フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 雨の運動会 | トップページ | サクラマス解禁まで後一週間 »

2007年5月24日 (木)

ザリガニ大脱走その2

一昨日、ホワイトザリガニが脱走しました。

朝起きるとザリガニがいません。時々しか覗いていないので、いつからかは不明。仕事に遅刻になりそうになりながら探すしましたが見つかりません。

夕方帰宅後、早速本棚やタンスの後ろを入念に探すも見つかりません。いつか干からびた状態で発見されるのでは、と半分諦めていました。と、非常用に準備しているペットボトル水が目につきました。2本のペットボトルをどけてみると、いました!

P5240104

ちゃんと水の場所が分かるんですね。でも、水はペットボトルの中、ザリガニの甲殻は乾いていました。慌てて水槽に戻し、一件落着。その後、餌を食べているようで、よかったよかった。(写真はその時の状態を再現したやらせ写真です)

話は変わって、海水魚。んー、オレンジストライプバスレット、タマイタダキイソギンチャクレッド、逝ってしまいました。残念・・・。

やはり、オレンジストライプ、ストレスの影響か餌を食べていなかったようです。かなりやせ細っていました。また尾びれもぼろぼろに。犯人はヤッコなのかな。

イソギンチャクは投入後より、岩の後ろに直ぐ隠れて見えなくなっていました。一度、無理やりライブロックごと表に出したところ、再び岩の奥へ。その後、他のサンゴの配置を決める際、ライブロックを度々動かしたので、その時傷ついたのでしょうか。触手が半分ぼろぼろになって出てきました。直ぐに30cm水槽へ隔離したのですが、除所に溶け出し、そのまま復活する事はありませんでした。

ここ最近生体の導入が多く、水槽全体へストレスがかかっているようです。毎日のように腕まくりをして水槽に手を突っ込んでいます。腕まくり症候群ですね。

その影響もあって、本日シマヤッコに小さな白点らしきものが。しばらく、水槽はいじらず魚の導入も我慢しようと思います。実は最近、妻には、少し落ち着いてから魚は購入したら!と忠告されていました。それを無視して、次々生体導入計画を実行していました。

この状況を話したところ『女心が分からないように、魚心も分かってないんだよ!』だって・・・・。とほほ・・。

反省。

« 雨の運動会 | トップページ | サクラマス解禁まで後一週間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

海水魚」カテゴリの記事

飼育一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192431/15190678

この記事へのトラックバック一覧です: ザリガニ大脱走その2:

« 雨の運動会 | トップページ | サクラマス解禁まで後一週間 »