フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月27日 (木)

外道もおいしい

昨夜、ちょっくら夜釣りへ。

ちょっくらといっても片道1時間ちょいかかりますが、米代川河口へ。20時半から0時半までルアーを投げてきました。家でテレビをみながら横になっているより、私にとっては疲れがとれる?かな。

結果は、

P9270396

34cmのヒラメ一匹でした。残念ながらシーバスはゼロ。気配ありませんでしたね。こりゃ、相当根気よく通わないと2匹目のシーバスは厳しそう・・・・。

本日ヒラメは、刺身とムニエルでお腹の中へ。

当然美味しかったですよ。

美味しいといえば、最近妻がこっている手作りパン。

なかなか評判がよろしい。

P9270399

採りたて、できたては美味しいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ(ポチッとお願いします)

2007年9月25日 (火)

完敗

3連休の続き。

栗を拾った夜、シーバスを狙って米代川河口へ。翌日も休みなので、明け方までがんばる覚悟で出発。ただ、前回(15日)以外とあっさり釣れてしまったので、釣れれば早めに帰宅かな、なんて軽く考えていました。

結果は・・・。完敗です。

6時頃から釣りはじめ、夜中の2時過ぎから5時過ぎに仮眠をとった以外、ひたすら竿を振り続けましたが、あたりすらなし。私の腕の問題もあります。ただ、お話をした釣人の情報によると大雨の影響がやはり残っているようです。本来なら、この時期爆釣するはずだそうです。でも、この日はかなり状況が厳しかったようで、仕方ないですかね。

それで、一番びっくりしたのは、河口に突き出た砂浜が消失していた事でしょう。

P9240414

線で書いたような感じで、砂浜が延びていたはずです。でも、矢印のところをアップして見てみると、伸びていた砂浜が削れているのが分かります。

P9240419

やはりこの間の大雨は凄かったようです。

鮎は流されずに卵を産んでくれたかな・・・。

さて、朝に家に帰宅し、子供達と祝日の過ごし方を相談した結果、再び能代へ海釣りに行く事に決定。ハゼ釣りとアジを狙って出発。

能代港周辺では、サビキ釣りを楽しむ太公望でいっぱいでした。

P9240405

秋晴れの気持ちよい天気。子供達も楽しんでいたようです。

P9240399_2

1時頃から5時頃までの釣果です。

P9240413_2

ハゼ、鰯、チダイ。帰宅後、から揚げにしてお酒のつまみとなりました。小さなあたりを楽しむハゼ釣りも面白いものです。しかし、サビキ釣りは苦手なんだよな・・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ(ポチッとお願いします)

十五夜

今日は十五夜ですね。

P9250426

映っている建物は、本日からリニューアルされた大館市立病院の新しい病棟です。周りに高い建物がないので、随分立派にみえますね。

P9250434

昨日拾った栗も一緒に飾ってみました。だんご食べ過ぎないようにしなければ。

2007年9月24日 (月)

栗拾い

相変わらず忙しい3連休でした。

土曜日は、次男の運動会。しかし、仕事があり私が到着した時は終了寸前でした。

でもなんとか最後のフォークダンスには間に合い少し参加してきました。妻曰く今までで一番笑った運動会だったそうです。

P9220347

午後は予定外に時間が空き、弘前へ。日本動物学会の公開シンポジウムで、クマゲラと昆虫の話を子供達と聞いてきました。

日曜日は、またまた幼稚園の催しで、ローカル線の花輪線にのって、2駅先のプール(トムトム)へ行ってきました。

P9230358

大滝温泉駅からプールまで片道15分位の道をテクテク徒歩で往復します。

P9230360

秋晴れの快晴、のどかな風景、気持ちよかったですね。

P9230367

プールには流れるプール、ウォータースライダー、25mプール、温泉等があります。

子供達は大喜びでしたね。私も楽しくてついウォータスライダーを何度も降りてしまいました。

もう一つ楽しみだったのが、久しぶりの電車。花輪線はまだディーゼルで走っている立派なローカル線です。

窓から見える田園では稲刈りが始まっているようです。ローカル線のディーゼルの音を聞きながらウトウトするのは本当に気持ちいいですよ!時折みえる河原をみると先日の注中豪雨のすさまじさが良く分かります。川沿いの木のかなり上の方までビニール袋などのゴミが引っかかっていました。(花輪線もまだ一部区間、運休中です)

P9230376

さてタイトルの栗拾いについて。

プールへの道のりで一本の栗の木を発見。子供達数人が栗拾い。これが結構落ちているんですね。結局、電車で大館についた後、私達家族のみ、再び車で栗の木の場所まで戻って栗拾いしました。

P9230385_3

こんな立派な栗も。

P9230383

帰宅後、早速蒸栗にして食べてみました。P9240386_4

自分でとった栗は美味しい!妻は、栗を食べながら、縄文人が主食にしたのが良く分かると妙に納得しておりました。

まだまだ連休中の出来事がありますが、あー眠い。

という訳で続きは後日。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年9月17日 (月)

ブルームウミアザミ頂きました

今日は海水魚仲間でリンクさせて頂いているatollさんhttp://epipelagic.blog78.fc2.com/のお宅へお邪魔してきました。

現在120×60×60cm水槽が稼動しています。イヤー、きれいですね。そして迫力があります。でっかいスキマーがあり水はピカピカ。そして魚もブラックバンドエンゼル、グリフィスを始め皆生き生きしています。詳細はブログにきれいな写真がありますので是非拝見をしてみて下さい。しかも、近日中にサプライズな発表があると思いますので要チェックですよ。

帰りにお土産をもらってしまいました。爆裂中のブルームウミアザミを分けてもらいました。

帰宅後早速水槽の中へ。120cm水槽では小さく見えたのが、60cm水槽に入れるとボリュームたっぷり。水槽の右サイドに配置。

P9170345

入れた直後なので、まだポリプが閉じていますが、今後が楽しみです。

そして水槽全景。すこし賑やかになってきたかな。

P9170359

あれ、魚が。そう、先日秋田に行った時に、帰りに海水魚屋さんによって、ハタタゼハゼ2匹とカクレクマノミ(ブリード物)2匹購入してきたのです。カクレの一匹は、バンドが乱れていて面白いので購入しました。どれも比較的値段が手頃なので、テストフィッシュ的な意味も踏まえて決めました。(魚にはちょっと気の毒)今のところ、皆元気です。なんとか水槽は落ち着いたようです。

さて、先日妻が捕まえたハオコゼ。(妻や子供達は箱メガネを使って楽しんでします。)

1

なかなか、餌を食べる気配がなく、ちょっと手強そうです。

大きさは2-3cm、胸ビレを使ってヒラヒラ泳ぐ姿や岩陰から顔を出している姿はかわいいですよ!

P9170360

そして今日のタツノオトシゴ。なにやらパチンと微生物を食べているようです。

P9170350

最後にタツノオトシゴの動画。左右に体を揺らす仕草が面白いですよー。

(動画みれますか?私のパソコンではQuick Time Playerで見れますが)

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ (ポチッとお願いします)

2007年9月16日 (日)

タツノオトシゴとシーバス

昨日は二つの喜びがありました。

この3連休、晴れそうなのは昨日のみ。久しく遠ざかっていた海へ遊びに行ってきました。

今年の夏は、鮎釣りで忙しかったので、毎年通っていた海へは一度も行っていませんでした。

大館を10時半頃出発して、まずは深浦方面の日本海を目指します。

途中八峰町付近にあるお気に入りのパン屋さんへ。ここのパンは白神こだま酵母を使っており、モチモチの歯ごたえがとても美味しいのです。以前の鷹巣在住時代、夏は毎週のように海へ通い、このパン屋に立ち寄っていました。

P9150319

道路沿いから見える海岸線です。

P9150324

そして目的地の海岸(磯)へ。

P9150444

ここは、手前が砂交じりの浅い潮溜まりのような感じになっており、子供達を遊ばせるには丁度よい場所です。そこにカニやヤドカリ、ハゼが沢山いて面白いのです。

私は、

Photo

こんな感じにウェットスーツ(3mm)を着込んでシュノーケリングです。シュノーケリングといっても、ただプカプカ浮かんで海の中を眺めて生き物を探すだけです。ほとんど潜りません。

この時期に海!と思うかもれません。でも、ここ青森の日本海は、水温が最も高くなるのは8月下旬から9月の始めなんですね。だから、水の中は比較的暖かいのです。とはいってもウェットスーツがないと数十分が限界と思いますが。。この装備で約2時間海の中で浮いていられました

そして一番の目的は、昨年かった防水デジカメ(オリンパス μ725SW)で、水中写真をとってみると言う事でした。今まで、眺めるのと飼育したい生物を採取するだけでした。でもあのきれいな海の中を写真で撮ってみたかったんですね。

という訳で、まずは水面に浮かんで浅瀬を眺めた写真から。

P9150325

ここの海は磯なので、水が棲んでいてとても気持ちがいいのです。太陽がもっと照り付ければ、もっと水の中がキラキラ輝いているんですけどね。

周りには海藻が生い茂り、いろんな生き物達がいます。

P9150330

まず登場したのが、お決まりのアメフラシ。大きいのは手のひらサイズありました

P9150326_3

たくさんいたのはベラの幼魚?とてもすばしっこいです。

P9150333

なんとか2匹捕まえました。

更に、岩陰にはスズメダイがいます。

P9150348

魚だけではありません。こちらはケヤリ。赤と白のコントラストがきれいです。

P9150338

ウニとケヤリ。ウニが美味しそう(笑)

P9150342

ケヤリといえば、今回初めてみた模様のケヤリがいました。

P9150428

初めてといえば、こちらサラサエビ。普段、海水魚屋さんで売っているサラサエビ(キャメルシュリンプ)が、岩陰に沢山いました。数年前、一度だけ妻が捕まえた事がありましたが、水中で見るのは初めて。しかもこんなに沢山いるとは。

P9150374

ケヤリの右上に、キャメルシュリンプのハナが沢山突き出ているのが分かりますか?皆同じ方向をみてなんだか面白いですよね。2匹だけ捕まえてきました。

P9150413

そして更にプカプカ浮いていると、海藻の揺らめきとはちょっと違う動きをしている生き物が。この中に生き物がいるの分かりますか?(背中側からなので分かりにくいですが)

P9150351

そう、タツノオトシゴでした。逃げ足は極めて遅いので、ゆっくり捕獲。

P9150355

最近、家の本水槽に微生物が結構発生しているので、帰宅後本水槽へ放してみました。今まで、最長3ヶ月しか生きなかったので、それ以上は生きてほしいな・・・。(タツノオトシゴは基本的に生きた餌しか食べないので、飼育がかなり難しいのです)

生物の写真更に続きます。

おなじみのナベカ君。妻のアイドルです。

P9150358

アップ写真。こんなかわいい顔して、性格は結構凶暴なのです。なので、今回は捕まえませんでした。(マガキガイやシッタカを突っついて食べてしまうのです)

P9150441

クロスジギンポ?とアナハゼの一種?

P9150385

魚はどこだ?①

P9150422

P9150438

岩の穴からちょこちょこ顔を出すのがかわいい。

こちらは鮮やかなウミウシ。アオウミウシですね。

P9150367

こんな大きいのもいました。

P9150436

黒いウミウシも。

1

最後に、アオリイカ(?)。

すぐ横の岩場の上では若者達がアオリイカを狙ってエギ(ルアーの一種)を投げていました。(笑)ここにいるよーと声をかければよかったですかね。ちなみに私もエギを持ってきていましたが今回は投げませんでした。

P9150419

さて、これで海の中の話は終わり。2時間程でさすがに少し寒くなり終了しました。この他、アミメハギ、フグ、ウミタナゴ等の魚も見れましたよ。妻は、2-3cmのかわいいハオコゼを捕まえていました。ちなみに、3年前のこの時期に、死滅回遊魚と思われるチョウチョウウオを一度だけ見たことがあるんですよ。いつかまたみたいなーと思って通っています。

随分長い記事になってきました。

海から上がったのは15時半過ぎ。今日の満潮は18時前。満潮前後は魚が最も釣れる時間でもあります。自宅へ帰る途中に、シーバス(スズキ)の有名ポイント、米代川の河口があります。これは寄るしかないでしょう。

という訳で、途中道の駅で早めの夕食をとり米代川河口へ。

5時半頃、現地到着。早速ルアーをセットして、まずは水門の流れ出しへ。ん、足元を40-50cmのスズキらしき魚影が横切っています。俄然やる気がでます。時折、逃げ惑う小魚のナブラがたちます。これはいけるかも!とルアーを投げますが残念ながら当たりはなし。あたりは暗くなり、今度は本流の河口部へ。満潮から約1時間、辺りでは時々、魚の跳ねる音と、波紋が見えます。そして、沖合いの波紋めがけてキャストして軽いアクションをリズミカルにかけてリーリングしていると、当たりが!すかさず追い合わせを食らわせて、10秒位ファイト下でしょうか。しかし・・・、突然軽くなり痛恨のフックアウト。

気を取り直し、再度同じポイントへキャスト。もうチャンスはないかなーと半分諦めていると、なんとまた当たりが。先程より更に強く追いあわせをくらわせると、何度がドラグを鳴らしながらも比較的楽に手前へよってきました。先程よりはかなり軽いかな。それでも、人生初のシーバス、慎重にタモを伸ばし、無事ランディング。スズキとはよべない40㎝のフッコでした。でも私にとっては初めてのシーバス。よかったよかった。

P9150453

一匹目のシーバスは大きかった?家に帰ってルアーをチェックするとフックが伸びておりました。またラインもサクラマスに使用した半端物を、スプールに残っていたラインと結び合わせて使用していました。つまり、ありあわせのタックルで挑戦していました。多分、フックアウトしなくても、ラインがいずれ切れていたかも。もう一つのバレた理由は、ヒットポイントがかなり遠かったので追い合わせが弱かったのかも知れません。いずれにせよ、バラしたのは残念ですが、当然の結果なのでしょう。まもなく落ち鮎のシーズン、ますます熱くなると思われるシーバス、今度は準備をしっかりして再挑戦かな!

さて、帰宅後はお決まりの料理で一杯。

スズキの洗い。刺身を氷水にさっとさらします。関東のシーバスは泥臭くて食べにくいと聞きますが、こちらのシーバスは美味しいですぞ。

P9150458

酢味噌と醤油で食べました。私はわさび醤油の方が好きかな。プリプリした歯ごたえがたまらない。でも、なんで新鮮な刺身って、みんな甘く感じるのだろう。

アラでうしお汁も作ってみました。

P9160321

いいダシが出ています。

やっとこれで昨日の記事終了。さすがにこの記事を書くのには時間がかかりました。最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。

最後に我が家の水槽に放たれたタツノオトシゴです。(ぶれてますけど)

P9150479

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 釣りブログへ (ポチッとお願いします)

2007年9月11日 (火)

大館神明社大祭2日目

大館神明社大祭2日目

祭典祝い水 を見てきました。

お囃子と掛け声のリズムにのって、水を掛け合います。6台の山車が交差点に集合。各山車同士で水を掛け合い、囃子合戦。迫力ありましたねー。

P9110335

このお囃子と掛け声を文章で表現するのは難しい。動画に頼ってしまいますが・・・。

向かい同士の山車で水の掛けあい

最後は6つの山車でいっせいに水を掛け合います。

「P9110334.MOV」をダウンロード

そのまま囃子合戦へなだれ込みクライマックスへ、その後各地元へお囃子を響かせながら帰っていきました。

これでいよいよ大館の短い夏が終わり、長い秋・冬の到来です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年9月10日 (月)

大館神明社大祭

本日明日と大館神明社大祭です。

次男が稚児行列に参加するので、ちょっと昼仕事を抜け出し見てきました。

初めて見る祭りでしたが、これがなかなか面白い。派手さはけっしてありませんが、地元のお祭りという感じでとても気に入りました。今まで見た祭りでいうと花輪ばやしに似ており、しかもけっして花輪ばやしに負けていません。

昼の部では、まずは神明社の御神輿神幸、そして奉告祭神事。

P9100364

再びわっしょいの掛け声とともに御神輿が通り過ぎます。

P9100373

P9100369

その後、稚児行列が続きます。

P9100381

おまけ。

P9100336

そして、運行をを待ち構える山車。

P9100389

そして運行開始。お囃子が鳴り響きます。

P9100393

P9100402

山車の上ではお囃子にあわせて踊りが披露されます。

P9100359

動画も載せてみました。

そして夜には、田乃坂越えという坂を一気に上るハイライトがあります。

夜にライトアップされた山車とお囃子、そして威勢よい掛け声と共に山車が駆け上がります。

P9100415

動画です。

しかし、なんでお囃子や太鼓の音をきくと懐かしく、幸せな気持ちになるのでしょう?

今はやりのスピリチュアルな観点からいくと、私の前世と関係あるのかな?

明日は水をかけ合う祭典祝い水でクライマックスを迎えます。楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年9月 9日 (日)

プチビオトープその後

今日は台風一過なのか秋田でも30度を越える暑い一日でした。

本当は釣りに行きたいところですが、秋田市に用事があり断念。なぜ秋田市に?

免許更新に免許センターに行ってきたのです。最寄の警察署でできるのでは?いや、私は初回講習を受けなければならなかったのです。最寄警察署の初回講習は平日の午前中なのでとても無理。という訳で秋田市の免許センターへ。運転免許はとって10年以上、なぜいまさら初回講習?。実は前回、免許更新を忘れてしまったのです。幸い6ヶ月は過ぎずに気付いたので、試験をうける必要はなく再取得できました。でも今回は免許取得3年後の講習は初回講習になってしまうのです。しかも、2回連続で免許更新を忘れているので、初回講習を受けるのは3回目・・・・・。転勤族の私は、免許の住所変更をつい面倒でやらず、更新の連絡ハガキが届かなかったのです。今回は、住所変更をしていたので無事ハガキが届き忘れずに免許更新となった訳です。(ハガキは無くしてしまいましたが・・・)引っ越した方注意しましょうね(笑)

途中の秋田道の八郎湖SAにある展望台からの眺め。デジカメのパノラマ機能を使ってみました。

Photo

無事免許更新は終了。2時間の講習は長かったですね。でもちょっと気が引き締まる思いにもなり、たまに講習を受けるのもいいのかもしれません。

話題は変わって、ビオトープのその後。ビオトープとはhttp://tasyumiyuyu.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_8556.html

投入したホテイ草が爆発的に増え生い茂っています。

P9070365

(ホテイ草は増えすぎ一部他のバケツと水槽へ移しています)

ホームセンターで購入したメダカが、卵を産み7月中旬?に数匹赤ちゃんが生まれました。現在少しずつ成長中です。ちなみに餌はほとんどあげていません。

P9080377

最初にはなしたヤゴ?はまだトンボにならず・・・。昨日水中で生存しているのは確認しました。

今年成虫になるのかな??

P9080378

こんなに小さかったドジョウの赤ちゃん?http://tasyumiyuyu.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_8616.html

大きくなっていますよ

P9080386

そして子供の顕微鏡で微生物を見たときの写真の一つ。

P8200259

カゲロウの仲間?

ホテイ草の上に旅立った殻を見つけました。

P9070345

顕微鏡の微生物と同じなのかな??

息子はこのビオトープを夏休みの研究としてなんやらゴソゴソやっておりました。

しかし、もし今度引越しとなった時はこの生き物達、どうしよう・・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ

2007年9月 7日 (金)

鮎甘露煮の味は?

台風が通り過ぎました。

この増水で明日の釣りは無理。日曜日には釣り可能かもしれませんが、私は用事があるのでやはり先週の日曜日で今シーズンの鮎釣りは終了となりました。

ところで、先日の鮎の甘露煮。なかなか美味しいですぞ。

P9070370

甘露煮一匹で、白飯が何杯も食べられそうです。

左上に映っている添え物。これはミズ(ウワバミソウ)にできるムカゴの醤油漬けです。

ムカゴとは秋にミズの葉の付け根にできるコブ(珠芽)です。(ヤマノイモのムカゴは食べた事がありましたが) ミズの茎はよく食べますが、このムカゴを食べるのは初めてでした。妻がJAでたっぷりのムカゴを180円で買ってきました。これがまた美味しい。

P9070373

また一つ美味しい食べ物を見つけてしまいました。

あと、ウロと子のうるか。只今冷蔵庫で熟成中です。時々かき混ぜて味見と称してご飯ののっけて食べております。これが鮎の風味たっぷり!このまま腐らず更に美味しくなってほしいですね!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ

2007年9月 4日 (火)

チヂミウスコモンサンゴブリード

久しぶりのアクアネタ

引越し⇒水槽大崩壊⇒レンテン購入⇒レンテン☆ その後、カクレクマノミ、コケギンポ、ナベカ全滅・・・。残るはホワイトシュリンプ、キャメルシュリンプのみ。

ここ2ヶ月は魚、サンゴの購入をストップし、水槽が落ち着くのを待っていました。

魚がいなくなった水槽では、ハナガサのポリプの開きが悪い以外は順調でした。魚がいなくなった影響か、最近はライブロック、ガラス面に発生する微生物が目立ちます。以前にも書きましたが、発生する微生物を観察するのもなかなか面白い。

最近ガラス面にワシャワシャと発生しているフナムシが小さくなったような微生物はなんなのでしょうか?ヨコエビとは明らかに違います。どのたか名前が分かったら教えてください。こんなのです。

Photo

悪い生物でないですよね?

それから、先日久しぶりにサンゴをひとつ購入しました。静岡県の店からやってきたチヂミウスコモン ブリード(養殖物) メタレッドです。

P9040321

メタレッドというよりはオレンジ色でしょうか?水槽の中に、赤系の色がほしかったのです。

そして全体はこんな感じです。P9040318

魚もいなく、けして人に見せられる水槽でありませんが、これからゆっくりゆっくりと、少しずつ充実させていこうと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

2007年9月 2日 (日)

今期鮎釣り終了?

米代川はすっかり秋の気配が漂ってきました。稲穂もすっかり黄金色に色づいています。

P9020360

川では太陽が陰ると長袖でも寒く感じます。

昨日、本日と午後のみ鮎釣りに行ってきました。来週の土日は用事があり、できても土曜の午前中のみ。本日が今年最後の鮎釣りかもしれません。

昨日は、昼過ぎに家族で行けるいつもの河原へ。

P9010322

河原でお湯を沸かしカップラーメンを食べた後釣り開始。

珍しくこのポイントに人がいませんでした。風と流れてくる草に苦労しながらも、自由に竿を出せたのがよかったですね。私としてはまずまず順調に魚は掛かり、いつもの大場所で23cmの鮎も釣り上げ、5時過ぎまでに17匹と満足となる結果でした。

そういえば、一昨日洗って干していた竿が倒れており、直そうとした瞬間ストーブの角にひっかかって、バキという嫌な音が・・・。折れてました(泣)。応急処置をしての釣りだったのです。その影響と風のせいで、手元への感度がほとんどなく、目印の動きだけであたりを取る状況で、釣ったというより釣れたという所でしょうか。

P9010335

帰宅後、今回は甘露煮に挑戦してみる事にしました。

まず、腹ハタを取り出し、素焼きにします。我が家の魚焼き器は一回で4匹が限界なので、この素焼きを作るのだが大変でした。おとり用に残した3匹を抜かした14匹を焼き上げました。本当は焦げ目がつかない方が良いのですが・・・。

P9010347

これで1日目終了。

これを、1-2日陰干しします。

P9010349

そして、今日。

朝から風が強く、釣りができるか微妙。川へ行ってみると、鮎中毒の釣り人たちがちらほら見えます。入りたかったポイントは人がいたので、まだ竿を出したことのないポイントへ移動。

P9020356

下流に数人のみ釣り人がいます。あの照りつける太陽の下、鮎竿が並ぶ景色はもう終わりだなと少し寂しい気持ちになりました。

人がいないポイントで、昨日釣ったおとり鮎をつけ釣り開始。

相変わらず魚の動きを手元に感じられず、目印の動きであたりを待ちます。しかも、今日はもの凄い風。無理に竿を動かすとまた竿が折れそう・・・。それでも、小さいながらも鮎がポツポツと掛かり、終わってみれば16時過ぎまでに13匹の鮎がおとりカンに収まっていました。もう、釣れてくる鮎はだいぶサビが入っています。

帰宅後、昨日陰干しした鮎を煮込みました。

まず、お酢で煮て骨を軟らかくしました。その後、番茶を入れて30分煮込みます。

P9020363

番茶で煮込むなんて知りませんでした。その後、酒、みりん、しょうゆ、三温糖で2時間程煮込みました。最後に、水あめで照りをつけて出来上がり。

P9020312

後は、冷めるのをまって取り出します。(いろいろ調べて、一番簡単な方法を選びました。圧力なべがあれば、もっと簡単につくれるみたいです。逆に時間をかける人は、もっともっと煮込むようです。)しかし、甘露煮がこんなに手間がかかるとは知りませんでした・・・。

もう一つ鮎料理ネタ。

昨日の鮎、本日の鮎共に腹を開くと、子(卵、白子)が入っていました。

P9020361

(子の一部)

そこで、子うるかにも挑戦してみました。いわゆる子の塩辛ですね。珍味中の珍味とされています。

酒で軽く洗ったあと、1-2割の塩を混ぜて後は(冷蔵庫で?)発酵させます。始めて作るの塩加減などうまくいくか不安です。美味しく食べれればいいなー。(2匹塩焼きで食べ、その白子はうまかったー)ついでに、腹ハタでも苦うるかを作ってみました。ただ、水分をよくふき取るのを忘れてしまい、うまくできるか・・・?

P9020364

1週間後あたりに試食してみます。ちょっと怖い気もしますが・・・・。来年はうるかをちゃんと作ってみたいと思います。

2-3年前から始めた鮎釣りは、一夏に1-2回のみの釣行でした。釣果一匹から始まった今年の鮎釣り、何回行ったでしょうか?鮎の美味しさもたっぷり味わいました。満足、満足。

さあ、来年に向けて竿代貯金しなくては。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »