フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 扇田堰堤視察 | トップページ | 鮎の季節到来 »

2008年6月30日 (月)

秋田内陸縦貫鉄道の旅

角館ー鷹ノ巣 を走る秋田内陸縦貫鉄道(http://www.akita-nairiku.com/)に乗ってきました。

存続か廃線かで揺れ動いているローカル線。是非是非残ってほしいですね。

鷹ノ巣11:50発阿仁合行きに乗車。切符はホリデーフリーきっぷAタイプ(鷹ノ巣ー松葉乗り放題 大人1000円子供500円)。

P6291011

一両編成のディーゼル車です。

ディーゼルエンジンのブルルルーンという音ともに出発。この音、たまりませんな~。

空いているので4人ボックス席にのんびりと座れます。何も考えず風を感じながらゆっくり通り過ぎる景色を眺めているは本当に気持ちがいい。また電車の揺れを感じながらうとうとするのも幸せなんです。

P6291012_2 

阿仁合には12:49着。30分程時間があったので、駅の食堂で昼食。

私は、内陸うどん(だったかな?)を注文。馬肉が入って450円。

P6291019

なかなか美味しかったですよ。

お菓子を買いこんで再び角館方面の電車に乗車。

今度は緑色の電車です。

P6291021

次なる目的地は阿仁マダギ駅。

途中の笑内(おかしない)駅を通過したときに、阿仁合駅で買った笑内チーズ饅頭を食べました笑。P6291025

子供達は一番前に立ちっぱなし。電車の運転手になった気分なのでしょうか?P6291026

阿仁マタギ駅には13:50着。ここから、打当温泉までゆっくり歩いて行く事にしました。ただ、阿仁マタギ駅から打当温泉まで電話一本で無料送迎バスが来てくれます。駅で声をかけられましたが、事情を話して歩き出しました。

道の横には田圃、左右は山の斜面が広がる谷間の道です。水の中にはおたまじゃくし、畦には早くも足がはえたアオガエルがピョンピョン跳ねていました。

20分程歩いているうちに2回も温泉のバスに声をかけられ、なんとなく断るのも悪い気がして結局宿の7~800メートル程手前でバスに乗り込み打当温泉へ。

P6291030

ここは、何度も訪れているお馴染みの温泉です。

休憩所の横にはこんな部屋もあります。

P6291029

温泉は体の芯まで温まるので、出てくると汗ダラダラです。脱水に注意してください笑。

ロビーでのんびりくつろぎ、17:26発の電車に合わせて出発。

P6291034

途中、まだオープンしてない遊々ガーデンを覗き、寄り道しながら駅へ。これがいけなかった・・・・。あと数百メートル手前で目的の電車が通り過ぎてしまいました。到着時刻の記憶が曖昧だったんですねー笑。

時刻表をみると1時間30分後までなし。当然近くに店もなし。困り果てて時刻表を見ていて閃きました。反対方向の角館方面への電車はすぐ来るので、フリー切符乗車可能範囲の松葉駅まで乗車。そこで下車して19分後にくる鷹ノ巣行きの電車でUターン。グッドアイデアです。

という訳で角館方面へ。

P6291035

問題は、食べ物がない。阿仁マタギの売店はすでに閉まっており、乗り換えた松葉でも売店はなし。あたりはすっかり暗くなり、空腹が・・・。時刻表では阿仁合で3分待ちあり。ここに期待して降りましたが、やはり売店はすでに閉店。鷹ノ巣20:25分着まで我慢だなっと思ったとき、阿仁前田で再び3分待ち。ここは駅自体が温泉になっているんです。3分の間にそこの売店でお菓子を買いこみ再乗車。

買ったのは昔懐かしの大判カニせんべい。

P6291036

子供達が大人になって、大判カニせんべいを見たらこの電車に乗り遅れたことを思い出して笑ってくれればいいなー。

久し振りにのんびり電車旅を満喫しました。最初にも書きましたが、是非存続してほしい電車です。皆さんも時間があったら乗ってみてください!いい時間を過ごせると思いますよ。

« 扇田堰堤視察 | トップページ | 鮎の季節到来 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Blogを拝見してびっくりしました(笑)

私、4日に初めて内陸線に乗車予定でした!
しかし、諸事情により青森県に変更になりましたが・・・
しかも、車で・・・(汗)

いつか必ず乗車したいです!

RUSH様
内陸線是非是非おすすめですよー!
ただ、本数は少ないので乗り遅れに注意してください笑
桧木内川や阿仁川沿いを走るので、ついポイントを探してしまう自分でした。

子供たちにはほんとにいい体験でしたね!!
阿仁マタギ駅!!いい名前の駅です!!

こんな旅もたまにはいいだろなー・・・

Ksf09様
いい路線ですよ。
いつか、岩手の山田線や三陸鉄道にも乗ってみたいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192431/41688712

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田内陸縦貫鉄道の旅:

« 扇田堰堤視察 | トップページ | 鮎の季節到来 »