フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2代目オレンジストライプバスレット | トップページ | 早くも行方が・・・。 »

2007年5月 6日 (日)

残雪登山 in 十和田外輪山鉛山峠

ここ数年、4月~5月の残雪期に十和田湖の外輪山にある鉛山峠への登山が我が家の恒例となっています。

昨年までは、長男を歩かせ、次男は背負子にのっけて山スキーで行っていました。

今年は、いつもより時期が遅かったので、歩行で行く事としました。雪はもうすっかりしまっているので、カンジキなどはいりません。次男も歩かせることとしました。ちゃんと歩いてくれるかな・・・。

小阪のICから樹海ラインを走って登山口へ。快晴とはいかないまでも、時より太陽が顔を出し、暖かいまずまずの天気でした。

登山口です。

P5040010

歩き出すと、最初で最後の登り斜面続きます。

P5040011

とはいっても5分も登れば平らな台地に出ます。

P5040012

後は目的地の方向へ尾根伝いに10分も歩けば、鉛山峠です。

P5040015

危険な場所はほとんどありません。

P5040017

展望台からの景色は、外輪山なので十和田湖が見渡せるのですが、今回は残念ながらモヤが少しかかっていて、かすかに水面が見える程度でした。

P5040020

上の白い部分が全て十和田湖なんですよ。右からちょうど休屋の半島が見えるはずなのです。

そして、北には

P5040023

白雲亭に続く尾根が続きます。子供達がもう少し歩けるようになったら(またはついてこなくなったら?)ゆっくり足を伸ばしたいと思います。(昨年は次男を背負子に乗っけて、山スキーで途中まで行きました)

展望台では、次男を背負わない分荷物に余裕ができたので、コーヒーミルとカリタ持参で贅沢にコーヒーを飲みました。

P5040029

子供達は、カップラーメン、カップヤキソバに夢中です。

P5040024

帰りには、試しに持ってきたロープをつないで歩いてみました。無鉄砲な次男もこれなら安心です。

P5040034

向こう斜面には、ブナの根元から着実に春が始まっています。

P5040035

雪でできた小さな橋も子供達にとっては遊び場です。

P5040045

子供の感性て面白いですね。木の芽が万歳している!と叫んでいます。

P5040038

全然気づかず通り過ぎていました。こちらは手をたたいているのかな。

P5040040

山の芽吹きももう少しのようです。

(大館は今が桜満開のようです。明日花見に行ってきます。)

« 2代目オレンジストライプバスレット | トップページ | 早くも行方が・・・。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192431/14967875

この記事へのトラックバック一覧です: 残雪登山 in 十和田外輪山鉛山峠:

» コーヒーミルについて [コーヒーミル]
コーヒーミルについてのページです。コーヒー豆のことからカリタ、プジョーなどのコーヒーミルメーカーについて書いています。 [続きを読む]

« 2代目オレンジストライプバスレット | トップページ | 早くも行方が・・・。 »