フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月27日 (土)

ショートバイト・バラシ

よくシーバスの記事をみていると、ショートバイト、バラシ頻発、バイトがあるがのらない、なんて言葉をよく眼にしていました。

しかし、その感覚がよくわかりませんでした。

昨夜、その感覚が少し体験できたような気がします。

夕方に大館を出発して、一路米代川二ツ井近辺へ。

最初のポイントで、2ヒットしました。一発目はいきなりグングンときましたが、数秒でフックアウト。針には鱗がついていました。すれだったのかな? 2発目は、小型でしたが、ジャンプジャンプのエラ洗い、手前であえなくフックアウト。

ここでは、けっこうベイトの鮎?が追われているのか、水面を逃げまどう姿を何度が目撃しました。スレで囮に十分使える大きさの鮎もかかりました笑。

そして、何度がコツン、とか一瞬グンというあたり?これがショートバイト??

しかし、その後それも無くなったため下流部へ移動。

次のポイントは冬サクラで入った事がありますが、夜間シーバスで入るのは初めて。

先行者はなし。比較的広い河原で、瀬の落ち込みからゆっくり釣り下り。

前回と同じように、あきらかなボイルや小魚が追われている様子がなし。ここはダメかなーと思い始めた事、ポイントの中間地点で待望のあたり。これはうまくフッキングして、多少あせりながらも無事ランディング。58cmのシーバスでした。

P6271160

さらに釣り下って行くと、手前のブレイクあたりでコツンとか、明らかにルアーを一瞬持っていくグンといったあたりが、2-3回続きました。そして、サスケ裂波120レッドヘッドに突然ガツンとあたり。

すかさず合わせると明らかに重量感あるエラ洗いの音。さらに、かなりトルクのある突っ込みが!この突っ込みをぐっとロッドでため込んでいると、パツン!、あーーー・・・。

無常にもラインブレイク。25lbのリーダーの先端が切れています。残っているリーダーの長さからいくと、スナップとの結束部分で切れたようです。結束はダブルクリンチノットで結んでいますが・・・。ライングレイクは完全に釣り人のミス。残念。

その後ラインシステムを組み直し、再度その周辺をSSMで流していると、ショートバイト?多発。そして最後に上がってきたのは30cm前後のチーバチュ笑。

P6271162

結局、今回の釣果はこの2匹のみとなりました。

明け方は河口に移動しましたが不発。

完全に日が昇ってしまった帰り道、某ポイントで下見&デイシーバス挑戦と40‐50分?竿振って帰宅。このポイントでも、対岸の流芯でガツンとあたりグングンと引きましたが、そのままフックアウト。

シーバスはなんでこんなにショートバイトやバラシが多いんでしょうか?今後、釣果をあげるには、この問題を追及していかなけければならないなーと、実感した次第であり、ある意味有意義な釣行だったかもしれませんね。

2009年6月24日 (水)

シーバス料理

19日夜に釣ったリバーシーバス。

翌日の食卓にのぼりました。

川にのぼったシーバスは泥臭い?、いやはやなんのその、脂がのって十分美味しかったです!

頭は定番の塩焼きで。

Imgp1280

頬肉と眼の周りの肉、歯ごたえがあって最高です。

氷で締めたの洗いの一部は、カルパッチョにしました。

Imgp1292

わさび醤油でも十分美味しいのですが、バジル、レモン汁を混ぜたオルーブオイルで絡めると、脂ののったスズキの身をシコシコさっぱりで頂けます。んー、堪りませんな。

そしてメインディッシュは、前回つくって好評だったズスキのポワレ・バルサミコソースにしました。

Imgp1287

バルサミコの酸味と、一歩間違うとくどくなってしまうほどの脂がのったスズキの身が丁度いい具合に混じり合って・・・・・・・。ビール、焼酎、ウイスキーがすすんだのは言うまでもありません笑

PS盛り付けはいつもながら妻にお願いしました。さすが元美術部です・・笑。

2009年6月21日 (日)

ひめますマラソン

十和田湖畔で行われたひめますマラソンに参加してきました。

心配された雨もやみ、むしろちょっと暑い位。

でも湖畔の道は木のトンネル。

気持ちよく走れました。

今回は、息子二人が3km、私は10kmにエントリー。

P6211156_1

息子二人も頑張って走っていたようです。

P6211166

帰宅後、焼き肉・ビールであっという間にカロリーオーバーは内緒です笑

2009年6月20日 (土)

初リバーシーバス

その後、やっぱり諦めきれず数回サクラ狙いに早朝出勤しましたが撃沈・・・苦笑。

昨夜は気分転換に、リバーシーバスに挑戦してきました。

場所は、米代川下流域。現場に着いた時は、あたりはすっかり暗くなっていましたが、寒サクラで何度も入水していたところなので、だいたいの地形は把握しており、安心して竿を出せました。

やはり冬に比べてだいぶ水の流れは弱い印象。それでも、この流れの中でシーバスがかかったら面白いだろうなー。

時折魚の跳ねる音は聞こえますが、いわゆる捕食音はあまり聞こえないようで(というか、あまり聞いた事ないのですが笑)、釣れる雰囲気なし。

3時間程時間が経ち、もはや諦めモード。

そんな時、数メートル手前でコモモに食らいつくシーバス?のあたり!

しかし、数秒でフックアウト。

再度、同じ所を通すと、なんとまたあたり。しかーし、これも数秒でフックアウト。

その後はあたりがなくなり、少し下流に移動してポイントを休めた後、再度同じところにルアーを通すと、またまたあたり・・。ここにストラクチャーがあるようで、ゴツゴツとなにかにぶつかった後に、食らいついてきました。しかし、これまた3連続のフックアウト・・・泣。3度目なんかは、最初根がかりかな?と思って軽く竿を立てたら、根が上流にいきなり動きだしびっくりして合わせるも時すでに遅しでした笑。

さすがに、その場所からの反応はなくなり、再び諦めモード。

いや、まてよ。もしかしたら、ストラクチャーにタイトについたシーバスを狙うのが有効?

という事で、ローリングンベイトをつけて着底。底のストラクチャーを意識して巻き上げてくると、4度目のあたり!これは、なんとか無事フッキング。

真っ暗闇でのファイトも面白いですね。しかし、シーバス自体、人生3匹目。リバーシーバスは初。どの位のサイズが眼で見るまでよく分かりません。

何度かのエラ洗いと、突っ込みをしのいだ後、上がってきたのは、63cmのリバーシーバスでした。

P6191158

サイズはけっして大きくありませんが、なんといっても、私にとって初のリバーシーバス。

P6191159

まずはめでたしめでたしです。

そして、寒サクラに通った事が無駄になっていない事、少し考えてルアーを選択した結果が釣果に繋がり、ちょっと嬉しいかな。ま、釣れれば後からなんとでも言えますが笑

その後、河口部に移動してAM1時半頃まで粘りましたが、釣果なし。明日の日曜日、十和田湖のひめますマラソンに参加予定なので、朝マズメを待たずして帰宅といたしました。

2009年6月14日 (日)

とりあえず終了

11日~12日にかけて待望の雨による増水と濁り。

しかし、思った以上に濁りがとれるのが早く大館付近(新真中橋)では12日の夕方には濁りが10以下になっていました。

解禁以来の最初で最後?の大チャンス??

13日、気合の3時半起き。

某ポイントに向かうも先行者なし。さすがに、この時期では、先行者がいると他のポイントに変えるのか、後から入ってくる人もなし。思い通りに竿を振れました。

しかし・・・・。これでダメなら納得です。

そこで次のポイントへ向かうも今度は先行者あり。ここは諦めて次の場所へ。

結局、タイムリミットの8時を過ぎて終了となりました。

P6131136_2

本日は、早朝に用事があり出発は7時。

現着すると、太陽が完全に上がってしまっており汗ばむ陽気でほぼ諦めモード。

ていうか、すでに昨日で今シーズンのサクラは終了モード、気持ちは来シーズンに向かってます笑

という訳で本日選んだ場所は、今まで行ったことのない場所、来年に向けての下見です。

んー、なかなかいい雰囲気です。ただ、ここもいわゆるメジャースポット。ここに入るなら前日入りかな。

大館に引っ越してきてから、3年連続で解禁日は大館地区に入ったけど、この比較的マイナーな地区でもやっぱりどこも人だらけ・・・。どうせ混んで動けないなら、前日入り覚悟でメジャースポットにエントリーした方がいいのかな?なんて思い始めています。来年の解禁日もたしか平日。今年と同じように竿を振れる時間は出勤前のわずかな時間のみになると思いますので、ますます最初のポイント選択が重要。

あー、もう一年後の解禁日の事を悩んでます笑

というのもやっぱり解禁日の朝以後、さっぱりダメでしたからね。

今シーズンは鎖骨骨折中だった昨年と違って、解禁後もかなり通いました。結局10回出撃してました。しかしあたりがあったのは初日のみ(7日の切り石のあたりがサクラであれば2回ですが)。なんとか地元の理を生かして解禁後にもう一本あげたかったのですが・・・。どうやら私の腕では、解禁日にかけるしかないみたいです泣。

ま、いろいろ書いてきましたけどとりあえず本日で今シーズンのサクラは終了(また雨が降ったら行くかも笑)。とにかくサクラマスを娘のお食い初めの食卓に並べることができてよかったよかった。

まずはサクラマスの帰る大河、米代川に感謝しなければなりませんね。

まだまだ米代川で遊ばせてもらいますよー。

PS 本日水の中を覗くと、

P6141141_2

おー、鮎の食み跡がみえるではないですか!

鮎自身はみえませんでしたが、確実に鮎は遡上しているようですね。(本日の場所は田代地区です)

明日からは鮎モードに切り替えです笑

2009年6月10日 (水)

まだ可能性はあるのか?

今週末で、6月の秋田サクラマス解禁から2週間ですね。

釣果の多くが1日の解禁日に集中することは皆さんご存じの通りですが、まだ釣れる可能性はあるのでしょうか?

一年待ち続けたサクラマス解禁(冬季解禁もありますが)をたった一日で終わらせてしまうのが悲しく、女々しくもまだ川に通っている私。

過去、解禁後にあげた、たったたった2匹(2004年にもう一匹あげてますが期日をわすれてしまったので考察から外しています)のサクラマスを根拠に、まだチャンスがあると強引にこじつけてみました笑。こうでもしないと、テンションが保てないのでお許しください。

まずは、水温から。

Photo

2006年6月11日、解禁後に上がった水温が再び低下して、ここ数年では最も低い水温になっています。2008年6月14日、解禁後水温上昇下降を繰り返し、14日は比較的低下した時であることがわかります。やはり、ある程度の水温低下が活性をあげるのでしょうか。

そういう眼でみると、今年は比較的低水温で推移しているようですね。

Photo_2

2006年6月11日、この年はずっと水位高めで推移していますね。水量が安定していたのでしょう。2008年6月14日、7日にかなり増水してから低下し、13日から14日にかけて少し増水、たしか少し雨が降った覚えがあります。大水で魚が動き、解禁日のプレッシャーが無くなった頃に少しの雨、これが良い結果を生んだのでは。

今年は、2008年のような増水がないので、魚が大きく動いていないかも・・・。それがちょっと心配ですが、大渇水という訳ではないようです。

本質の話ではないのですが、ここ3年連続、6月7日に雨が降って増水しているのが分かりました。なんか面白いですね。

最後に濁り、

Photo_3

2006年以外は7日の増水濁り以外はあまり傾向がないようですね。しかし、2006年の濁りちょっと変ですね?機器の故障??、以前2006年の濁りについても考察しましたが、このデータはあてにならないのかも。誰が真相を知っていたら教えて下さい。

さて、天気予報では明日から雨マーク。大館では一時強い雨となっています。この雨が、魚を動かすような増水になるのか。水温低下をもたらして良い方向に傾くのか?それとも濁りがひどくて釣りにならなくなり、そうこうしているうちに水温上昇してシーズン終了となってしまうのか?

たぶんいい雨になるでしょう・・願。

2009年6月 8日 (月)

サクラマス解禁その後

サクラマス解禁のその後です。

前回書いたように、3,4日の朝出撃して異常なし。

5日休んで、小雨で少し増水した6日朝と夕方ちょこっと出撃して、やっぱりダメ。

その夜、リンクして頂いているオレンジさんから電話。

7日は少し遠征しようかと考えていたところ、オレンジさんが米代に付き合ってくれるとの事。夜明け前に起きて行くのは、ちょっと辛いので、前日夜に入って車中泊することにしました。

場所は二ツ井地区。私は初めての場所です。あの広大な場所からポイントを絞るのはかなり厳しいと思っていましたが、4日に一本あげているオレンジさんが案内してくれるのであれば一安心です。

夜はオレンジさんの車にお邪魔して軽くアルコールで乾杯。お互い今季なんとか一本獲れたこともあってか自然と会話が弾みます。美味しいウィスキーも御馳走になりました。

しかし、外は凄い風と雨。これは明日は厳しいかな?ということで、目覚ましは遅めの4時半にセットして12時過ぎに就寝となりました。

最近早起きが続いていたせいか、4時には眼が覚めてしまいました笑。隣をみると、釣りの準備をしている方が川へ降りて行くところ。外にでると心配していた風も少し弱くなっており、濁りも入っていないようです。ゆっくり朝食をとって5時前に釣り開始。

いやー、川が大きい。普段中流域?の鷹ノ巣や大館付近でサクラを狙っていたので、ちょっと面喰いました。しかし、川に立ち込むとその印象は一変。フラットに見える水面も、底に起伏があり、流れも蛇行しているようです。はるか上流と下流に釣り人が見えますが、目の前の流れには誰もいません。オレンジさんに簡単に深さやポイントを教えてもらった後、私が先行させて頂き、気持ちよくフルキャストしながら釣り下り開始。すると間もなくして、グン! ん!根がかり?、そして竿先がグングン、ドラグがジー、お!と思って追い合わせをいれたつもりがフッと軽くなりました・・・・。

その直後、すぐ上流にいたオレンジさんの前でサクラが3回跳ねて、モジリも見えたとか・・・。なんらかの理由で、この朝のわずかな時間だけサクラの活性が高まったのかな?この日、サクラの気配があったのはこの10分位の時間だけでした。

しかし、米代の魚はサクラだけではありません。こんな珍客も。

P6071094

鮎の稚魚。前回、もうすぐ鮎の季節なんて書いたからかなー笑。いっちょまえに、ブルブルと魚の感触を伝えてくれました。

そして、こちらも。

P6071096

ニゴイ君・・・泣。Dコンでの背がかり。ニゴイのスレは引きますねー。背中が見えるまではかなり興奮させて頂きました笑。

その後、昼前に中流域に向かうも濁りが強く釣りにならず。私はここで終了し、オレンジさんは再び二ツ井方面へ向かいました。その後はどうでしたかー?

これが7日の話。

そして、今朝8日も出勤前釣行・・・笑。ほんと病気ですね。

今朝は濁りもとれていい感じでしてが、全くダメ。大館地区をリセットするには、もう少し増水がほしかったかな・・・。

今日は珍しく川辺の花に目が行ったので、写真をパチリ。

P6081113

いくつか花を摘んでお土産に。も少し朝練したいですから笑

明日、明後日は行けないので、次回は木曜の朝???一応、今週でまずは一区切りつけようかな?と思っていますが、どうなることやら。

しかし、解禁日にあのヒットがなかったら・・・・。運がよかったなーとしみじみ思う今日この頃でした。

2009年6月 4日 (木)

お食い初め

解禁日になんとかあげたサクラマス、100日にはちょっと早いですが娘のお食い初めの膳に並べました。

Imgp1240

赤飯に尾頭付きのタイが一般的ですが、今回はサクラマスでお祝い!

むつみんさんから頂いた食器も大活躍です。

お食い初めは、「一生涯、食べ物に困らないように」という願いが込められているとか。

ちなみに、今回のサクラマスは「オス」。オスのサクラマスはパパシーマと言って、日本の河川ではメスに比べて希少との事。これで、食べ物のみならず男運にも困らないかも笑。(親ばかですいません笑)

さて、その後の米代川。

2日は休んで、3日朝、今朝と出撃してきましたが異常なし。

P6031092

だいぶ減水してきて、深場の少ない大館地区はちょっと厳しいかも。

恒例の水位、水温のグラフです。

Photo

Photo_2

1日にちょっと増水して水温下がってましたね。魚が少ない少ないと言われて迎えた解禁日。全体では決して調子は良くなかったと思いますが、場所によってはそこそこ釣れていたという話もあり。解禁日のコンディションがまずまずだったので、どこも全くダメという最悪の事態を免れたのかな???

2日目からは減水、3日目には水温も上昇、これは一昨年のように急激な水温上昇渇水でシーズン終了か!なんて思いましたが、4日はなんとか、渇水、水温上昇は頭打ち状態となっています(若干、水位上昇、水温低下)。

この状態を保ったまま、一雨降れば、もうワンチャンスあるかな??

PS ただ、あまり急激に水温低下すると鮎に影響がでるとか。サクラとしては水温低下してほしいし、鮎には水温低下してほしくないし・・・。気が付いたら鮎解禁まで1カ月切りました。そろそろこちらの準備もしなければ笑。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 釣りブログへ(ポチッとお願いします) 釣りの世界

2009年6月 1日 (月)

どうにかこうにか

目覚ましを2時45分にセットしましたが、2時半には目が覚めてしまいました。

3時に出発。3時15分頃目的地着(近!)

朝一で選んだポイントは、大館地区某ポイント。おそらく大館の中ではメジャーポイントの一つ。とてもいいポイントだが、比較的緩やかな流れのトロ瀬で、おそらく1日に一気にプレッシャーがかかるだろう。という訳で朝一のワンチャンスはここを選択。

現場につくともう一台車が到着。

空が明るくなり始めた3時半過ぎにポイントへ移動。

入りたかったポイントへ先行者が入ったのでその下流へ私もエントリー。

前日からの雨で水温が12度とやや低下、濁りもなく条件はまずまず。

まずは一昨年のヒットルアー、グレイスミノーエレナで表層をチェック。サクラの跳ねもなく、んー厳しいのか?

次に寒サクラで多様したディープフィートMDへチェンジ。そして、数投目、

一瞬根がかり?それが外れてハンドルを数回まわしたところで、再び根がかり?

とりあえず合わせると、グン、グンと生命感あり!

すかさず追い合わせ。

その後はお粗末極まりない竿さばき・・・・。足元に走られるは、ネットインに一度失敗するはでヒヤヒヤもんのドタバタ劇。しかしながらなんとか無事ネットイン。

P6011095

うっすら婚姻色のでた59㎝のサクラマスでした(現地では60㎝あると思ったんですが・・・60㎝の壁はまた次の機会に・笑)

フックを外して写真を撮り終わる頃には、上下に4-5人の釣り人が。

もう前後に動くスペースなし。という訳でここは終了として、他のポイントへ移動。

移動途中に川をみると、某ポイントに人がびっしり。大館でも6月1日はかなりの人出があるようですね。

P6011099

次のポイントは比較的流れのある瀬。マイナーな小さなポイントですが、条件がよければ活性の高いサクラが入っているのでは?と考えていたポイント。

幸い対岸に2人程人が入っていましたが、なんとか自由に動いて釣りができそう。

瀬の上から下まで3度程流したところで7時半過ぎでタイムアップ。気持ちよくルアーは投げれたのですが、やはり思うようには行かないようですね。

帰宅後、早速記念撮影。

Photo_2

この写真が撮りたかったのですo(*^▽^*)o。

夜はサクラマスを美味しく頂きました。それはまた後日アップします。

またまた、米代川へ感謝ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 釣りブログへ(ポチッとお願いします) 釣りの世界

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »