フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

白神山地ブナ林再生事業に参加 + 初アオリ

9月27、28日と日本山岳会青森支部主催の白神山地ブナ林再生事業に息子二人と参加してきました。

このブナ林再生事業の基本的な考えは、ただ単にブナを植樹するのではなく、白神山地の不成績スギ造林地のスギを伐採し、自生する高木広葉樹の生育を促し結果としてブナを主とした混合林に戻すことを主としています。(興味なある方は

http://www.jac.or.jp/info/shibudayori/aomori/aomori.htm)つまり、白神山地の世界遺産地域周囲にある育ってないスギを間伐して、元のブナ林に戻る再生の手助けに少しでもなればといった発想です。

現場の奥赤石川林道終点付近の櫛石山斜面へ着くと、なんと雪(性格にはあられが降ったようです)が積もっていました。

P9271158_1

26日金曜日から現場入りしている人達がほとんどで、本当に寒かったようです。

私達がついてからも生憎のお天気で作業はほとんどできず、仲間との交流が一番の収穫となりました。

P9271159_1

夜は寒かったですね。夕食時は、すでに温度計は4度。

夜には雨も結構ふり、朝起きると長男のシュラフが浸水しておりズボンが半分びしょ濡れでした。それでも風邪をひかず楽しんでいたようです。本当素敵な人達ばかりなので、子供にとってもいい経験ができたと思います。

翌日は、少し峠に登って遺産地区境界線まで歩いてみました。

学生の頃から何度が歩いていますが、いつ行っても素晴らしい!とにかく森の匂い、風・空気、音、体の芯まで気持ちいいいんです。これはなんなんでしょうね?

P9281169_1

広葉樹のモコモコとした森が大好きです。

P9281174_1

また来年も参加したいですね。

さて、帰りには、日本海側経由で大館へ。

途中の舮作漁港で1時間ほど車に積んであった安物携帯振り出し竿でエギを投げてきました。結果、RUSHさんから教えてもらったマル秘テクを駆使して記念すべき人生初アオリ(^▽^)。

P9281194_2

コロッケサイズが一匹のみでしも、まずはうれしい祝初アオリ様。

しかし、アオラー多いですね。ひっきりなしにアオラーがやってきました。

1_2

その後隣の不老不死温泉へ向かいました。ところが、4時以降露天風呂は宿泊者のみ。しかも露天風呂へは立派な通路と、脱衣所ができていました。

P9281200

昔の秘湯といった雰囲気はなく・・・。

結局ウェスパ椿山の展望風呂で、日本海に沈む夕日をみて帰宅となりました。

P9281202_1_2

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 釣りブログへ(ポチッとお願いします) 釣りの世界

2008年9月23日 (火)

食欲の秋

食べ物がおいしい季節となりました。

まずは私の大好物とうもろこし。中でも嶽キミ(岩木山山麓で採れるとうもろこし)は別格です。とにかく甘い。歯ごたえもある。生で食べても甘いです。

P9231138_2

やっとこの季節がやってまいりました。新米!あきたこまちの新米最高ですね!

日本人に生まれてきてよかった~!!

P9231143_2

本日は子供達のサッカーの試合に朝7時から黒石へ出発。しかし、午前中嵐のような雨で途中から大会中止。(それでも少し雨が小ぶりなったので、雨のなか練習試合をしてがんばっていました)

そして帰る途中道の駅で見つけた毛豆。青森在住の時はよく食べましたが、秋田ではあまり売ってない?この毛豆たべたら、しばらく普通の枝豆食べられませんよ!味が濃厚でビールがすすみます。

P9231147_2

夕食時に冷蔵庫から取り出したのは、先日作った鮎の甘露煮。

1日目素焼きと陰干し、2日目に数時間煮込んでいます。

P8081096_2

通常は素焼きの時、腸をとって焼くのですが、今回は卵が入ってそうな晩期の鮎は、腸をとらずそのまま調理しました。この卵も絶品でした。

P9231153_2

甘露煮の横には、昨年もブログで書いた「ミズのたま(ムカゴ)」

P9231156_2

これも季節限定の食材ですね。

(おまけ)

海水魚濾過槽のうみぶどうが大繁殖です。

080908_21170001

先日、刈り取って少し食べました。(腹を壊さないかどうか様子を伺うため、今回は妻・子供は食べませんでした笑)

080908_21220001

光が足りないのか、ちょっと貧弱なウミブドウ。しかし、元は食用のウミブドウを養殖したもの。味は美味しいに決まってます。

しかし、鎖骨骨折をしてからすっかり運動不足。さらに食べ物がおいしい季節。体重が・・・。骨折前は、Wii Fit の体重チェック、ターボジャム・ビリー入隊などで、順調に体重が減っていたのが、あっという間に元に戻って(Max体重に近い・・)しまいました。

今日、あわてて夕方1時間走ってきました。明日からも食事・運動がんばるぞ!!(意志が弱いのでここで公式宣言笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 釣りブログへ(ポチッとお願いします) 釣りの世界

2008年9月21日 (日)

3兎追うものは1兎しか得ず

昨日は欲張りな一日でした。

午前中は、息子達をサッカー練習場の長木川河川敷へ送迎。

練習が終わるま2時間程の空き時間ができたので、本日をもって禁漁に入る渓流へ行ってきました。5分ほど上流に車を走らせ、春先にも入った田んぼ脇の里川へ。

10分程で、小さな小さなヤマメがかかってくれました。5月以来約4か月ぶりの再開です。(鮎の外道で一度掛かりましたが)

P9201138

幸い天気がよく気持ちよく遡行ができました。

P9201145

その後更に2匹に遊んでもらい終了。満足満足。

P9201141

横の畦道に上がると、収穫間近の稲の穂はすっかり頭を下げ、秋の風にそよいでいました。

P9201147

ヤマメ君、また来年遊ばさせてくださいねー。

子供達を迎えに行った後、午後からは海へ繰り出しました。

狙いは前回と同様アオリとシーバス。

途中自然倶楽部へ寄って情報収集。

米代川河口のシーバスは、昨年の大洪水からすっかり地形が変わり、今はだいぶ浅くなってしまい、あまりいい情報はない?との事。下流域のリバーシーバスポイントでいくつか釣果情報があったので、その場所を下見しながら能代港付近へ。

アオリは八森・岩館の西海岸方面や男鹿半島がメジャーポイントのようですが、夕方からシーバスを狙いたいのと、今から行っても各ポイント激込みだろうなーと思い、能代港の某テトラ帯へ向いました。

準備を済ませ3時頃からアオリ初挑戦開始。

途中すれ違ったアオラー二人は、フグはいっぱいいるけど全然ダメとの事。やっぱり、近場で済ませようとしたのが失敗かなーと思ってエギをシャクってくると、なにやら後ろから怪しい物体がスーと近づいてきます。

あらら、アオリ様ではないですか。それも投げる度に数が増え、5-6匹はわらわらと寄ってきます。

こりゃ面白い。UFOのようにスーと動いては停止、エギをじっと観察してスーと後退する。まるでスターウォーズにでも出てきそうですね。

しかし小さい!3.0号エギと同じくらいの大きさでしょうか?

足元でエギをゆらゆらさせたり、手持ちのエギをとっかえひっかえするもまったくエギを抱いてくれない。途中かかったのは、

080920_16260001

フグ・・・。結局太陽が沈むまで頑張りましたが、アオリ初挑戦はボーズで終了となりました。

080920_17380001

あのアオリどうしたら釣れるんですか?教えて下さい!

ちなみに、両脇にアオラー二人。一人が一匹だけあげていたようです。

太陽が沈んだ後はシーバス狙い。

まずは下見したリバーシーバスポイントへ。ウェーダーをはいて少し立ちこみ気合いのキャスティング。

鎖骨骨折がほぼ完治したので、久しぶりに思いっきりキャスティング キャスティング。

しかし、ボイルひとつなく、釣れる雰囲気なし。釣り人は遠くで餌釣り師のウキが見えるのみ。

さっさとあきらめ次なるポイントへ。ちょっとした排水溝、漁港と回るもやはりダメ。

最後に河口へ向かうと、波が比較的穏やかだからか、河口の外海側のサーフ?に4-5人釣り人が。一人はかなり沖に立ちこんでキャスティングしています。人がいるということは釣れるかも?と期待してキャスト開始。

しかし結局なんのかすりもせずPM11時終了し帰宅となりました。

落ち鮎パターンにはまだ早いのかな。

リベンジ、リベンジ!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 釣りブログへ(ポチッとお願いします) 釣りの世界

2008年9月15日 (月)

能代港釣果報告 and 鮎釣り竿収め and デジカメ発見

昨日は、息子達と海釣りに行ってきました。

出発時の作戦は、日中は子供達にサビキやイソメちょい投げの五目釣り、私はエギング(アオリイカ釣り)、夕方から夜にかけて米代川河口でシーバス狙いと欲張り釣行でした。

10時過ぎに家を出発。目指すは、アオリイカも狙えると書いてあった八森漁港と岩館漁港。

二ツ井から八森に抜ける道路脇では田んぼが黄金色に輝いていました。

080914_11310001_2

しかし、八森漁港・岩舘漁港ともに、サビキ・五目釣りもエギングもあまり釣れそうな雰囲気がなし。ここで竿を出しても、なんか両方とも玉砕されそうなので、エギングはあきらめいつもの能代港岸壁へ急遽変更。エギを買って準備していたんだけどなー。(途中の磯場にはいっぱいエギンガーがいましたよ)

080914_14030001

能代港で例によってお湯沸かしてカップラーメンを食べ、釣り開始。

サビキはまったくだめで、アオイソメのチョイ投げ釣りでは、まずまずの釣果。

結構立派なカレイやマゴチ、ハゼ、ソイ、チダイ、シャコの足(笑)とまさに五目釣りといったところでした。

080914_16510002

近くのお店で夕ご飯を食べた後、米代川河口でシーバスを狙ってみました。

水門付近で釣り開始。と、数投目でいきなりあたりが!

すんなり寄ってくるのでサイズが小さいのかなと、足元からごぼう抜きすると・・・・

080914_18340001

残念・・ウグイでした。

その後9時過ぎまで粘り、最後に買ったばかりのショアラインシャイナーが、リーダー結束部から?吹っ飛び終了。

昨年はこの日に初ジーバスをゲット。2匹目のドジョウとはいきませんでした。

またエギング→シーバス狙いの釣行を計画したいですね。

さて、長くなりますが本日の話題。

今日は朝から快晴。この陽気に誘われ、午後から2時間程、今シーズン鮎釣り竿収めをしてきました。

出発の準備をして車を整理していると、運転席と助手席の間にあるボックスをスライドすると、下からデジカメが出てきました!! あんなに探して見つからなかったのに・・・。妻いわく「掃除をすればいいことがあるのよ!」。もしや掃除の時に間違って捨てたのでは?と疑っていた妻へ「ごめんなさい」笑

空気はすっかり秋ですが、太陽がでると水のなかに入っていても気持ちいがいいものです。

P9151121_1_2

こうやって目印を眺めるのも来シーズンまでお預け。

P9151125

シーズン初日に入った場所で、泳がせ釣りに丁度良いトロ瀬ポイント。

釣果は2時間で4匹のみ。

P9151131

でも気持よく釣ることができて、とても満足な2時間でした。一昨日は、仕事場からの電話で半強制終了だってので、これで心おきなく竿収めする事ができました。

車に戻ると、子供達は水泳教室に行く前で水泳パンツをはいていたので、なんと川で泳いでいましたP9151128_1 。(上下流とも浅瀬なのでご心配なく)

今年も米代川でいっぱい遊ばせてもらいました。感謝感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 釣りブログへ(ポチッとお願いします) 釣りの世界

十五夜

私と息子達は海釣りへ。魚(スズキ)はいいからススキとってきてと電話あり。

家で留守番していた妻は、こんなのを用意していました。

080914_23210001

ちょっとメタボなウサギさん(笑)

080914_23290002

夜釣りをしながら見上げた月はまん丸でしたねー。

ps 釣れない釣果報告は後日にします。

2008年9月13日 (土)

落ち鮎

「落ち落ちて鮎は木の葉となりにけり」 前田 普羅

そんな寂しい雰囲気漂う米代川でした。(落ち鮎は秋の季語だそうです。)

AM10時頃、米代川本流大館地区へ向かうと、2週間前の賑やかさは既になく閑散としていました。

釣果も閑散・・・。

1時までたったの一匹。2時半から息子達をサッカー場に送ったついでに、比内地区へ移動し、4時まで釣って計6匹。最後は職場から電話呼び出しがあり終了となりました。

思った以上に水量があり、行きたいポイントへ川を渡れなかったのが一番の敗因。

しかしこの時期は、もう数や型ではないんだろうな。

夏の終わりの哀愁を感じつつ竿を出す。これだけでもなんだか心地よい充実感がありました。

鮎の香りも来年までお預けです。

さて、明日は息子達と海釣りに行く予定。

狙いは・・・。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »