フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 新水槽立ち上げ日記(SNMサイフォンボックス編) | トップページ | 新水槽立ち上げ日記(リフジウム編+水漏れ事件) »

2008年1月20日 (日)

新水槽立ち上げ日記(サンプ室・自動給水装置編)

冬サクラマスで覗いてくれた方すいません。今週末は仕事の都合上行っておりません。

新水槽立ち上げの続き。

今回はサンプ編です。

先日書いたSNMサイフォンボックスからの排水がプレフィルターバック40を通って第一サンプ室へ。第一サンプ室といっても、使っているサンプ水槽が、頂いた普通のガラス水槽なので、オークションで販売していたパンチ板でできた水槽わける君スライド45なるものでサンプを3つの部屋に区切りました。

こんな感じで取り付けます。

P1180631

ただ、吸盤で水槽へ取り付けるので、どうしても四隅に隙間ができてしまいます。そこで隙間にプラ版を貼り付けました。(水槽用のバスボンドで貼り付けました、かなり雑・・・)

第一サンプ室へはHS400を設置(スキマーの話題はまた今度)

そして、真ん中のサンプ室を生物濾過システムとしました。今回の目玉?です。ここにエコシステムでおなじみのミラクルマッド!を敷きました。

ただ、先程も書いたように仕切り板に沢山隙間があるので、まずは粗めサンゴ砂を隙間に詰める形で敷き、

P1180633

その上にミラクルマッドを敷きました。

P1190639

入れた直後は泥水状態です。このミラクルマッドは泥です。泥なのに凄い値段が・・・・。でも今回一番試してみたかった部分なので、奮発してしまいました。(10lbs入っています。)

敷いた厚さは、ミラクルマッドが3cm位、サンゴ砂をいれると4cm位でしょうか。エコシステムで推奨している厚さよりかなり厚い・・・。つい泥が中途半端に残るのが嫌で入れてしまいました。これがどう影響するか?

今後、ここにマリンプランツ(海藻)をいれる予定ですが、何にしようかな?以前海ブドウを入れた事があるのですが、あまりの繁殖力に参ってしまったので違うのを試してみたいのだが。ま、ゆっくり考えます。(ちなみに、左右のサンプ室はうっすら泥が降り積もった用になっています)

そして第3サンプ室にはヒーターと給水口(エーハイム インスタレーションセット)、そして自動給水器用の水平式フロートを設置。こちらは、ナチュラ〇から購入したホルダーで固定しました。これにエアーチューブを繋ぎ、反対側に海水の素(リーフクリスタル)が入っていたバケツに穴を開けてチューブを差込み、サンプより高い所にバケツを置きます。これで、サンプの水位が落ちると、フロートが下がって自動落下給水となります。本来はこのフロートへはマーフィードの耐圧チューブを繋ぐようにできている為か、フロートの接続部分から漏れがあったので、塩ビ配管のネジ式部分に使う防水テープを少し巻いてねじ込みました。バケツのチューブ差込み周りにはバスボンドをたっぷり塗りこんで漏れないようしています。

P1180636

これだと、チューブ交換が容易にできないのが欠点。でもこれで当分は足し水をもって水槽と台所の往復がなくなると思うとうれしいなー。

とりあえず、本日既に回り始めているサンプ全体像です。

P1200645_2

続きはまた。(ほとんど全く根拠のないシステムなのでくれぶれもご参考程度でよろしくお願いします。また、アドバイスがあったらよろしくお願いします。)

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

« 新水槽立ち上げ日記(SNMサイフォンボックス編) | トップページ | 新水槽立ち上げ日記(リフジウム編+水漏れ事件) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

海水魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192431/17767403

この記事へのトラックバック一覧です: 新水槽立ち上げ日記(サンプ室・自動給水装置編):

« 新水槽立ち上げ日記(SNMサイフォンボックス編) | トップページ | 新水槽立ち上げ日記(リフジウム編+水漏れ事件) »