来た価値は十分。

これは酸味がしっかり訊いたイカのスープ。

Imgp2734

タイにアオリイカやヤリイカがいるのは知りませんでした。

そしてこのカニ、カニミソを卵で絡めてピリ辛に仕上げらていていたこの一品(知人に注文まかせていたので正確な名前が分かりません・・・追伸 プー・パット・ポン・カリーかな?)

Imgp2737 

これをタイ米にかけて食べると絶品。いくらでも食べられます!!

いやー、お腹一杯。御馳走様でした。

店の外には、新鮮な魚介類が水槽に入っていました。その中にいたシャコがでかっ!

Imgp2740

その後は、子供達と別れて知人と二人で近くのバーへ。

P1090007

ここでは、生バンドがブルースを演奏しており、クラプトンの曲を中心に演奏しておりました。いい音楽と、ついつい飲みすぎた深酒で最後はウトウトしてしましい、本日のイベントは終了となりましたとさ。

2010年1月15日 (金)

タイ旅行記②アユタヤ遺跡でゾウに乗る

今年は凄い雪ですね。今日も外ではシンシンで雪が降り続いており、大館でもかなりの積雪となっています。

さて、そんな雪とは無縁だったタイ旅行の続きです。

2日目、朝食を食べに向かったのは近くの大衆食堂。

Imgp2627_2

地元の人がいないとなかなかこういう食堂には入りづらいですね。

Imgp2624_2

タイ風カレー、目玉焼き風、煮玉子(甘いおでん風)、小魚のピリ辛揚げ、血の塊(レバーを柔らかくした感じ)が入ったスープ、タイ米といったところでしょうか。

これでなんと140バーツ(1バーツ=3円とすると420円)。一人分でなくて全員分ですよ!

Imgp2629_2

ゆっくり朝食をとった後は、本日のメインイベント、世界遺産アユタヤ遺跡観光へ出発。

バンコクから比較的近いので、知人の車で日帰り旅行です。

アユタヤに着いて最初に向かったのは、子供達が楽しみにしていたゾウ乗り体験ができる観光スポット。

Imgp2643_2

チケットを買ってゾウの背中に乗り込みます。

Imgp2633_3

ゾウの背中からの景色。

Imgp2636_2

アユタヤ遺跡を横目に進みます。

Imgp2642_2

ゾウの背中は、大人で二人乗り位でしょうか。結構揺れましたね。

Imgp2639_2

ちなみに30分で一人500バーツ。先程の食事代を考えればかなりの高額。さすが、タイ屈指の観光地といったところでしょうか。

こんなポーズをとって

Imgp2644_2

チップをなにげに請求、チップ(20バーツ紙幣)はゾウの鼻からご主人様へ運ばれました笑 まあ、それでも子供達が喜んでおり、いい体験になったと思います。

そして次に向かったのは、となりに見えたこんな建物。

Imgp2650_2

向かう歩道の横では、女性が立派な木の下で楽器を演奏していました。

Imgp2649_3

そして、建物の中には、高さ約20mのタイ最大級の黄金の仏像。

Imgp2658_2

この仏像の前では、修学旅行と思われる学生達が、棒のたくさん入った箱をジャラジャラ振って、一本の棒を取り出していました。どうやらおみくじをひいていたようです。

この日は、曇り空で比較的涼しかったみたいです。それでも気温は30度近くまであり、じっとしていても汗ばんできます。

そんな時に喉を潤してくれたのが、ココナッツジュース。

Imgp2659_2

といっても、子供達は飲めませんでした。私は美味しく飲めたんですが・・・。栄養満点で、疲れた時にはとても良いらしいのに残念。

そして次に向かったのが、セイロン様式の朽ちた3仏塔で有名なワット・プラ・スィー・サンペット。

Imgp2685

とここまで書いたのですが、実はこの前に、途中まで書いた記事がフリーズして全部ボツに・・・。という訳で疲れたので今日はここまで。

ではでは。

2010年1月12日 (火)

タイ旅行記①出発

仕事を初めて約11年、初めて有給休暇(夏休み冬休み以外で)をとってタイ旅行に行ってきました。

せっかくなので、少し記事をアップしてみたいと思います。ただ、文章だと長くなり、読むほうも見る方も面倒なので写真を中心にした記事にしたいと思いますのでご了承ください笑。

さて、タイに約7年在住した知人の案内があるので、往復の交通と宿をとった以外はほとんど準備なしで出発。

この時期、雪で飛行機が飛ばない可能性もあり成田までは高速バス(大館~盛岡)⇒新幹線⇒成田エキスプレスで移動。朝7時半に出発して成田に15時半着。この移動が一番大変だったかも笑。

Imgp2613

無事成田に到着。飛行機は格安航空券でとった今噂のJALでした笑

Imgp3045

(航空機内で子供がもらったプラモデル)

Imgp2618

子供の機内食(オムライス パン ケーキなど)

Imgp2619

大人は、海鮮タイ風カレーかタイメンのハヤシライス(だったかな?)、私はカレーを選択。当然ビールなどのドリンクは飲み放題。でも具合いが悪くなったらまずいので、ビール一本とウイスキー水割り一杯だけで止めておきました。

そしてなんと全席にテレビモニターとリモコンが付いており、子供達はゲーム、私は映画鑑賞(いろいろ選択可能で、マイケルジャクソンのThis is it と釣りバカ日誌をみました)。あっという間に、6時間半のフライト時間を過ごし、タイ時刻23時にバンコク スワンナプーム空港到着となりました。

空港で出迎えてくれた知人の車で向かったのは、バンコク市内にあるプルマンホテルhttp://www.agoda.jp/asia/thailand/bangkok/pullman_bangkok_king_power_hotel.html

なんと五星ホテル!(でも一泊約7000円でした)

Imgp2620

結局眠りに着いたのは、AM1時過ぎ(日本より2時間遅いので、日本時間でAM3時過ぎ)。そんな感じの一日目でした。明日はいよいよ世界遺産アユタヤ遺跡へ。続きはまた。

2010年1月 6日 (水)

The Kingdom of Thailand へ

大館では恒例となった大館シャイニングストリートは明日まで。

Imgp2587

今年は大館も例年になく大雪といった状況です。

そんな寒い中で暮らしておりますが、明日からなんとThe Kingdom of Thailand へ出発!(本日のバンコク最高気温29度となっておりました(@Д@;)

Imgp2602

今年度でタイから帰国してしまう知人を頼りに、7‐11日まで、息子二人と私で行ってきます。妻と10カ月長女はお留守番です。

10数年ぶりの海外、なんだかドキドキしますねー。

さて、そんな訳で今年の初釣りは暫くお預け。

米代寒サクラの情報を求め訪問してくれた方には申し訳ありません。この荒れた天気も週末の連休には少し落ち着きそうなので、なんか一ドラマありそうな感じですが・・・。

では、では。

2010年1月 1日 (金)

あけましておめでとうございます。

   あけましておめでとうございます。

Imgp2527

今年も美味しい年越しそばを食べながら新年を迎える事ができました。

Imgp2500

(新潟柏崎 じょんじょびの里・高柳 雪そば)

そして、今日はおせち料理。

Imgp2505

田酒でおなじみの西田酒造 「純米大吟醸 古城の錦」で朝から乾杯。

そしてお雑煮でお腹いっぱい。

Imgp2516

食べ過ぎ、飲みすぎで動けません笑。外は大荒れの吹雪だし・・・。

夕方になってやっと活動開始、大館神明社に初詣に出発。

干支の寅に変わった巨大絵馬が出迎えてくれます。

Imgp2531

雪の中の初詣も乙なものですね。

Imgp2536

でも凄い積雪

Imgp2538

狛犬様もびっくりでしょう。

Imgp2543

昨年のお守りにお礼を言って奉納した後、皆でお参りをしてきました。

今年もよい年になりますように。

お参りの後は、恒例のおみくじタイム。

結果は、内緒です笑

Imgp2546

帰宅するとアパート入り口のドアが吹きつけた雪で真っ白。

子供達が落書きをして遊んでいました。

Imgp2547

今年も、こんな感じで思った事をポリシーなく書いていこうと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »