フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 月食 | トップページ | チヂミウスコモンサンゴブリード »

2007年9月 2日 (日)

今期鮎釣り終了?

米代川はすっかり秋の気配が漂ってきました。稲穂もすっかり黄金色に色づいています。

P9020360

川では太陽が陰ると長袖でも寒く感じます。

昨日、本日と午後のみ鮎釣りに行ってきました。来週の土日は用事があり、できても土曜の午前中のみ。本日が今年最後の鮎釣りかもしれません。

昨日は、昼過ぎに家族で行けるいつもの河原へ。

P9010322

河原でお湯を沸かしカップラーメンを食べた後釣り開始。

珍しくこのポイントに人がいませんでした。風と流れてくる草に苦労しながらも、自由に竿を出せたのがよかったですね。私としてはまずまず順調に魚は掛かり、いつもの大場所で23cmの鮎も釣り上げ、5時過ぎまでに17匹と満足となる結果でした。

そういえば、一昨日洗って干していた竿が倒れており、直そうとした瞬間ストーブの角にひっかかって、バキという嫌な音が・・・。折れてました(泣)。応急処置をしての釣りだったのです。その影響と風のせいで、手元への感度がほとんどなく、目印の動きだけであたりを取る状況で、釣ったというより釣れたという所でしょうか。

P9010335

帰宅後、今回は甘露煮に挑戦してみる事にしました。

まず、腹ハタを取り出し、素焼きにします。我が家の魚焼き器は一回で4匹が限界なので、この素焼きを作るのだが大変でした。おとり用に残した3匹を抜かした14匹を焼き上げました。本当は焦げ目がつかない方が良いのですが・・・。

P9010347

これで1日目終了。

これを、1-2日陰干しします。

P9010349

そして、今日。

朝から風が強く、釣りができるか微妙。川へ行ってみると、鮎中毒の釣り人たちがちらほら見えます。入りたかったポイントは人がいたので、まだ竿を出したことのないポイントへ移動。

P9020356

下流に数人のみ釣り人がいます。あの照りつける太陽の下、鮎竿が並ぶ景色はもう終わりだなと少し寂しい気持ちになりました。

人がいないポイントで、昨日釣ったおとり鮎をつけ釣り開始。

相変わらず魚の動きを手元に感じられず、目印の動きであたりを待ちます。しかも、今日はもの凄い風。無理に竿を動かすとまた竿が折れそう・・・。それでも、小さいながらも鮎がポツポツと掛かり、終わってみれば16時過ぎまでに13匹の鮎がおとりカンに収まっていました。もう、釣れてくる鮎はだいぶサビが入っています。

帰宅後、昨日陰干しした鮎を煮込みました。

まず、お酢で煮て骨を軟らかくしました。その後、番茶を入れて30分煮込みます。

P9020363

番茶で煮込むなんて知りませんでした。その後、酒、みりん、しょうゆ、三温糖で2時間程煮込みました。最後に、水あめで照りをつけて出来上がり。

P9020312

後は、冷めるのをまって取り出します。(いろいろ調べて、一番簡単な方法を選びました。圧力なべがあれば、もっと簡単につくれるみたいです。逆に時間をかける人は、もっともっと煮込むようです。)しかし、甘露煮がこんなに手間がかかるとは知りませんでした・・・。

もう一つ鮎料理ネタ。

昨日の鮎、本日の鮎共に腹を開くと、子(卵、白子)が入っていました。

P9020361

(子の一部)

そこで、子うるかにも挑戦してみました。いわゆる子の塩辛ですね。珍味中の珍味とされています。

酒で軽く洗ったあと、1-2割の塩を混ぜて後は(冷蔵庫で?)発酵させます。始めて作るの塩加減などうまくいくか不安です。美味しく食べれればいいなー。(2匹塩焼きで食べ、その白子はうまかったー)ついでに、腹ハタでも苦うるかを作ってみました。ただ、水分をよくふき取るのを忘れてしまい、うまくできるか・・・?

P9020364

1週間後あたりに試食してみます。ちょっと怖い気もしますが・・・・。来年はうるかをちゃんと作ってみたいと思います。

2-3年前から始めた鮎釣りは、一夏に1-2回のみの釣行でした。釣果一匹から始まった今年の鮎釣り、何回行ったでしょうか?鮎の美味しさもたっぷり味わいました。満足、満足。

さあ、来年に向けて竿代貯金しなくては。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ

« 月食 | トップページ | チヂミウスコモンサンゴブリード »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

鮎釣り」カテゴリの記事

コメント

相変わらず釣果もお料理もすばらしいですね!
でも折れた竿で引き抜きとかできるんですか?
鮎竿って、かなり繊細だと思うんですが、
補修はどうやってなさったんでしょう・・・?

ここ最近で、川の中の季節もガラリと変わったような気がします。
実りの秋ですが、川釣師にとっては寂しい季節でもありますね。

オレンジ様
こんばんは。
鮎竿ですが、継ぎ目のちょっと上が折れたので、折れた部分の上にビニールテープを巻いて太くしました。振り出し竿なので、これで伸ばしても抜けなくなります。でも、やっぱり感度が非常に悪いです。今回、鮎竿の繊細さがよく分かりました(笑)

本当に東北の季節の移り変わりは速いですよね。ヤマメイワナももう少しで終わりですね。楽しく納得のいく釣行期待しています!

I病院のFです。時々のぞいています。HPはH先生から聞きました。
そろそろ川にも慣れてきたようなので来年あたり本当の友釣りを伝授しましょうか。
竿を折ったようなので、まずは9.5Mの急瀬タイプ(シマノではH2.75)の竿が欲しいところですね。25cmまではどうにか抜けます。
今年は鱒も鮎も扇田から上にはいってません。
鱒も一回行きましたが0でした。小さくても3本はナカナカです。
料理のほうもそれなりに努力してこれからがたのしみです。連絡、おまちします。

F様
こんばんは。
来年は師匠と呼ばせて頂きます。よろしくお願いします!
竿が(残念ながら笑)折れてしまったので、来年に向けて何を買うか検討中です。がまかつ、シマノ、ダイワ、秋のボーナスまでゆっくり悩みたいと思っています。
鱒は、解禁日のみ2匹でした。今年はかなり厳しい年だったようで、初日に釣れてラッキーでした。来年は6月1日が土曜日、かなり混みそうですね。今からどこに入ろうか悩んでいます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192431/16324779

この記事へのトラックバック一覧です: 今期鮎釣り終了?:

« 月食 | トップページ | チヂミウスコモンサンゴブリード »