フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« デジカメ復活 | トップページ | ヒメボタル観察とクワガタムシ »

2007年7月16日 (月)

3連休

3連休も今日で終わり。

楽しい事、悲しい事いろいろありました。

まずは、書くのが辛い悲しい御報告を最初に。

白点に苦しんでいたレンテンヤッコが残念ながら死んでしまいました。2晩家を空け月曜日の早朝家に戻ると、嫌な予感が的中。ライブロックが一部崩れており、水槽の片隅にレンテンヤッコが横たわっておりました。白点が原因でしょうか・・・。出発前は白点がでながらも餌食いは良好だったのに。やはり、60cm水槽では狭すぎてストレスが強かったのかもしれません。しばらく、水槽が落ち着くのを待ちながら、今後の水槽の方向性についてゆっくり考えようと思います。

さて気をとり直して、明るい話題を。

14、15日と青森県の白神山地を流れる赤石川で遊んできました。

14日に弘前、岩木山岳温泉、黒森山を通って赤石川熊の湯温泉へ。台風が近づいているので、釣りができるのは14日のみと考え、早めに出発する予定でした。しかし、時間にルーズな我が家は、結局今回の宿である熊の湯温泉についたのは昼近くになってしまいました。

P7150046

熊の湯温泉は、学生の頃から出入りさせて頂いており、いろんな思い出があり、またこれからも思い出の場所としていきたい特別な場所のひとつです。

熊の湯温泉で、オトリ鮎を2匹(600円×2)と入漁料(1日400円)を購入。オトリ鮎はここの御主人が釣ってきた天然鮎です。もし、釣れなくても天然鮎は食べれるのです(笑)

釣り場所は、熊の湯近くのキャンプ場付近としました。もっと下流の方が人が入っており、そちらの方が釣れるのだろうと思いました。しかし、今回は子供達も連れてきており、人が多いところでは迷惑を掛けそうなので、なるべく空いていて、河原が安全なところを選びました。

こんな感じです。

P7140030

日が傾いた時の写真ですが、緑の山が川岸まで迫っており、きれいでしょー。とにかく、水も空気もきれいで釣りをしていてとにかく気持ちがいい。釣れなくてもいいと言いつつ、夢中になって釣りをしている私。

P7140028

赤石川は腰まで立ち込むような場所はほとんどなく、安心して釣りができます。また、大石が点在しておりいかにも渓流といった渓相なので、ポイントを目で見て作戦をいろいろ考える楽しさがあります。

夕方17時半位まで鮎釣りを満喫しました。そして結果は・・・。

8匹でした。目標の2匹は大きくクリア。しかし、相変わらず、取り込みでは何度か失敗し、網の外へ飛んでいってしまうは、オトリ缶に入れるときに逃がしてしまうはと、たくさんの反省点が残りました。まずは基本動作が身につくまで我慢我慢ですね。ちなみに上手な人は3-4時間で30-40匹の世界です。それだけ鮎釣りは上手い下手が如実に結果へ現れます。それがこの釣りの魅力の一つなのかもしれません。

P7150048

型は16-7cm前後でしょうか。ほぼ皆そろっていました。超初心者の私としては、丁度よいサイズでしたね。

写真では分かりにくいですが、赤石川の鮎は金鮎といって体がうっすら黄金色(黄色)をしています。きれいな水、きれいな苔を食べて育ったこの金鮎は、美味しい鮎としても有名です。

帰宅後、塩焼きにして食べました。いやー、美味しかったなー!!ハラワタは取らずに焼き、頭から尻尾までまるかじりで食べます。ハラワタのほのかで軟らかい苦味が口全体に広がり、幸せな気持ちになります。お酒がすすみますね。

子供達は河原周辺で遊んでいました。一緒に時間を過ごしてくれた妻に感謝。

P7140003

近くの店の店員さんの話では、小学校では毎年釣り大会があり、低学年の子供達はカジカ釣りをするそうです。その辺に落ちている枝で十分釣れるとの事で、今度来る時は、カジカ釣りの仕掛けも準備しようと思います。

たっぷり鮎釣りをした後は温泉に入ってさっぱり。そして夜ご飯は、山菜づくしです。

P7140035

小皿の下にまだ山菜料理が隠れているんですよ。山菜好きにはたまらない夕食です。

夕食後は、今回のメインイベント第2弾、森に飛ぶヒメボタル観察です。

続きは次回に。

ちょっと付けたし。こんな素晴らしい赤石川ですが、上流赤石ダムや堰堤ができる前、上流でブナ林伐採が行われる前は、もっともっと水量が多く、魚も多かったと聞きます。その頃の赤石川へ少しでも近づけばいいなーと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 釣りブログへ

« デジカメ復活 | トップページ | ヒメボタル観察とクワガタムシ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

海水魚」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

飼育一般」カテゴリの記事

鮎釣り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
レンテン残念です。
やっぱり海水魚飼育難しいですよね。同じ水槽で飼ってて白点ぜんぜん平気な魚もいれば、なかなか完治しない魚もいますし。

ところでご家族での旅行うらやましいかぎりです。私も大自然の中で子供達と遊んでみたいです。

アデヤッコ様
海水魚飼育難しいです・・・。すっかり自信を無くしてしまいました。でも今回の失敗を無駄にしないようがんばっていこうと思います。
家の中でじっとしていられない性格で、つい子供も連れ回してしまっています。

こんにちは
お魚さんほんとに残念ですね・・・
私も実は高校生の頃、熱帯魚(淡水)を飼っていたのですが、
小遣いではまともな設備が整わず、魚に悪いことをしてしまいました。

赤石川の鮎のほうはみんなで楽しめてよかったですね!
毎度思いますが、写真も楽しくていいですね!
うちはまだ子供が小さいので、一緒に釣りが出来るように
なるのが今から楽しみです。

オレンジ様
こんばんは
淡水魚、海水魚飼育難しいです。(涙)
また、お金もかかります(更に涙)
好きでやっているのですがね。
赤石川いいですよー。宿に泊まっていた人は、朝にちょっと言ってきて尺上のイワナ3匹釣ったと言ってました(餌釣りですが)
子供達を遊ばせるにも、ちょうどいい感じの河原がいっぱいあります。
時間があったら是非足を伸ばしてみてください。
ブログの名前が超釣親子に変わるのを楽しみにしています(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192431/15782656

この記事へのトラックバック一覧です: 3連休:

« デジカメ復活 | トップページ | ヒメボタル観察とクワガタムシ »