フォト
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« カブトムシの幼虫 | トップページ | コーヒー »

2006年11月 7日 (火)

孵化4日目

昨日、家に帰ると、鮭稚魚水槽に白いものが沈んでいました。よく見ると、稚魚が3匹死んでいました。ガガーン。

原因は?

玄関の靴棚の上に置いているのですが、水温の上昇?最適水温は6-12度と書いていたので、やはり家の中での飼育は難しいのでしょうか。クーラーをつけるわけにもいかないし・・・。あとは水質の悪化? 

孵化直後に小ビンから水槽に移したのですが、この時卵の殻(透明な膜)も一緒に水槽に移したので、それが腐敗して水質を悪化させたのでしょうか。

とりあえずできることからということで、水を大幅に入れ替えて、家に3台あるニッソーの外掛けフィルター(OT-30)をつけました。(以前、磯採集した魚やカニ、おたまじゃくしやザリガニ等を飼ったのでフィルターがあまっていました)

後は、水温ですが、どうしよう。外に置くとすると玄関のドア前ですが、コンセントはありません。毎日水替えすれば酸素の供給は大丈夫とも書いてありますが・・・。

とりあえず、フィルターを付けただけで水槽の置き場所はかえず、水温計をつけて観察してみたいと思います。

本日帰宅したところ、なんとか7匹は無事生きていました。体の黒い線が濃くなってきたようです。このまま、大きくなってくれればよいですが。

Dsc01243_4

そういえば、体についているグミ状のものを『さいのう(栄養袋)』、さいのうがついている状態を『仔魚(しぎょ)』、さいのうがなくなって始めて『稚魚』と呼ぶようです。早く稚魚になってほしいですね.

« カブトムシの幼虫 | トップページ | コーヒー »

鮭飼育」カテゴリの記事

飼育一般」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孵化4日目:

« カブトムシの幼虫 | トップページ | コーヒー »