フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 米代川に感謝 | トップページ | 考察あれこれ »

2007年6月 3日 (日)

鳳凰山登山

無事サクラマス釣り初日を終え、昨日は予告どおり鳳凰山登山となりました。

そうそう、新聞、釣具屋、監視員の話によると今年は、サクラマスの数が少ないようです。その中で2匹も釣れたのは、かなりラッキーでした。私が入ったポイントは、大館地区で一番釣れていたらしく、しかも高校生が同日同時刻に67cmをあげたとの事。私の上流で一本あげていた人かな? ま、とにかく運がよかったです。でも、2匹目を釣った時、あまりの興奮にタモを忘れてきてしまいました。本日、見に行きましたが当然なくなっていました・・・・。仕方ないですね。

さて、登山の話に戻ります。8時に岩神貯水池の駐車場に集合。今回は、幼稚園の年長さんが主役の登山です。

P6020140

これでほぼ年長さん全員。え、少ない?、アットホームでいい幼稚園ですよ。

さて、車数台に乗り込み樹海ラインを通って、登山口へ。岩神貯水池から直接鳳凰山頂上を目指す登山道もありますが、そちらは下りで使うようです。つまり登りと下りのコースが違う縦走形式ですので、脱落は許されません。

登山口から最初は杉林を進みます。

P6020144

この幼稚園を卒業した小学生も数人参加しています。毎年の恒例登山になっているみたいですね。

P6020145

途中休憩をとりながら、40分程(だってけな?)上ると、突然視界が開けます。

P6020150

眼下には、大館の町並みと、子供達が普段サッカーの練習で使用している樹海ドームが見えます。次男は、ダンゴムシみたいと騒いでいました。こう見ると、大館は山に囲まれた盆地だという事が良く分かります。青空が広がる最高の天気でした。まるで鳥になったよう!と妻が騒いでいました。

そして、この開けた登山道には、薪のやぐらが点々と積まれています。これなんだか分かりますか?

P6020149

下から見るとこんな感じ。

P6020146

大館に来たことがある方なら、町から見える山の斜面に、大の字が書かれているの知っていますか?お盆の大文字焼で知られるている山、それが鳳凰山なんですね。知らない方は、こちらを。http://www.city.odate.akita.jp/dcity/sitemanager.nsf/doc/daimonji?OpenDocument

この登山道は、まさにこの大の字を歩いているのです。写真は、大の字の横線部分に当たります。そして、この薪のやぐらが、お盆に燃やされ、夜空に大の字を浮かび上がらせるのです。火がこのように燃やされているとは全く知りませんでした。しかも、このやぐらいくつあると思いますか?

98個あるそうです。驚きですね。これをこの急斜面に積み上げている方がいると思うと頭が下がります。

その後頂上直下の急斜面を園児達ははいつくばって登り、無事頂上へ到着。

P6020151

約1時間ちょいの行程でした。でもひたすら登りなので、皆さんよく登りました。

頂上からは親しみのある岩木山、八甲田山も見えます。(今回は岩木山は見えませんでしたが)ジュースやお菓子を食べて休憩した後、下山です。目指すは車の置いてある岩神貯水池駐車場です。

P6020155

頂上直下の急斜面。写真だと分かりにくいですが、結構急で、天気が悪いとかなり大変だと思います。

急斜面を過ぎると、雑木林の快適な尾根道を、春ゼミの声を聞きながら歩きます。

P6020156

そして、木の間から岩神貯水池が見えてくるとゴールは間近です。

P6020158

途中、湧き水に喉を潤し、湖畔へ到着。

とにかく天気がよく気持ちよかったですねー。湖面の輝きも見事です。

P6020159

振り返ると

P6020165

頂上付近のはげているところが、大文字が書かれているところです。あそこまでよく園児達は登って降りてきました。一人もおぶられることなく、自分の足で歩いてきました。普段から良く歩く幼稚園で、バスの送り迎えは一切なく、先生達が園児達を自宅まで徒歩で送ってくるのです。たいしたものだと関心した一日でした。

8月の大文字焼きが楽しみです。子供達も、俺が登った大文字焼きだ!と、うれしいでしょうね。よかったよかった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 米代川に感謝 | トップページ | 考察あれこれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

奥様の学生時代の友達で、大館出身です。
大館を楽しんでもらえているようで嬉しいです。
鳳凰山は小学校の時に1度登ったきりで、夜間登山だったので、こんなに見晴らしが良いとは初めて知りました。
今度子供と挑戦してみます。

たちろん様
始めまして。ブログを読んで頂きありがとうございます。
大館いいところです。家族皆で楽しんでいます。鳳凰山、是非登ってきみください。(真夏は暑そうなので春、初夏か秋がいいと思います)
大館の耳より情報期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192431/15305499

この記事へのトラックバック一覧です: 鳳凰山登山:

« 米代川に感謝 | トップページ | 考察あれこれ »