フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月28日 (木)

水草投入 レンテンヤッコ

一昨日、以前住んでいた鷹巣町にホタル観賞に行ってきました。日中の気温も上がりそろそろいいかなと思いましたが、まだ少し早かったのかちらほらしか飛んでいませんでした。でも一年ぶりのホタルはきれいでしたねー。ここの場所はピーク時に川縁の木にホタルがいっぱいとまり、まるでクリスマスツリーのようになるのがとてもキレイなんです。もう1週間位あとにもう一度行ってみようかな。残念ながら持っているデジカメのシャッターを開放するやり方がわからず(そもそもその機能がないのか)写真はありません。

昨日はホームセンターで水草を購入しプチビオトープへ。睡蓮とホテイ草、名前を忘れてしまったイグサのような草を投入しました。メダカも購入しようと思ったら売り切れでした。後日メダカは仕入れようと思います。

P6280245_1

少しさまになってきました。いずれはこの緑のプラケースを木の枠で隠そうと構想しております。

話は変わってアクア。

先日購入したレンテンヤッコは、少し白点が出現しちょっと心配。今のところフレーク、シュアーなんでも食べており食欲は旺盛です。

P6280256

レンテンヤッコは結構動きが慌しいんですよ。フラッシュなしで写真をとるのはちょいと難しい。フラッシュをたくと色が赤茶けて水槽の雰囲気がうまく伝わらない。でも、レンテンヤッコ自体はフラッシュをたいた方が色はきれいにでるようです。

P6280270

しかし一枚目の写真をみて分かる通り、ちょっと狭そうだなー。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

2007年6月24日 (日)

今日もイベントたくさん。

米代川は昨日からの濁りもとれ、いい感じの水の色でした。最後のサクラマス釣りのチャンスと考える人も多かったのでは。久しぶりにちらほら他の釣り人も見えました。

でも、やはり魚のあたりは全くなし。本当に本日で今年のサクラマス釣りは終了。思い残しのない今シーズンとなりました。

P6240240

田中橋下流から。

夕方今度は大館市で開催している石田ローズガーデン バラ祭りを見てきました。

P6240244

入ると早速通路横にバラがお出迎え。テントではバラジャムや絵葉書、ソフトクリーム等が販売されていました。(バラジャムを購入)

奥に進むと、

P6240272

様々な品種のバラが咲いています。

壁一面に広がるバラ。

P6240270

青空をバックに映えるバラ。

P6240260

枝垂桜のような紅桜

P6240255

源平枝垂れのように花弁が2色混ざったバラ。

P6240267

他にもたくさんのバラがありました。こんなにバラの種類があるとは知りませんでした。

更に日も傾きかけた夕方、近くの池にヤゴと泥を採りに。

今度はなにをするのかというと、知人が昨年、プランターに田んぼの泥とヤゴやドジョウを入れていたら、ヤゴがトンボになったと聞きました。これは、我が家でも是非やってみたいとのことで、その採集に行った訳です。

久しぶりに泥に手を突っ込んで楽しかったなー。でも一番はりきっていたのは子供ではなく、やはり妻でした。妻は小さい生き物をちまちま探すのが大好きなようです。いつも海の採集でも一番あつくなるのは妻です。

ヤゴと沼エビ?、おたまじゃくし、蓑虫のように葉っぱに包まれたなぞの生物などが取れました。

P6240281

帰宅して昨日買って来たトロ船(もともとセメントを練る時に使うもの)に投入。

P6240240_1

でもぜんぜん泥がたりません。また泥を取りに行かなくては。

こういうベランダでつくる水辺の再現をベランダビオトープやプチビオトープ(ビオトープ:様々な生物の生育空間)といって結構楽しんでいる人がいるようです。

またひとつ楽しみが増えました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年6月23日 (土)

でか!

でか!

とは言っても今日は釣った魚の話ではありません。

久しぶりにアクアネタです。

その前に、やっぱり釣りの話も。

昨日まで増水・濁りが入る久しぶりの雨が降り、もうワンチャンスあるかなと思って、朝釣りに行ってきました。でもやっぱりダメでした。空には天使のハシゴがおりて、期待したんだけどなー。まだ、濁りが残っており明日の方が良いかもしれません。

P6230229

本題のアクアネタ。

水槽大崩壊(おそらくニセナマコの死亡が原因)の後、こまめに水換えし、なんとか回復したみたいです。一時、生き残ったクマノミにも白点がでて、魚は全滅か?と思いました。でも、なんとか白点は消失し元気になりました。

ヤッコ3匹が全滅した時は、水槽をたたもうかと思いました。でも、水槽仲間からの励ましもあってもう少し楽しもう!と思うようになりました。そう考えだしたら、何を購入しようかと頭はいっぱいに。スミレヤッコ、シマヤッコ、ポッターは見るのも悲しいので、買う気にはなれません。そこで浮かんできたのがこれです。

P6230240

そうレンテンヤッコです。ネットで調べると値段が・・・。

でも、今後ヤッコの混泳は考えないでこれ一匹に絞って、このレンテンヤッコを飼いたい!。もうここ1週間はレンテンヤッコで頭がいっぱいでした。

そして本日我が家へやってきました。

当初10cmのレンテンヤッコを注文しました。しかし、ショップから10cmのレンテンは餌を食べておらず状態がいまいちとのこと。変わりに14cmの元気な♂がお勧めと電話があり、悩んだ挙句注文となりました。

レンテンヤッコとご対面した感想は、思ったとおり非常にきれい、でもでか!。この大きさの魚を飼うのは始めて。60×45×45の水槽に入れると予想以上にでかい。あわてて古いライブロックを取り出し泳ぐ泳ぐスペースを広げました。でもちょっと窮屈そうでかわいそうかな・・・。

これ以上魚はいれずに大切に育てていこうと誓うのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年6月18日 (月)

ひめますマラソンとフィッシングガーデン七滝

  昨日ひめますマラソンに参加してきました。

大館から、十和田湖畔の会場までゆっくり行って約1時間半の道のりです。会場付近は9時から交通規制がかかるので、7時に出発しました。

天気は最高で、途中笹森展望所からは岩手山も見えました。

P6170232

木の緑と青空が絶妙なコントラストをつくりだしていました。

P6170243

発荷峠につくと眼下には青く輝く十和田湖が広がっていました。

P6170247_1

北側に目を向けると、学生の頃によく登った八甲田山も見えます。

P6170253

9時前に無事スタート地点の十和田湖プリンスホテル周辺へ到着。

湖畔にでると、

P6170258

これまた素晴らしい景色です。

子供達と準備体操をしながら湖畔を散歩したところでいよいよスタートです。

私は10キロ、長男は3キロに出場です。妻と次男は応援に。来年は次男も出場予定です。

P6170259

今年初のマラソン大会となりました。

私なりにがんばって53分でゴールしました。ほとんど練習していなかったので、完走できただけでも良しとしましょう。コースは、雑木林の木漏れ日を浴びながら走る気持ちよいコースです。でも今回は暑かったなー。

P6170270

長男も無事ゴールできました。

その後、ひめます汁(参加者は無料で食べられます)とビールで乾杯。走った後のビールは最高です。

12時30分には交通規制が解け、二つ目のイベントへ向け出発です。大館から十和田湖への行程で樹海ラインを通ります。この途中に、フィッシングガーデン七滝という釣堀があり、いつも通るたび気になっていました。ちょっと調べてみたら、ルアー・フライ専用の池もあることが分かり、マラソンの帰りに寄ってみようと釣り道具も車に積んでいたのです。

今まで、釣堀と聞くとちょっと抵抗がありました。でも、最近?エリアフィッシングとして一つのジャンルが確立されているみたいですね。テレビや雑誌でも結構特集されています。という訳で、今回はエリアデビューですね。

子供達には餌釣りをやらせて、自分はルアー・フライ専門エリアへ。(餌釣りコーナーは、1時間500円、釣った魚は1匹100円でお買い上げ。ルアー・フライは、2時間2000円で釣り放題でした。)管理人さんには、午前中にたくさん釣られたから、午後からはちょっと難しいかもと言われました。でも、せっかく道具も持ってきたし、挑戦する事にしました。

P6170280

こちらが、ルアー・フライ専用池です。ちょっと狭いかな。

でも、炎天下の午後1時45分からだったので、人は2-3人しかいなくゆっくり釣りを始められました。

すると3-4投目にいきなり当たりがありヒット!。ロッドが1.5mの振り出し竿(先端を一回おっているのでももう少し短くなっています)、ラインは4ポンド、ルアーは3.2gのスプーンという軽量タックルなので、実に面白い。上がってきたのは、37cmのマス(養殖サクラマス?)でした。

その後、あたりが無くなったので、以前渓流用にと思って買って使用していなかった、Dコンタクト50mm4.5gへ変更。すると、小さなマスと、38cmのブラウントラウト、42cmの虹鱒とコンスタントにヒットしました。でも、周りの人はほとんど釣れていませんでしたよ!いつも釣れない釣りで辛抱強くがんばっている成果かな?

でも1時間した頃には、徐々に人が増え始め全然ヒットしなくなってしまいました。結局4匹を釣り上げて終了。炎天下での釣りとなり、両方の手は真っ赤に日に焼けてしまいました。

今日の釣果です。

P6170276

エリアフィッシングも奥が深そうです。はまる人の気持ちも少し分かった気がしました。

後は子供達が釣った14匹の虹鱒もお持ち帰り。そんなに持ち帰ってどうするの?

そう、帰宅後本日3つ目のイベント、バーベキューの材料となるのです。

帰宅後、早速腸を取り出し、途中のホーマックで買い出した竹串へ突き刺しました。そして、以前一緒の仕事場で働いた知人のバーベキューパーティーへお邪魔しました。

そして早速、炭火で虹鱒の塩焼きを。

P6170288_1

おいしそうでしょ!またまた冷えたビールをぐいっといきました。

そして、最後は子供達が大喜びの花火で締めくくり。

P6170298_1

いやー、盛りだくさんな一日でした。

(今日は足が筋肉痛です・・・)

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年6月16日 (土)

トランポリンの町大館

大館はトランポリンが盛んです。

実はたくさんの日本代表選手が巣立っているらしいですね。

子供の幼稚園でもトランポリンの授業があります。

本日父親参観日で、私もトランポリンに挑戦してきました。

P6160231_2

これが、結構難しい。きれいに真上に飛ぶのが以外と大変でした。

バランス感覚も磨かれ、また膝などへの負担もすくなくリハビリにもいいそうです。

ちょっと真面目に練習してみたくなった私でした。

さて、明日は十和田湖のひめますマラソンです。昨年までは20キロに出ていましたが、今年は全然練習していないので、10キロにしました。とりあえず天気もよさそうなので、楽しく走ってこよう思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年6月13日 (水)

コヤマトンボ

6月3日のブログで報告した鳳凰山登山でのこと。http://tasyumiyuyu.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_bcb7.html

下山場所の岩神貯水池湖畔を歩いていると、木の枝でキラキラひかるものが。

近づくと、トンボの羽に太陽の光があたって輝いていました。

Photo_2

高い位置に止まっていたので写真がちょっと分かりにくいですが、横にヤゴの脱殻が見えますか? 羽化して羽を乾かしていたのでしょう。

オニヤンマの仲間かなと思いました。しかし、帰宅後図鑑で調べると、エゾトンボ科のコヤマトンボでした。十和田湖や十二湖のような水質のよい湖沼、或いは流れの緩やかな中小河川で見られるようです(青森県のトンボ 2006 青森県トンボ研究会出版より)。滅多に止まらないので写真撮影は非常に難しいとの事で、今回はラッキーでした。

大館近郊にもまだいい自然が残っているようですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年6月12日 (火)

とりあえず今期終了?

今日も、朝釣りに行ってきました。

昨日の濁りも取れ始め、水の色はまずまず。最後のチャンスかなと気合を入れて3時起き。

場所は100m程の瀬が続くポイント。ルアーを変えて2度往復しました。

しかし、魚の反応はゼロ。昨日は真夏日。昨日濁りは出ましたが、水位が上がり魚が動くほどの増水では無かったのかな。

本日、明日も快晴の暑い日が続くようです。とりあえず今期のサクラマスは終了しようかなと思っております。

解禁から約2週間、この2週間を1年間待ち焦がれていました。365日の中のたった2週間ですが、内容の濃い2週間でした。

来年の2週間をあれこれ考えながらまた1年間楽しみたいと思います。(来年引越ししていなかったらですが)

さー、7月からはアユ釣りが始まります。まだまだ楽しみは続きます!

(と思って本日の釣行を終了しました。ウエーダーを脱いでいると、この時上流で釣りをしていた人も上がってきました。するとその釣り人は昨日1本上げたとの事。んー、まだ釣れるのかな・・・。もし、もう一雨降って条件が良さそうだったらもうひと踏ん張りするかも。)

P6100209

これハエの写真じゃないですよ。日曜日朝釣りをしているとエンジン音が遠くから聞こえてきました。空を見上げるとハングライダーにエンジンを積んで飛んでいました。(パワードハングライダーというらしいです)気持ち良さそうでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年6月 9日 (土)

サッカーの応援

今日は、米代本流大館地区は濁りで釣りになりませんでした。

某支流は濁ってなかったので入りましたが全然ダメでした。

P6090201

早めに帰宅した後は、弘前まで子供のサッカー観戦へ。

P6090207

試合が終わった後、つい口うるさく注文をつけてしまいます。いかんいかん。

明日も釣行後、サッカー観戦の予定です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年6月 8日 (金)

今日も・・・

今日も朝行ってきました。

状況はあまり変わっていないようです。

P6080178 も、今日は開けた瀬での釣りをして気持ちよかったー。

朝もやの中を上がる太陽。午前中いっぱい幸せな気持ちでいられました。

午後からは眠くてちょっと不機嫌になったけど・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年6月 7日 (木)

つぶやき

昨夕から夜にかけて雷を伴う雨が降りました。

これでサクラマスが動くかなと期待していました。しかし、今朝少しだけ川を見に行きましたが、思ったほどの増水、濁りはなし。水温は大館地区で16度でした。サクラマスの跳ねも見えませんでした。(昨日よりは水温が下がったので、今朝はむしろ活性が低い?)

日中も雨は降らずかなり暑かったみたいです。もう少し雨が降ってほしいんだけどなー。

2007年6月 5日 (火)

考察あれこれ

釣りと海水魚についてあれこれ。

米代川サクラマス解禁を向かえて5日間。初日に運よく2匹のサクラマスを釣る事ができました。しかし、今年の米代川は全体的には低調のようです。

その中で今回私が入ったポイントはたまたま丁度群れが入っていたのかもしれません。初日にどこのポイントに入るかかなり迷いました(特に扇田方面と迷っていました)。でも実は前日の夕方このポイントをちらっとみて、迷いは消えていました。(別に確たる根拠は無かったのですが)釣れたから偉そうな事をいえますが、直感て大事だな思いました。

その後、日曜日月曜日の朝にそのポイントへ入りましたが、水温も上昇(月曜の朝は16度でした)、水も淀んだ感じでサクラの気配はありませんでした。まさに、解禁日1日のみのポイントだったのかもしれません。この状況で更に釣果を伸ばすには、今後、瀬や深みに沈んだサクラマスをいかに釣るかのテクニックを鍛えていかなくては、と考えております。でもついもしやと思い同じポイントに行って同じ釣り方をしてしまうんですよね・・・・。明日から少し天気が崩れそうなので、なんとか一雨降ってほしいですね。

話は変わって海水魚飼育の話。

その後、水槽崩壊した原因にいまいち納得がいかなくて、色々調べました。そこで浮かんできたのが、最近見かけないクロナマコ。クロナマコと毒で調べると、どうやらクロナマコの偽者、ニセクロナマコというのがいて、これがかなりの毒を出すとの事。ニセクロナマコを使って魚をとる漁もあるとの記事も見つけました。実際買ったクロナマコがニセクロナマコで水槽崩壊を経験している人もいるみたいです。ニセクロナマコの特徴が、日中から良く働く(動きまわる)、砂を体にまとわない・・等、まさに家にいたナマコにそっくり。もしやニセクロナマコだったのでは!。

このナマコ、ショップの閉店セールで衝動買いしたもの。やっぱり生き物を安い!という観点で買ったのがそもそも今回の水槽崩壊の始まりだったのではと、深く反省しています。崩壊すべきして崩壊した。これが今回の結論となりました。

おまけ① フライフィッシャーマン in 米代川

P6030169

おまけ ②

先日釣れたサクラマスを知人に差し入れしたらこんな素晴らしい料理に変身しました。これならサクラマスもうかばれたかな。http://www.mutumigama.com/ 6月3日のむつみ日記参照下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年6月 3日 (日)

鳳凰山登山

無事サクラマス釣り初日を終え、昨日は予告どおり鳳凰山登山となりました。

そうそう、新聞、釣具屋、監視員の話によると今年は、サクラマスの数が少ないようです。その中で2匹も釣れたのは、かなりラッキーでした。私が入ったポイントは、大館地区で一番釣れていたらしく、しかも高校生が同日同時刻に67cmをあげたとの事。私の上流で一本あげていた人かな? ま、とにかく運がよかったです。でも、2匹目を釣った時、あまりの興奮にタモを忘れてきてしまいました。本日、見に行きましたが当然なくなっていました・・・・。仕方ないですね。

さて、登山の話に戻ります。8時に岩神貯水池の駐車場に集合。今回は、幼稚園の年長さんが主役の登山です。

P6020140

これでほぼ年長さん全員。え、少ない?、アットホームでいい幼稚園ですよ。

さて、車数台に乗り込み樹海ラインを通って、登山口へ。岩神貯水池から直接鳳凰山頂上を目指す登山道もありますが、そちらは下りで使うようです。つまり登りと下りのコースが違う縦走形式ですので、脱落は許されません。

登山口から最初は杉林を進みます。

P6020144

この幼稚園を卒業した小学生も数人参加しています。毎年の恒例登山になっているみたいですね。

P6020145

途中休憩をとりながら、40分程(だってけな?)上ると、突然視界が開けます。

P6020150

眼下には、大館の町並みと、子供達が普段サッカーの練習で使用している樹海ドームが見えます。次男は、ダンゴムシみたいと騒いでいました。こう見ると、大館は山に囲まれた盆地だという事が良く分かります。青空が広がる最高の天気でした。まるで鳥になったよう!と妻が騒いでいました。

そして、この開けた登山道には、薪のやぐらが点々と積まれています。これなんだか分かりますか?

P6020149

下から見るとこんな感じ。

P6020146

大館に来たことがある方なら、町から見える山の斜面に、大の字が書かれているの知っていますか?お盆の大文字焼で知られるている山、それが鳳凰山なんですね。知らない方は、こちらを。http://www.city.odate.akita.jp/dcity/sitemanager.nsf/doc/daimonji?OpenDocument

この登山道は、まさにこの大の字を歩いているのです。写真は、大の字の横線部分に当たります。そして、この薪のやぐらが、お盆に燃やされ、夜空に大の字を浮かび上がらせるのです。火がこのように燃やされているとは全く知りませんでした。しかも、このやぐらいくつあると思いますか?

98個あるそうです。驚きですね。これをこの急斜面に積み上げている方がいると思うと頭が下がります。

その後頂上直下の急斜面を園児達ははいつくばって登り、無事頂上へ到着。

P6020151

約1時間ちょいの行程でした。でもひたすら登りなので、皆さんよく登りました。

頂上からは親しみのある岩木山、八甲田山も見えます。(今回は岩木山は見えませんでしたが)ジュースやお菓子を食べて休憩した後、下山です。目指すは車の置いてある岩神貯水池駐車場です。

P6020155

頂上直下の急斜面。写真だと分かりにくいですが、結構急で、天気が悪いとかなり大変だと思います。

急斜面を過ぎると、雑木林の快適な尾根道を、春ゼミの声を聞きながら歩きます。

P6020156

そして、木の間から岩神貯水池が見えてくるとゴールは間近です。

P6020158

途中、湧き水に喉を潤し、湖畔へ到着。

とにかく天気がよく気持ちよかったですねー。湖面の輝きも見事です。

P6020159

振り返ると

P6020165

頂上付近のはげているところが、大文字が書かれているところです。あそこまでよく園児達は登って降りてきました。一人もおぶられることなく、自分の足で歩いてきました。普段から良く歩く幼稚園で、バスの送り迎えは一切なく、先生達が園児達を自宅まで徒歩で送ってくるのです。たいしたものだと関心した一日でした。

8月の大文字焼きが楽しみです。子供達も、俺が登った大文字焼きだ!と、うれしいでしょうね。よかったよかった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年6月 1日 (金)

米代川に感謝

いよいよ始まりました。米代川のサクラマス。

朝3時に目覚し時計をセットし、まるで子供の遠足前のような気持ちで床に入りました。

予定通り3時起床、釣りに行く時は眠くないんですよね。いつも妻には、後姿がぜんぜん仕事に行く時と違うといわれております。(さすがに今日は早いので妻は爆睡しており、行ったのは覚えてないようですが)

西の空がうっすら明るくなり、急いで狙いを定めていたポイントへ。

場所は迷ったあげく、、せっかく大館に住んだので大館地区で釣ろうと心に決め、前日の夕方下見をしたとあるポイントへ直行。ここは、車の目の前がポイントなので、初めてでも安全と考えました。 3時半頃には現場につきました。すると、すでに何台か車が止まって、釣り人が立ち話をしていました。幸い、狙っていたトロ瀬尻のポイントがあいていたので、底に車を止め、あせる気持ちを抑えながら仕掛けの準備。ラインを結ぶ手が自然と震えてしまいます。

そして、あたりの小鳥のさえずりがにぎやかになって来ました。さあ、釣り開始です。

川は朝もやが立ち込め雰囲気十分です。

P6010114

釣り開始後、早速目の前でサクラマスのライズ(ジャンプ)。俄然集中力が高まります。

数投目の時、根掛りは絶対無い場所で一瞬コツンと当たりらしき感触。これはいけるかも、いやそう簡単にはつれるはずがないといろいろな考えが頭をよぎります。

魚は絶対いる、しかもライズしているなら活性は高いはず。これは、表層を狙い、今期初めて使うデュオ グレイスミノーエレナ 130mmでトゥイッチングだと思い交換。そして数投目、逆引きななって数回リールハンドルを回したところで、ついに来ました!待っていた瞬間が。かなりガツンと強烈なあたりでした。今まで釣った中では一番激しいあたりだったかも。(以前のあたりは釣った興奮で頭真っ白になりあまり覚えてないのですが)

その後数回追い合わせをして、徐々に足元へ魚を寄せてきました。頼むばれないでくれ頼むよー、慎重に慎重にと心のなかでつぶやきながら魚とのやり取り。とそのとき、ガクンとやな感触が。これは、今年のGijie サクラマス 2007のDVDで西村氏がサクラマスとのやり取りで、ガクンとしてフックが一つはづれたかな?とつぶやくシーンがあります。まさにこの事か!と思いました。そして、その瞬間から突然魚が突っ走りだしました。これは、スレ掛りに変わった事が明らかでした。しばらく、ドラックが鳴り止みません。ここはとにかく耐えるしかありません。その後、なんとか障害物へは入られず次第に魚の体力も落ちてきて、最後は流れにあたって重いサクラマスをゆっくり足元へ引き寄せ、無事ランディング。やはり、腹へのスレ掛りとなっていました。

でも、とにかくスレでもなんでもうれしい!1年ぶりの再会。(魚にとっては再会もなにもあったものではないですが)

P6010118

54cmのサクラマスでした。サクラマスとしてはけっして大きくないですが、そこはサクラマス。感激はひとしおです。

その10分後位には上流にの釣り人が一匹上げていました。さすがは米代川です。そうそう、心配していた水温は、朝の時点で14度とまずまずでした。前日から少し気温が下がっており、幸いしたのかもしれません。

その後、2匹目をねらってルアーを投げましたが、当たりもなく7時過ぎに終了。家に、ニコニコしながら帰宅となりました。

これで、サクラマス解禁一日目終了といくはずでした。しかし、夕方、仕事が早く終了したので、1時間位と思い18時に同じポイントへ行ってみました。日中はほぼ快晴で、水温もあがりもうだめかなと思いつつも、周りには誰も釣り人がいないので、気持ちよくルアーを投げていました。そして、トロ瀬を上流から流しつつ釣り下り、そろそろ上がろうかなと思っていたところ、再びルアーをひったくるようなあたりが。すかさず合わせを入れたところ、この引きは間違いなくサクラマス。今回は、ルアーがばっちり口にかかっていたので、朝のように魚が走り回る事もなく、比較的スムーズにネットに収まりました。でもサイズは朝よりちょっと大きい56cmでした。ちなみにルアーはシュガーディープショートビルのブルーバックでした。

釣れる事は考えておらずデジカメを持って行ってなかったので、携帯で記念撮影。

070601_19090002

今年も昨年と同様、できすぎのサクラマス釣りとなりました。(なっております。)

帰宅後、夜はサクラマス料理に舌鼓を打ちました。魚をキープするかは賛否両論があると思います。でも、今期初のサクラマスとして、感謝しつつ味わう事としました。

塩焼きと、刺身。刺身にはサナダムシ(寄生虫)がいるのは重々承知です。でもあのうまさ、やめられないんですね。ま、サナダムシが腹に入ってもダイエットになる位で、死ぬ事はまずないので、よしとしましょう。急にやせてきたら、お腹を調べてみます。

P6010134

いやー、美味しかったー。なんであんなに甘いんだろう。幸せです。

明日は、次男の幼稚園主催の鳳凰山(大館の山です)登山に家族で参加する予定です。これで、気兼ねなく参加できます。(実は、当初サクラマス優先という事で、自分だけ登山に参加できない予定で、妻からのブーイングがあったのです)

という訳で明日はサクラマス釣行は休憩です。

(今回は興奮のあまり長文になってしまいました。読んでくれた方ありがとうございます)

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »