フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

2007サクラマス秋田いよいよ明日解禁

いよいよ明日米代川サクラマス解禁です。

でも、本日の二ツ井近郊の水温をみると18度を越えています・・・。大丈夫かな・・・。明日から連日晴マークだし。

明日は仕事なので、早朝のみの釣りとなります。

ま、解禁日に竿を出せるだけ幸せかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年5月29日 (火)

ダビドサナエ

先週の日曜日、長根山運動公園の傍のある陶芸屋さん(大館焼窯元大炎窯陶芸http://www9.ocn.ne.jp/~daiengam/の駐車場で、今年初めてトンボを見ました。

P5260107

トンボ先生に問い合わせたところ、ダビドサナエというトンボの♂という事でした。個体数の少ないトンボみたいです。5月下旬から6月下旬にかけてみる事ができ、日本の里山や低山の雑木林と、その中を流れる水のきれいな小沢がサナエトンボ類を生み育ててきたそうです。サナエは漢字で早苗と書きます。春の田植えの時期に現れることからつけられているようで、なんだか素敵な名前ですね。(青森県のトンボ 2006 青森県トンボ研究会出版より)

大館には芝谷地湿原、市民の森のトンボ池等、トンボを観察できる場所も多く、今年はいろいろ見てみたいと思います。

水槽大崩壊

妻からの電話で

『魚が変なの、餌をあげても隠れて出てこない、泳ぎ方も変なんだけど』と。

嘘!、朝はいつも通りで、水槽の前に座ると餌をくれと水面をうろうろしていたのに・・・・。

なにがおきたんだ!水温を確認してもらったが、クーラーもヒーターもちゃんと作動して25℃の保たれているようだ。止まっている器具もないよう、スキマーも動いているので酸素は大丈夫なはず。でも、現実はかなりヤッコ達が弱っている様子。

仕事を終え走って帰宅すると・・・・。電話した時には唯一餌を食べていてポッターが横たわっています。更にライブロックの影にはシマヤッコとスミレヤッコが横たわっていました。

なにがおきたのか・・・・。

突然の急死。朝まで元気だったのでなんかの病気とは考えにくい。白点がシマヤッコに出ていたけど今朝は消えていた。やはり、器具を確認するも全て稼動している。

でも、なんらかの水質に変化があったのは間違いないと思う。月曜日に水換えをしましたが、その時に洗剤でも入ったのか?(台所で水作りをしているので)でも、それにしては時間がたっているし。スキマーの泡が今朝より多かった。でも急激な水質悪化を来たすような大きな生物が死んだ事はないし。ナマコが見当たらないが、イソギンが死んだ時もこんな事は無かったし、亜硝酸、アンモニアも測定しましたが、ほぼ検出なし。まさか、泥棒が入って、お金がないのに頭にきて毒でもいれて逃げたのか?でも泥棒が入った形跡はないし。子供達に聞いてもなにもしていない。

後は、こういう突然死があるとすると硫化水素が沸いたのでしょうか?確かに、30cm水槽には厚い底砂が敷いてあり、最近底砂が水流で掘れ始めていたんですね。ここから硫化水素が流れ出したのでしょうか。

急いで40リットル程水換えをしました。なんとかクマノミ2匹は生存しているようです。

でもがっくりです。一人で『あー』と何度も叫んでいました。

ヤッコがいなくなって寂しくなった水槽。

P5290114

もうなにもやる気しない・・・。今日は押入れに入って寝たい気分です。

ごめんなさい ヤッコ達。そしてありがとうヤッコ達。

明日からも残ったクマノミ、コケギンポ、ナベカ,、サンゴ達のために毎日水換えです。

2007年5月26日 (土)

サクラマス解禁まで後一週間

ついにサクラマス解禁まで一週間を切りました。

今日は、米代川へ下見に行って来ました。

住まいが大館なので、大館周辺で釣るつもりです。大半が出勤前釣行となる予定なので、なるべく近場でよいポイントを探しました。昨年までは、以前住んでいた鷹巣地区をホームグランドにしており、大館周辺のポイントは全く分かりません。そこで、今年発売された、パーフェクト本流マップを片手に、愛車を走らせました。

途中気持ちのよい河原があり、お湯を沸かしてカップラーメンを食べました。子供達は石に絵を描いたりして遊んでいたようです。

P5260116

アユ釣りもよさそうなポイントで、夏はアユ釣りをしながらバーベキューですね。

そして肝心のサクラマスのポイント。トロ瀬を中心に探しました。ポイントがいっぱいあり悩みます。

Photo_1

いやー、どこに入ろうかな!6月1日は、仕事があるので、早朝の短時間勝負。激込み覚悟で、メジャーポイントに入るか、なるべく人がいなそうなところに入るか。悩みますね。でも、初日はお祭りだから、やっぱりメジャーポイントに行こうかな。

来週は天気予報で晴マークが続いています。すでに、水温は既に16度を越えてきている日もあり、かなり心配。(サクラマスはあまり水温が高いと、活性が落ちてルアーを追わなくなってしまうんですね)今日は、風が強く、途中雷を伴う雨も降ったので、若干涼しかったですが、ちょっと太陽が出ると途端に暑くなりました。どうなる事やら・・・。

そういえば、一人ルアーを投げている人を発見しました。あれは密漁ですね。許せません。捕まえようとしても、ヤマメ釣りと言ってしまえばそれまでになってしまい、なかなか取り締まりが難しいようです。でも、なんとかしてほしいなー。

密猟者に腹を立てて愛車を走らせていると、前方にぬかるみが。これ以上は進めないと判断してバックしたところ、『木が!』と妻の声。慌ててブレーキを踏みましたが、時は遅し。ゴンと鈍い音が。降りてみると、後ろのドアがへっこんでました・・・・。

本番の釣行では安全運転、安全釣行で!と心に刻んで本日の下見は終了となりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

2007年5月24日 (木)

ザリガニ大脱走その2

一昨日、ホワイトザリガニが脱走しました。

朝起きるとザリガニがいません。時々しか覗いていないので、いつからかは不明。仕事に遅刻になりそうになりながら探すしましたが見つかりません。

夕方帰宅後、早速本棚やタンスの後ろを入念に探すも見つかりません。いつか干からびた状態で発見されるのでは、と半分諦めていました。と、非常用に準備しているペットボトル水が目につきました。2本のペットボトルをどけてみると、いました!

P5240104

ちゃんと水の場所が分かるんですね。でも、水はペットボトルの中、ザリガニの甲殻は乾いていました。慌てて水槽に戻し、一件落着。その後、餌を食べているようで、よかったよかった。(写真はその時の状態を再現したやらせ写真です)

話は変わって、海水魚。んー、オレンジストライプバスレット、タマイタダキイソギンチャクレッド、逝ってしまいました。残念・・・。

やはり、オレンジストライプ、ストレスの影響か餌を食べていなかったようです。かなりやせ細っていました。また尾びれもぼろぼろに。犯人はヤッコなのかな。

イソギンチャクは投入後より、岩の後ろに直ぐ隠れて見えなくなっていました。一度、無理やりライブロックごと表に出したところ、再び岩の奥へ。その後、他のサンゴの配置を決める際、ライブロックを度々動かしたので、その時傷ついたのでしょうか。触手が半分ぼろぼろになって出てきました。直ぐに30cm水槽へ隔離したのですが、除所に溶け出し、そのまま復活する事はありませんでした。

ここ最近生体の導入が多く、水槽全体へストレスがかかっているようです。毎日のように腕まくりをして水槽に手を突っ込んでいます。腕まくり症候群ですね。

その影響もあって、本日シマヤッコに小さな白点らしきものが。しばらく、水槽はいじらず魚の導入も我慢しようと思います。実は最近、妻には、少し落ち着いてから魚は購入したら!と忠告されていました。それを無視して、次々生体導入計画を実行していました。

この状況を話したところ『女心が分からないように、魚心も分かってないんだよ!』だって・・・・。とほほ・・。

反省。

2007年5月20日 (日)

雨の運動会

本日は長男の小学校の運動会でした。

私の生まれ育った関東では、運動会と言えば秋だったような。でも青森、秋田は春なんですね。なぜでしょう?東北の秋は短いから?

さて、ここの学校は数年ずっと雨の運動会となっているとの事。その伝統を守ってか本日も雨でした。

P5200011_1

結局、午前中の徒競走のみで終了、今週の水曜日に延期となってしまいました。

とても寒そうでしたけど、子供達は泥だらけになりながらなんだか楽しそうでした。

そういえば、ずっと泥だらけになっていないな・・。泥だらけの子供をみてなんだか懐かしい気がして、ちょっと郷愁にかられました。(柄にもなく)

午後は、時間があったので秋田方面へ海水魚屋さん巡りをしてきました。(2件のみですが)

海水魚屋さんも楽しかったですが、途中の景色がキレイだったー。午後は太陽が顔をだす好天に。

田んぼには水が引かれ、水面がきらきら輝いていました。また、それぞれの萌え出た若芽の色が重なりあい、西日の淡い光に照らされてとてもきれいでした。

写真にはうまく写りませんでしたが・・・(妻にただの写真じゃんと言われてしまいました)

P5200017_1

いいカメラがほしいなー、とカメラのせいにしときます。

帰宅時はハナサンゴ系のサンゴを1個お買い上げ!

2007年5月17日 (木)

掃除屋さん

昨日に続いてお尻ネタ。

P5170114

これ、クロナマコのお尻の穴です。後ろの山は糞です。というのは確かめました、糞が出てくる瞬間を!

P5170134

これが一瞬なので撮影に苦労しました。ゆっくりニョキニョキ出てくると思ったら、結構いきよいよくポンと飛び出るんです。この写真を撮るのに1時間もお尻の穴を観察しちゃいました。しかし、生き物の写真をとるのは大変ですね。水槽の中の生き物を撮るのさえ一苦労なのに、自然の中の生き物を撮影している人尊敬します。気長でなければやってられません。

頭の方では、触手を一生懸命伸ばして、砂を口に運んでいました。ちょっとグロテスクかな。

P5170137

これを見てワッキーの芝刈り機のネタを思い出してしまったのは私だけでしょうか。(あんなに素早い動きではないですが)

ついでに、もう一人の掃除屋さんのマガキ貝。

P5170131

ニョキッと伸びた二つの眼と、ゾウのように伸びる口?はまさに宇宙人といったところです。

ん~水槽、やっぱり見ていて飽きません。

2007年5月16日 (水)

頭隠して尻隠さず

その後、再び行方をくらましていたオレンジストライプバスレット

昨日見つけました。

頭隠して尻隠さず

P5140094

餌は食べてくれているのかな?

2007年5月13日 (日)

嵐の花見

金曜日から3日間、仕事の研修会でホテルに缶詰状態でした。外に出られなかった私はストレスの塊となり、夕方帰宅後直ぐに外出しました。

場所は大館市街近郊の、一万本桜公園です。園内にはベニヤマザクラ、ソメイヨシノなど22種類約1万本が咲き誇り、種類が多いので5月の下旬まで花見が楽しめるそうです。今はソメイヨシノなどは葉桜になっており、八重桜が丁度見頃でした。とはいっても、本日は雨がちらつき風も非常に強く、あいにくの天気でした。しかも、夕方の5時頃到着したので誰も居ません。でもゆっくり歩けて気持ちよかったです。やっぱり外の空気はおいしいですね。P5130039

駐車場に車を止め、車両通行止めとなっている桜の街道をゆっくり歩き、2-3分歩くとダム湖「岩神貯水池」が見えてきます。天気がいいともっと気持ちいいだろうなー。

P5130021

この池を一周すると約3kmで、ジョギングコースとして最適と聞いています。今度は是非走りにこようと思います。本日はここまで。

後ろを振り返ると、八重桜が丁度満開。

P5130030

こちらは花のアップです。

P5130041

向かいの斜面に見える桜。

P5130057

やはり、桜は遠くから眺めた方が好きかな。

先程も書いたように本日は風が非常に強かったせいか、花弁がひらひらと優雅に落ちるのではなく、地面と並行に飛んでいました・・・。

下を見ると、

P5130043

フキの葉っぱに花弁が散りばめられていました。

途中、落ちた花を拾いながら、帰宅。そういえば、こんな花も見つけました。

P5130053

アケビの花みたいです。アケビといえばアケビ細工。最近はアケビを編める職人がかなり減って高級品となっていますね。

さて、帰宅後、拾った花を妻が飾り付けていました。

P5130064

桜の模様が入ったろうそくと御香を添えて、

P5130077

これなら落ちた花も少しは喜んでくれるかな。

2007年5月10日 (木)

源平枝垂?

4月30日のブログで紹介した紅白の花について。

知人から源平枝垂という桃の花ではないかと電話を頂きました。本日のテレビで紹介されていたようです。

P4300067

ネットで調べてみると、確かに一本の木に紅白の花を付けることで知られているようです。

名前の由来は、源氏の旗が白 平家の旗が紅であったことからだそうです。桃の園芸品種で、江戸時代の書物に記載がある歴史ある木みたいですね。

一つ勉強になりました。(間違っていたら教えてください)

来年のGWにもう一度観察に行こっと。

2007年5月 9日 (水)

夢か幻か

昨日、ライブロックの奥に引っ込んでしまったイソギンチャクをなにげなく眺めていると、ヤッコとは違う尾の影が。よく見るとオレンジバスレットではないですか。

まだ生きていたんですねー。ここ数日、数時間は水槽を眺めているのに見つけられなかったオレンジバスレットが、ひょっこり現れました。朝のテレビでやっていた星占いで、私のおとめ座が一番だったのです。こんなところで、うれしい事が。

でもその一瞬のみで、その後はやはり姿が見えません。しばらく生きていることを期待して、沈下性の餌を中心にあげたいと思っています。という訳で、オレンジバスレットの写真はありません。

新水槽にしてからまもなく、苔対策に投入したコケギンポ(ヤエヤマギンポ)。ガラス、ライブロックについた苔をよく掃除してくれます。(でも苔が目立ち始めましたが)お腹はぷっくりです。

最近はハナガサのしたからよく顔を出しています。キョロキョロした目がかわいいですね。

P5070023

また、本日ハードチューブからモクモクと煙のようなものが。排泄物ですかね。

P5090002

水槽を眺めていると色々な発見があり飽きないですね。

2007年5月 6日 (日)

早くも行方が・・・。

オレンジバスレットが早くも行方不明に・・・。3匹のヤッコがウロウロしており、やはりストレスが強かったのかな・・・。前回うまくいっていたので気楽に考えていましたが考えが甘かったようです。

やはりタツ君も死んでしまいました。拒食症のような状態になっていたので。しばらく、タツ君の飼育は諦める事にします。海水魚飼育を始めるきっかけがタツ君だったので、思いいれ強かったんだけどなー。

さて、オレンジバスレットをネットで探している時、K店の閉店セールが目に飛び込んできました。生体が50~80%off。気づいたら注文していました。

最近、クマノミ君達がヤッコにちょっかいをだされてちょっとかわいそう。という事で、

P5060016_1

レッドのタマイタダキイソギンチャクをイソギンチャクエビもつけて購入。イソギンチャクエビがいるの分かります?でも、よく考えたら、本来カクレクマノミとタマイタタキイソギンチャクは共生関係でない・・・。前回、これも本来共生関係でないLTとこのカクレ君が共生したので、今回も入ると期待して気長に待とうと思います。

それからハードチューブ。結構いい値段するので、なかなか手が出せないでいました。

P5060017

底砂掃除役としてクロナマコを。今までマガキ貝だけでしたので始めての投入です。

P5060001

お尻付近に団子状の砂が山積みになっています。これって糞?

そしてそして、本来手は出さないぞと思っていたサンゴを。

P5060010

ミドリイシに手を出してしまいました。沖縄の養殖サンゴです。自然界ではミドリイシの減少が心配されるこの世の中、もし、失敗しても養殖サンゴならまだいいかな。なんて私の勝手なエゴですよね。ま、色の変化などは気にしないので、まずはポリプを開いて元気でいてくれる環境づくりが目標です。今の所は、ポリプを開いてくれています。

話は変わって、昨日のブログで書いたとおり、大館の花見に行ってきました。

でも、もう桂城公園の桜祭り終わっていたのですね。花も散り始めていました。山やら川へ行っていたので、知らないうちに下界の春はどんどん進んでいたようです。

なんとか、長木川の河川敷の桜はまだ花が散っておらず写真を撮って帰ってきました。

P5060005

P5060007

まとまって咲く桜もきれいですけど、私はやっぱり山の斜面にポツポツ咲く山桜の方が好きかな。

さ、明日から仕事です。

残雪登山 in 十和田外輪山鉛山峠

ここ数年、4月~5月の残雪期に十和田湖の外輪山にある鉛山峠への登山が我が家の恒例となっています。

昨年までは、長男を歩かせ、次男は背負子にのっけて山スキーで行っていました。

今年は、いつもより時期が遅かったので、歩行で行く事としました。雪はもうすっかりしまっているので、カンジキなどはいりません。次男も歩かせることとしました。ちゃんと歩いてくれるかな・・・。

小阪のICから樹海ラインを走って登山口へ。快晴とはいかないまでも、時より太陽が顔を出し、暖かいまずまずの天気でした。

登山口です。

P5040010

歩き出すと、最初で最後の登り斜面続きます。

P5040011

とはいっても5分も登れば平らな台地に出ます。

P5040012

後は目的地の方向へ尾根伝いに10分も歩けば、鉛山峠です。

P5040015

危険な場所はほとんどありません。

P5040017

展望台からの景色は、外輪山なので十和田湖が見渡せるのですが、今回は残念ながらモヤが少しかかっていて、かすかに水面が見える程度でした。

P5040020

上の白い部分が全て十和田湖なんですよ。右からちょうど休屋の半島が見えるはずなのです。

そして、北には

P5040023

白雲亭に続く尾根が続きます。子供達がもう少し歩けるようになったら(またはついてこなくなったら?)ゆっくり足を伸ばしたいと思います。(昨年は次男を背負子に乗っけて、山スキーで途中まで行きました)

展望台では、次男を背負わない分荷物に余裕ができたので、コーヒーミルとカリタ持参で贅沢にコーヒーを飲みました。

P5040029

子供達は、カップラーメン、カップヤキソバに夢中です。

P5040024

帰りには、試しに持ってきたロープをつないで歩いてみました。無鉄砲な次男もこれなら安心です。

P5040034

向こう斜面には、ブナの根元から着実に春が始まっています。

P5040035

雪でできた小さな橋も子供達にとっては遊び場です。

P5040045

子供の感性て面白いですね。木の芽が万歳している!と叫んでいます。

P5040038

全然気づかず通り過ぎていました。こちらは手をたたいているのかな。

P5040040

山の芽吹きももう少しのようです。

(大館は今が桜満開のようです。明日花見に行ってきます。)

2007年5月 2日 (水)

2代目オレンジストライプバスレット

小型ヤッコ3匹達も落ち着き、残るはサンゴと、ヤッコ以外の魚達の充実。

以前、オレンジストライプバスレットを飼った事がありました。かなりナーバスな魚と聞いていたので、どきどきで購入しました。結果は、なんとか餌付き、シュアーをやると岩陰から出てきて食べるまでになっていました。

しかし、3ヶ月目頃、飛び出し事故であえなく死んでしまいました。あの頃は、巨大化したハタゴ(2年程の飼育で60cm規格水槽の半分をうめる程に成長)が居たので、泳ぐスペースが少なかったのと、夜間照明を全くつけていなかったのが一つの原因だったと考えています。

現在は比較的スペースも広く、夜間はレッドライトで月明かりのようにしています。また、水槽前面半分にガラス蓋があり、後ろ半分は器具等の外付けで飛び出しづらくなっています。という事で、ひそかにオレンジストライプバスレットをチェックしていました。

すると、岐阜県のT店で定期的に仕入れられていて、しかもいつも特価品なのです。そこで、ずっとチェックしていたところ先週3匹限定で販売のお知らせあり、直ぐに注文してしまいました。

昨日無事我が家にやってきました。

しばらく、岩陰に隠れて写真に撮る事は不可能と思われ、ビニール袋に入れた状態で撮影し、投入。

P5010001

前回は、乾燥ブラインから開始して餌付きました。今回は、タツ君用の冷凍シュリンプがあるのでそれからあげようと思っています。水質汚染が気になりますが、こまめな水換えでなんとか乗り切りたい所です。

水槽の中をゆったり泳ぐ魚も魅力ありますけど、滅多に姿を見れない魚も面白いものです。岩陰を覗き込んで、やっと見つけた時の小さな喜びがこれまた幸せなのです。

PS 一匹残ったタツ君は相変わらず拒食症で餌を食べてくれません。心配です。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »